テレアポをするコツって?法人向けのお仕事をする方におすすめのコツ!

電話での営業となるテレアポ。

営業の入り口ともなり、特に法人の方が相手となればかなり重要なお仕事だということもできます。

ただ、テレアポはコツをつかまないとなかなか難しいですよね。

うまく仕事のカギを掴むための、テレアポのコツとは、一体どんなものなのでしょうか?

そこで今回は、そんな法人営業をするためのテレアポのコツについてご紹介しましょう!

法人相手で、なかなかテレアポがうまくできないという方は、ぜひご紹介するコツを使ってみてください。

【スポンサードリンク】

テレアポのコツとは?~法人の方向けのコツ~

それでは早速、テレアポをするためのコツについてご紹介しましょう!

特に法人に電話をかける時、一体どんなコツがあるのでしょう?

テレアポのポイントは「約束の取りつけ」

テレアポはあくまでも電話越しでのやり取りです。

もちろん重要なお仕事でもあるのですが、「契約を取る」ことがテレアポの役割ではありません。

新規で契約をしたいというのなら、電話で契約という事をあまりに前面に押し出すと相手が引いてしまう事が多いです。

やはり重要な契約は直接会って行うもの。

テレアポは「会う約束の取り付けをする」物だと認識する事が大切です。

話しすぎない

次に大切なのは話す内容です。

会う約束を取り付けるという事は「会う事でどれだけメリットを得られるのか」という事が大切です。

ですのでテレアポの段階で「事の詳細を離しすぎる」というのはNGです。

ただ、質問には答えないというのもいけません。

最低限の質問に答えつつ、詳細は話さないというのが大切です。

ポイントとしては「もっと話したいと思わせること」です。

問題提起を行って、この問題を解決できるという事をテレアポでは伝えるようにするといいですね。

・契約を取りつけた同業会社の事例を用意しておきましょう

特に大切なのが、自分の会社と契約すると、どうなるのかという事です。

いろんな業種の会社を相手にしているのなら、同業種が契約を取りつけてどうなのかという事を話すようにしましょう。

また導入者数を伝えるのもかなりおすすめです。

必要であれば自分の会社により似合ったターゲット層を改めて探すのがおすすめです。

・新しい情報で話そう

その業界や会社の最新状況を取り入れて話すことがとても大切です。

必要であれば上司などからも話を聞いて、取り入れるようにしましょう!

約束の取りつけを前面に押し出しすぎない

テレアポは約束を取り付けるのが仕事とご紹介しましたが、その約束を取り付けるという事を前面に押し出しすぎるのはNGです。

特に早すぎる段階で会いたいというようなことを伝えると、かなり警戒されてしまいます。

早い段階だとまだ判断できるような材料が話の中に出きっていないので、断られる確率が高くなります。

しっかりと判断できるような話をしっかりとしてから、約束をきりだしましょう。

断られることをシュミレーションしよう!

テレアポで約束だけを取りつけると言っても、なかなかその約束すら取りつけられないことも多いと思います。

残念ながら、テレアポがかかってくると、相手はどうやって断ろうかを考えていることが多いようです。

そういった時、定番となる断り方というものがあると思います。

その断り方に、一体どう切り返すのかを考えてみてください。

断られることを前提に考えておくとよりいいですね。

コミュニケーションを取ることを意識しよう!

テレアポになると、一方的に話してしまいがちですが、基本的にはコミュニケーションを取るのが仕事だと考えておきましょう。

回答をしつつ、質問もするような形で対応すればよりうまくコミュニケーションが取れると思います。

また相手の話のトーンに合わせることも大切です。

初対面でのコミュニケーションでは、こういったトーンを合わせることで好感を持たれますよ。

・相手の時間を把握しましょう

会社によって、電話で対応できる時間が異なることもよくあります。

出来るだけ相手の会社に合わせて電話するようにしましょう。

繋がらないのはあなたのストレスにもなるので、相手に時間を合わせるのはあなたにとっても大切な事ですよ!

テレアポは常に新しい情報で!

会社を取り巻く情報というのは、意外とあっという間に変わってしまう事もあります。

ですので、ご紹介したような事を参考にしながら、コミュニケーションを取りながら最新の情報で対応するようにしてくださいね!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ