夏バテの症状って?乗り切るための、対策法!

今年は、早くも夏の暑さを感じるような気温が続いています。

このため例年と比べて夏バテ患者が増えることが予想され、早めの対策をすることが必要なのです。

そもそも、夏バテとなる身体のメカニズムってご存知ですか?

夏バテの症状って?

なんだか曖昧になっていませんか?

今回は、今から知っておくべき夏バテの症状とその対策法についてお伝えします。

本格的な夏が訪れる前に、しっかりと対策を考えておきましょう!

【スポンサードリンク】

夏バテのメカニズム

夏バテとは、室外の温度と室内の温度の差により、必要以上のエネルギーを消費し、身体に負担がかかることを言います。

この状態が毎日繰り返されることで、身体に様々な不調を引き起こしているのです。

原因を知ろう

1.自律神経の乱れ

体温調節と自律神経は大きな結び付きがあります。
そのため、夏の急激な温度差が繰り返されることによって自律神経自体に負担がかかります。

2.胃腸機能の低下

自律神経が乱れると、食欲不振等の不調を引き起こします。
このため、栄養が十分に身体に取り込まれなくなり、更に自律神経のバランスを崩していきます。
また、暑いからと冷たい飲み物ばかりを飲むことで胃への負担が増していき、下痢や消化機能の低下の原因にもなります。

3.疲労・睡眠不足

胃腸機能が低下し、栄養不足になると、体力が落ちます。
また、忙しい中睡眠不足が続くと更に体力が落ち、夏バテの症状はどんどんと悪化していきます。

こうして見てみると、自律神経の乱れが始まり、ということがお分かり頂けたかと思います。
つまり、温度差は夏バテの最大の敵なのです。

【スポンサードリンク】

こんな症状に要注意!

では、夏バテの症状にはどのようなものがあるのでしょうか?
当てはまるものがいくつかあったら、今の時期でも要注意です。

身体全体の倦怠感・だるさ
めまい・立ちくらみ
食欲不振
熱っぽい
疲れが取れない
頭痛
便秘や下痢

これらの症状が挙げられます。
なんだか風邪っぽいな、といった現れ方をしているかもしれないですね。

対策方法

それでは、今から出来る夏バテの対策方法についてお伝えします。

大きく4つに分けてご説明しますので、夏が来る前にしっかりと抑えておきましょう!

温度調節

始めに述べたように、夏バテは温度差によって起こります。
また、室外との温度差が5度以上になると自律神経の乱れにつながると言われています。

このため、室外と室内の温度差を出来るだけ少なくすることが大切です。

もちろん、出来るならば冷房の温度を低くしすぎずに扇風機と併用して頂くことがおすすめです。

もしもそれが不可能な場合は、カーディガン等の上着で急激な温度差を身体に与えないように工夫してみてください。

上半身だけでなく、下半身も、長ズボンを履くことやひざ掛けを使うようにしましょう。

水分補給

汗により、身体の水分はどんどんと出て行ってしまいます。
このため意識的に水分を補給することが大切です。

しかし先に述べたように、冷たい物のガブ飲みは下痢等の不調を引き起こしかねません。

そのため、出来れば常温の物や温かい物を飲むことをおすすめします。

しかし、暑い時こそ冷たい物を飲んでさっぱりとしたいですよね?

なので、冷たい物を飲む時は一気に飲まずこまめに飲むよう、出来るだけ意識をしてみてください。

こまめな水分補給により、脱水症状の予防になる他、水分不足による血液の流れの悪循環の防止にもなります。
※血液の流れの悪循環は心筋梗塞等を起こす可能性もあるので気を付けましょう。

十分な睡眠

体力を取り戻すことに1番効果があるのは、やはり睡眠です。

寝苦しい中快適に眠るためにも、頭部に氷枕や冷やしたタオルを置く等の工夫が必要です。

また、冷房をかけたまま眠ると常に身体には大きな負担がかかってしまいます。
必ずタイマーを設定してから眠るようにしましょう。

栄養バランスを整える食事

そして最後に食事です。

汗によって、身体のミネラルやビタミンが失われます。
失った栄養素を取り込むには、食事しかありません。

また、体力を必要以上に使うため、たんぱく質の摂取も意識して行う必要があります。

これらを食事に取り入れることにより、身体から出てしまった栄養素を補うことが出来ます。

最後に

いかがでしたか?

暑い日が続く中、早くも夏バテ症状に当てはまる方もいたのではないでしょうか?

対策のために、まずは温度差に気を配ることから始めてみましょう。

次回は夏バテの対策「食事」について焦点を当てて詳しくご説明致します。

対策のために摂りたい栄養素や食材を上手に取り込み、夏バテに負けない身体を作りましょう!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ