妊婦さんの腰痛対策に!おすすめの体操をご紹介します!

妊婦さんといえば悩んでいる方が多いのが腰痛。

お腹が重い分仕方がないとはいえ、なんとかしたいですよね。

そんな妊婦さんの腰痛対策としてお勧めなのが体操です!

とは言えそんなに激しい体操ではありません。

簡単で、無理のない程度にできますので、ちょっとした運動不足解消や気分転換にもお勧めです。

今回はそんな腰痛対策のための体操についてご紹介します!

是非参考にしてみてくださいね!

【スポンサードリンク】

妊婦さんの腰痛対策に!おすすめの体操をご紹介します

それでは早速、妊婦さんにおすすめの体操についてご紹介しましょう!

ただし、基本的には安定期の妊婦さん向けとなります。

妊娠初期の方、後期の方にはお勧めしませんのでご注意ください。

腹式呼吸

体操ではありませんが、腹式呼吸はすべての基本とも言える呼吸法です。

妊婦さんが行う体操は、全て腹式呼吸をしながら行いましょう。

腹式呼吸は、自律神経を整え内臓の血行を良くし、新陳代謝を促します。

またリラックス効果もあるといったいいことずくめの呼吸法です。

この呼吸法であれば、妊娠初期と後期の方もできますよ!

また、出産時の呼吸法として使われていますので、ぜひマスターしておきましょう。

腹式呼吸(あぐら姿勢 / 呼吸法)|妊婦体操

・あぐらがかけない方に

腹式呼吸(仰向け姿勢/呼吸法) 産後1・2日目~|産後の体操(産褥体操)

猫のポーズ

骨盤周りの筋肉や靭帯を伸ばすのがこの猫のポーズです。

背中を丸めたり伸ばしたりと、とても簡単で気持ちの良い体操です。

寝る前に行えば気持ちよく眠ることができますよ!

猫のポーズ|妊婦体操・産後の体操(産褥体操)

猫の尻尾振り

骨盤と腰椎のずれを治す効果があるのがこちらの体操です。

猫のポーズからそのままやることをお勧めします。

腰の横が伸びるような感覚で、すっきりとしますよ!

猫のしっぽふり|妊婦体操・産後の体操(産褥体操)

腰ツイスト

次にご紹介するのは、腰をツイストさせる体操です。

骨盤を支える筋肉を柔らかくしてくれる体操なので、腰痛対策として効果があります!

出産自体もスムーズになり、出産後も骨盤の位置が戻りやすくなる運動です。

腰のツイスト|妊婦体操・産後の体操(産褥体操)

滑り台のポーズ

骨盤低筋と呼ばれる、子宮や膀胱を支える筋肉を鍛える体操です。

妊娠中等は尿漏れが気になるという方も多いと思いますが、それも解消してくれます。

実はこの尿漏れ、出産後も続くという方が多いので、そうならないためにも取り入れておきたい体操ですね!

すべり台のポーズ|妊婦体操・産後の体操(産褥体操)

【スポンサードリンク】

妊婦に体操って必要なの?

それでは根本的に、妊婦に体操は必要なのでしょうか?

もちろん安静にしていなければいけない時期なのですが、ずっとじっとしているというのはよくありません。

体の不調は体操で解決!

動かずじっとしていると痛みが出たりといった、体の不調が現れます。

腰痛等体の不調を解消するためにも体操は必要です。

安産の為にも必要です

また動かないと筋肉は硬くなってしまいます。

その分出産しにくい体になってしまいます。

無理に動かなくてもいいので、毎日少しずつ体操で体を動かしましょう。

そうすることで筋肉をほぐし、鍛えることができます。

それは安産にもつながりますので、ぜひ定期的に行いましょう。

血行が良くなります

運動を行う事で、血行も良くなります。

妊婦さんは貧血気味で冷え性にもなりやすいのですが、しっかりと体操することで体を温めることもできます。

また、便秘やむくみにも効果がありますよ!

リフレッシュ効果も

一日中家でじっとしていると、リフレッシュすることができません。

そんな時、少し体操をすれば気軽にリフレッシュすることができますよ!

ただし!無理は厳禁です

妊婦さんが一番してはいけないのは無理です。

辛い時や疲れている時に無理をして体操をする必要はありません。

基本的に、妊婦さんでも問題のないように考えられていますので不安になる心配はありません。

ただお腹が張っていたりといつもと違うと感じた時は、行わないようにしましょう。

また、絶対安静と言われている方もしないようにしてください。

妊婦体操をしながら、毎日をできるだけ過ごしやすくしましょう!

体操は腰痛に効果があるだけではなく、安産やリフレッシュのためにも欠かせないものです。

是非取り入れて、妊娠中でも毎日をできるだけ過ごしやすいようにしてくださいね!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ