制作と製作が違う物って知ってた?その違いについて知りたい!

何かを作った時に使う「制作」と「製作」。

読み方は同じ物ですし、漢字も比較的似ているので全く同じ意味の単語であるような気がしますよね。

でも実は、微妙な違いがあるってご存知でしたか?

制作と製作は、その違いによって微妙に使われ方も違うんですよ!

でも一体どんな違いがあるのでしょう?

そこで今回は、制作と製作の違いについてご紹介しましょう!

ぜひ覚えておいて使いわけてみてくださいね!

【スポンサードリンク】

何が違うの?制作と製作の違い!

それでは早速「制作」と「製作」の違いについてご紹介しましょう!

一体何が違うのでしょう?

共通の意味もあります

まずは制作と製作の共通部分から見て行きましょう。

どちらも「何かを作ること」という意味があります。

ですので何かを作った時は「せいさく物」とよばれます。

制作

では制作とはどんな意味でしょう?

これには「創作活動に用いられる言葉」とあります。

例えば映画や美術作品等は創作活動をして、作られたものなので「制作」です。

彼は映画を制作している。

このスタッフでテレビ番組を制作する。

今日から絵画を制作する。

製作

では製作とはどんな意味でしょう?

これには「物を作ること」という意味で使われています。

ある意味「制作」も「製作」の一つととらえられるかもしれませんが、創作活動ではなくあくまで「物を作ること」という意味です。

実用的な道具や何かを作ることを差します。

この工場ではネジを製作している。

夏休みの宿題で、貯金箱を製作する。

先生に製作物を見せる。

「制」と「製」の違い

「制」と「製」は比較的似た漢字ではありますが、この漢字の持つ意味合い自体も少し違います。

制には「形を作り整えること」という意味があります。

製には「作ること(こしらえる)」または「作った物」という意味があります。

とても微妙なのですが、制は「自分で考え作ったものを整える」という部分まで行って、初めて使える漢字だと言えます。

製は「何かを作った時に使う言葉」ですね。

ややこしい場面も

特に映画やテレビ番組などを作る時は、「制作」と「製作」の使い方がややこしくなる時があります。

例えば映画や番組を作るスタッフは「制作スタッフ」と呼ばれます。

しかし、映画や番組の制作会社などは「製作」という文字を使います。

かなりややこしいですよね。

ではこの違いって一体どこにあるのでしょうか?

・なぜスタッフは「制作」なの?

ではなぜスタッフに関しては制作なのかをご説明しましょう。

その映画や番組を「創作活動を通じて作る」為のスタッフですので、制作です。

テレビ番組も含めて、ある意味芸術作品を作っていると言えるかもしれませんね。

・なぜ会社側は「製作」なの?

では同じ創作物を扱うはずの、会社側はなぜ「製作」となるのでしょう。

これは「制作」してできた映画や番組をどう見るのかによって違います。

映画や番組のスタッフたちは、直接その創作活動に関わり、作品を作っていますよね。

しかし会社は、資金などを出し作品をプロデュースはしていても、実際に創作活動を行ったとは言いにくいですよね。

実際にその作品を作ったのは「製作スタッフ」です。

会社にとってその作品は、あくまでも市場に流通すべき「商品」ですよね。

ですので「製作」が使われるというわけです。

・著作権法でも使いわけ

実際、こういった使いわけは著作権法でも明確に分けられているそうです。

映画などを作ったスタッフは「制作」

配給会社など、作品をプロディースし「商品」として流通させるのは「製作」です。

制作と製作の違い

では最後に、制作と製作の違いをまとめてみましょう。

・制作

創作活動を通じて何かを作った時に使われます。

例 映画・テレビ番組・美術作品

・製作

物を作った時に使われます。

創作活動を通じたものではなく、言うならば制作よりも機械的なイメージです。

ちょっとした違いなのですが、微妙な違いがあります。

言葉は正しく使う事がとても大切です。

ぜひ覚えておいてくださいね!

【スポンサードリンク】

制作と製作は別物

普段暮らしている分には、そんなに使い分ける必要もないのかもしれませんが、言葉の持つ意味には意外と違いがありました。

ぜひあなたも今回ご紹介した違いを覚えておいて、「せいさく」という言葉を使う時には使い分けてみてくださいね!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ