コンタクトの度数が合わないとトラブルの原因に?頭痛などの辛い症状についてご紹介します。

今やかなり一般的となったコンタクト。

でもあなたはしっかりと定期的な眼科医の指導を受けていますか?

これを怠っているというあなたは、もしかするとコンタクトの度数が合わないという方も多いのでは?

たかが度数と侮っているかもしれませんが、度数を合わせることはとても大切です。

コンタクトの度数が合わないというのは、頭痛など様々な症状を引き起こす原因となるのです。

今回はそんなコンタクトの度が合わないことでおこる、頭痛やその他の症状についてご紹介しましょう。

慢性的な頭痛も、コンタクトの度数を合わせれば、治るかもしれません。

【スポンサードリンク】

コンタクトの度が合わないことによる、頭痛などの辛い症状について

まずはコンタクトを合わせないことでおこる、様々な症状についてご紹介しましょう。

頭痛

まずは頭痛です。

慢性的に頭痛がするという方は、コンタクトの度があっていないことが原因かもしれません。

痛くなくても頭が重いといった症状も、同じ理由かもしれませんよ。

合わせないと、頭痛も治まりません。

肩こり

最近やたらと肩が凝っている、という方はコンタクトの度数が合わないことで酷い肩こりになっている可能性も。

肩こりは放っておくと、痛みにつながります。

目のトラブル

目の痛みやドライアイといった症状は、コンタクトの度数が合わなくても発症します。

こういった症状がひどくなると、コンタクトをつけることができなくなることも。

めまい

恐ろしいのはこちらのめまい。

基本的には耳の症状で出ることが多いのですが、あまりにひどい場合は目の症状でも発生します。

度数が合わないだけと思うかもしれませんが、合わせないことでこんな症状も発症します。

吐き気

また、吐き気があることも多いです。

吐き気がある時は、頭痛やめまいが一緒に出ることも多く、とても辛いです。

半日ほど続くこともありますので、仕事をすることもできません。

腰痛

慢性的な腰痛持ちという方も、コンタクトの度数があっていないせいかもしれません。

見えにくくなると、どうしても顔を突き出して不自然な体勢になりがちです。

ですので腰に負担がかかり、腰痛持ちになってしまう方も少なくありません。

胃炎

度数が合わない程度で?と思うかもしれませんが、ありえない症状ではありません。

目が見えにくい状態というのは、少なからずストレスがかかっている状態。

それがずっと続くわけですから、その負担が胃にやってくることも珍しくありません。

胃炎は時に穴をあけてしまう事もありますので、注意したいですね。

だんだん見えにくくなる

症状というよりも、度数があっていないことの一つの指針として知っていてほしい事です。

最初はピントが合っていても、段々見えにくくなることはありませんか?

そんな時は度数が合っていない証拠。

ぜひ度数変更の検討を。

【スポンサードリンク】

一体なぜいろんな症状が出るの?

コンタクトの度を合わせないだけで、たくさんの辛い症状が出ることをご紹介しました。

しかし、なぜこんなに症状が出るのでしょうか?

その原因とは一体何なのでしょう?

眼精疲労が原因

いろんな症状を引き起こす原因は基本的に眼精疲労です。

度数が合わないコンタクトをしていると、無理にピントを合わせようと目を酷使することになります。

つまり、必要以上に目の筋肉を使い、常に緊張状態にしまうわけです。

これがかなり長い時間続くわけですから、目が疲労してしまうのも分かりますよね。

目の痛みやドライアイなど、目のトラブルにもつながります。

また、めまいに関しても、眼精疲労が主な原因でおこるとされています。

ストレス

先ほど胃炎の項目で少しお話しましたが「見えにくい」というのはそれだけでイライラしてしまうもの。

つまりストレスがたまりやすくなっています。

ストレスはそれ自身が様々な症状を悪化させる原因ともなっています。

更に眼精疲労にストレスが加わることで、血流が悪くなり、肩こりや頭痛の原因となります。

そして時として胃に穴をあけてしまう原因でもあるんです。

気をつけて!症状が出たら度数を合わせよう!

思っていた以上に、度数が合わないといろんな症状が出る、という事を知っていただけたと思います。

今のコンタクトが見えにくかったり、ご紹介したような症状が出た時は、コンタクトの度数を変更してみましょう。

あなたの辛い悩みが、解決するかもしれません。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ