接骨院と整骨院の違い、腰痛になったらどちらに行くべきか知りたい!

整骨院と接骨院の違いは何でしょう。

腰痛の治療にはどちらに通うのが良いのか、迷う人も多いのではないでしょうか。

整骨院と接骨院では、治療内容や保険の適用など対応に違いがあるのかなど、気になるところです。

腰痛の原因は様々ですが、症状によっては長く治療に通わなければならないこともあるようですね。

では、腰痛の場合にはどちらが良いのか、接骨院と整骨院の違いや選び方を見ていきましょう。

【スポンサードリンク】

実は同じ資格!接骨院と整骨院

接骨院、整骨院の名称で、「ほねつぎ」というのを目にしたことはないでしょうか?

結論から言うと、接骨院も整骨院も同じ柔道整復師で、治療内容に違いはありません。

最近では整骨院という名称の方がイメージが良いと考えられ、よく見かけるようになりました。

柔道整復師は国家資格で、資格保持者による傷病治療や施術は医療行為とされています。

怪我による傷病治療、例えば骨折や捻挫、脱臼、打撲、腰痛などには、どちらの院でも保険が適用となります。

【スポンサードリンク】

柔道整復師による治療とは

柔道整復師による治療内容は、患部に触れ、手技を用いての施術になります。

テーピングや湿布を施したり、筋肉をほぐすための低周波を用いた電気治療を行う場合もあります。

柔道整復師は手術やレントゲン、注射、投薬などは行いません。

柔道整復師になるには所定の養成施設など学校で3年以上、生理学や解剖学、リハビリテーションなど必要な理論を学ぶ必要があります。

そして年に一度の国家試験に合格して初めて、柔道整復師として施術が可能になります。

資格取得後は接骨院や整骨院の開業をする以外に、病院の整形外科に勤務するということもあります。

腰痛に柔道整復師の施術は効果がある?

腰痛には、急性のぎっくり腰のようなものや慢性的なものまで、様々なものがあります。

接骨院や整骨院でもその症状などから、およその原因を予想することも可能かもしれません。

腰痛の程度にもよりますが、原因がはっきりしない腰痛の場合は先に整形外科を受診する方が良いでしょう。

骨の異常であったり、中には内臓疾患など他の病気に関わるものもあり、整形外科など病院であればレントゲンやMRI、血液検査などから診断をすることができるからです。

原因がわかっていて、長期にわたり患部の治療をしていくのであれば、接骨院や整骨院での施術は適していると言えます。

接骨院や整骨院は施術者の技術次第

接骨院や整骨院には、それぞれの院や担当の施術者によって施術の内容に違いがあります。

それぞれ得意分野があったり、または施術の方針などにも差があったりします。

先ずは相性の良い担当者に出会うことが、長期の治療には大切です。

人の口コミなどから、良い接骨院や整骨院を選ぶのも一つの方法ですね。

そして、接骨院や整骨院での問診では、できるだけ詳しく症状を伝えることです。

こうすることで、その患部に合う施術を受けることができます。

施術前には、施術者の治療方針や考え方をよく話し合って、納得のいく施術を受けられるようにしましょう。

相性の良い施術者に出会うことで、身体のケアだけでなく心のケアにもなるのです。

受診時に気をつけることは?

保険は怪我や病気の治療には適応されます。治療費が3割負担のみで受診できますから、長期間の療養にはとても経済的です。

しかし、何となくの不調などはっきりとした傷病治療とみなされない場合は、保険の適応は不可となるので注意が必要です。
最近はっきりしないケースでの保険適用が問題になってきています。

原因がわからない腰痛で激しい痛みがあったり、長期間に渡り痛みがある場合は、先に整形外科を受診をおすすめします。

腰痛の原因がわかっていて、保存療法的な中長期的なケアを目的とするならば、接骨院や整骨院は適していると言えます。

治療方針に納得でき安心して施術を委ねられる、良い施術者に巡り合いたいものですね。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ