ローチケの先着チケットを取るコツとは?ネットで取る場合の方法をご紹介!

アーティストによっては、よく購入先として指定されるローチケ。

実際に、ローチケでチケットを取ったという方も多いと思います。

でもこのローチケ、ファンクラブの先行などでない限り、基本的には一般で先着順に受け付けという事が多いと思います。

そうなるとかなり取りずらいという事も多いですよね。

手軽にできるネットを使っても、なかなか取れないという事も多いと思います。

ローチケを使う時、先着チケットをネットで確保するために、何かコツのようなものはないのでしょうか?

そこで今回は、そんなローチケのネットで先着チケットが比較的取りやすくなるコツをご紹介しましょう!

もちろん時間との勝負ですが、やらないよりはやってみた方がいいはず!

是非参考にしてください。

【スポンサードリンク】

ローチケの先着チケットを取るコツは?~ネット編~

それでは早速、ネットを使ってローチケの先着チケットを取るコツについてご紹介しましょう!

いくつかポイントがあります。

会員登録などは事前に

ネットで購入する場合、ローチケでの会員登録が必要な場合があります。

一般販売の物は必要でない物も多いのですが、先行販売や公演によっては必要です。

こういった会員登録をしている間は、チケットの確保が確実でないことも多く、登録している間に売り切れることもあります。

チケットはローチケで取ると決まったときには、会員登録をあらかじめしておきましょう。

当日でもかまいませんが、開始時刻まで忘れていたら大変です。

余裕を持って会員登録をしておきましょう。

・ログインできるか確かめよう!

すでにローチケの会員だという方は、ログインできるかどうか確かめておきましょう。

スマホなどでご覧の方は、登録したスマホであればそのままログインできると思いますが、一度確認しておきましょう。

万が一必要な情報が分からない場合は、あらかじめ調べておくようにしましょう!

事前にログインしておくとよいですね。

購入方法は確認しておこう!

特にローチケで初めてチケットを取るという方は、どんな手順でチケットを購入するのかを確認しておきましょう。

難しいことはありませんが、どの公演に行くのか、度の席を取りたいかなどはしっかりと考えて、当日迷いなく入力できるようにしましょう!

一次プロバイダがおすすめ

ネットでチケットを取る時、ローチケに限らず一番困るのは「ネットの繋がりにくさ」ですよね。

その時間にアクセスが集中するため、読み込みに時間がかかったり、酷いと読み込めないこともあります。

そういった事を少しでも解消するためには、プロバイダが大切です。

ポイントは「早い回線の物を使う」ことです。

一般的には「第一プロバイダ」と呼ばれる会社のブロバイダを使うと、比較的読み込みやすいと言われています。

・OCN等数社が該当します

第一プロバイダを使うという会社は、実は絞り込むのが難しいのですが、はっきりとそれが分かっている会社もあります。

OCN、ソフトバンク、KDDI、IIJがその会社です。

特にOCNがおすすめですよ!

・パソコンのスペックにも気をつけよう

チケットを取るのが古いスペックのパソコンなら、プロバイダが良くても回線が遅くなることもあります。

チケットを取る時は、できるだけ新しいスペックの物を選びましょう。

・スマホは通信制限にご注意を!

特に月末の販売の時に注意が必要です。

スマホでチケットを取りたくても、通信制限がかかっていると、その分読み込みが遅くなるのでかなり不利です。

チケットの先行がある、もしくはありそうだという月は、月末に通信制限にならないように注意してください。

時計とにらめっこしましょう

販売時間になったら、申込ボタンをすぐ押すことが大切です。

コンマ一秒の争いなので、秒までしっかりと見ることができる時計を見ながら、販売開始時間にすぐ申し込みましょう。

・完売しても諦めない

場合によっては、予定枚数まで少し余裕がある状態で完売のアナウンスになることがあります。

何分後かにまた復活することが多いので、諦めずにページをリロードしてみましょう。

こういったポイントを押さえることで、当選の確率は上がりますよ!

【スポンサードリンク】

ポイントを押さえて、あとは自分の運を信じよう!

先着順のチケットはポイントを押さえたら、後は運を信じるしかありません。

是非ご紹介したポイントを押さえて先行に臨んでみてください。

あなたが無事、チケットを取れますように!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ