料理酒がない時は、代用として日本酒が使える?使い方を知りたい!

食材の臭みをとったり、身を引き締めて煮崩れも防いでくれる料理酒。

料理には欠かせない調味料ですよね。

ただ、縁の下の力持ちのような存在なので、意外と気づいたら切らしていたという事はありませんか?

そんな時は、なにかで代用したくなりますよね。

よく聞くのが「日本酒」ですが、日本酒は料理酒の代用品となるのでしょうか?

そこで今回は料理酒が切れた時、日本酒がその代用品となるかどうかについてご紹介しましょう!

毎日お料理をするという方は、ぜひ目を通してみてくださいね。

【スポンサードリンク】

料理酒の代用に日本酒は使える?

それでは早速、料理酒の代用に日本酒が使えるかどうかについてご紹介しましょう!

普段から日本酒を常備している方は、ぜひ参考にしてください。

代用可能です!

嬉しいことに、日本酒は料理酒の代用品として使用可能です!

むしろ、料理酒ではなく、日本酒しか使わないという方も多いんですよ。

特に高価な日本酒よりも、お手頃価格の日本酒の方が良いとされています。

量も同じように使う事ができますよ!

ただ、普段は料理酒を使っているのなら、日本酒を使う時にちょっとしたポイントがあります。

塩分量

日本酒は「酒」という文字が入っていますが、実は法律上お酒ではありません。

それは飲めるお酒ではないからです。

あくまで料理に使うものとして作られており、お酒の原料となる米などに加え、塩分や酢、旨み成分と言った物が含まれています。

こういった成分が日本酒にはありません。

ですので普段から料理酒を使っている方は、塩分量を調節する必要があります。

ただ、塩分控えめにしたいのならそのままでもいいですね。

香りにも注意

料理酒の匂いをかぐと分かるのですが、そんなに強い香りではありませんよね。

ところが日本酒は、本来飲むための物なので強い香りがします。

飲む分にはむしろ嬉しいことなのですが、料理にその香りが移るとなるとまた話は別のはず。

料理が失敗することも考えられます。

ただこの香りは、しっかりと火を入れてアルコール分を飛ばすことで抑えられます。

ですので日本酒を使う時は、しっかりと火を入れてアルコールを飛ばしてしまいましょう。

お手頃な日本酒が良い訳

では、一体なぜ高価な日本酒よりも、お手頃な日本酒の方が良いのでしょうか?

日本酒というのはお米や米麹から作られていますよね。

高い日本酒と手ごろな日本酒の違いというのは、使うお米の種類ももちろんありますが、その磨き方も値段の違いの一つです。

米をあまり磨かないと、雑味が出てしまいます。

ですので高い日本酒はその雑味をなくすために、しっかりとお米を磨いています。

ただこの雑味、日本酒として使う際には重要なもので、この中に旨み成分が含まれているんです。

日本酒として飲むと必要ないのですが、料理として使うのなら必要な物という事ですね。

手ごろな価格の物も、ある程度磨かれてはいるのですが、高価なものほどは磨かれていません。

ですので手ごろな価格の物の方が、良いというわけですね。

料理にコクをしっかりと出してくれますよ!

今「料理用の清酒」というコクはあるけれど塩分は入っていない物も販売されていますので、日本酒が気に入った方はこういった物も使ってみてください。

【スポンサードリンク】

その他のお酒ではだめなの?

では日本酒以外のお酒ではどうでしょう?

焼酎はお勧めしません

いろんなお酒がありますが、日本酒と並んで人気の高い焼酎はお勧めしません。

焼酎は独特の香りが強いため、しっかりと火を入れてもあの風味が残ってしまいます。

飲む分には美味しくても、料理と合わせるとなるとまた別ですよね。

もし焼酎の香りをさせたいと思うような料理があれば、そういった時にはおすすめです。

白ワインは洋食に

比較的落ち着いた味の白ワインも代用として使えることもあります。

ただ、洋酒となりますので和食にはあまり向かないかもしれません。

おすすめなのは比較的酸味が落ち着いたものです。

酸味が強いものは料理の味に影響することがありますので、ご注意ください。

赤ワインは渋みがあり、色もありますので不向きです。

ビールもおすすめ

独特の風味があるので、和食向きではありません。

ただ、お肉を柔らかくしたり、洋風の煮物料理に入れるのはお勧めです!

料理酒がない時は日本酒を!

料理酒がなくても、日本酒があれば代用できることが分かっていただけたと思います。

ちょっとしたポイントには気をつけて、ぜひうまく代用してくださいね!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ