リースとレンタルってどんな違いがあるの?車の借り方について知りたい!

旅行先や出張先などでは車を借りるという事もあると思います。

でもその時、リースとレンタルの二つがありますよね。

リースとレンタルはどちらも車を貸してくれるという点では同じなのですが、実は大きな違いがあります。

でも、一体どんな違いなのでしょうか?

そこで今回は、同じ車を借りることでもリースとレンタルの違いをご紹介しましょう!

ぜひこの違いを知っておいて、何かあった時は活用してくださいね!

【スポンサードリンク】

リースとレンタルの違い~車の場合はどう違うの?~

それでは早速リースとレンタルの違いについてご紹介しましょう!

一体車を借りる際にどんな違いがあるのでしょうか?

カーリース

まずは車をリースする、カーリースについてご紹介しましょう!

カーリースの場合は「車を長期にわたって使いたい場合」に使います。

長期といっても数カ月や1年等ではなく、基本的には少なくとも3年以上使うという契約となります。

旅行などで使う車ではないですね。

長期単身赴任の場合や、会社で借りると言った場合に使われます。

もう少し具体的に見て行きましょう。

・基本情報

利用方法:リース会社と契約する。

使用者:契約者

ナンバープレート:一般車と同じ(区別不可)

車種:希望車種の取りよせとなり、オプションや特別架装の取り入れも可能。

駐車場:契約者が確保。

登録(名義)について:車の所有者はリース会社、使用者は契約者。

リース料金:年単位なので、レンタルよりは安い。

保険料金など:リース料金に含む。

メンテナンス:契約内容による(リース会社が行ってくれる契約もあります)

解約:基本的に不可(やむを得ない場合でも途中解約金が必要)

いかがでしょうか?

基本的には長期契約となるので、一般車と同じように乗ることができます。

また、自分が乗り慣れている車種を選ぶこともできるので、運転のしやすさも格段に違います。

もしかなり長い間車を借りたいのであれば、やはりリースがおすすめです。

レンタカー

では車をレンタルするレンタカーはどうでしょう?

レンタカーは「短期間の間車を借りたい時に利用する」ものです。

旅行などで使いたい場合は、レンタカーを借りるという事ですね。

短ければ時間単位、長ければ月単位で借りることも可能ですよ!

ちょっと長めの旅行や、出張などで車を使いたい時などはレンタカーですね。

こちらも具体的な情報を見て行きましょう!

・基本情報

利用方法:レンタカー会社と契約

使用者:不特定多数

ナンバープレート:「わ」ナンバー(北海道は「れ」ナンバー)

一般車と同じナンバープレートは不可。

車種:レンタカー会社で保持している車の中から選択(調達は不可)

駐車場:レンタカー会社が確保。

登録(名義)について:車の所有者、使用者共にレンタカー会社。

リース料金:短時間ではリースより安い。

ただし、月単位では割高。

保険料金など:レンタル料金に含む。

メンテナンス:レンタル会社が行う。

解約:車を返却した時点で可能。

いかがでしょうか?

旅行先でも利用しやすいように、手軽に借りられるよう考えられているのがレンタカーですね。

ただ、車種は限られた中から選ぶので車に乗りにくいことはあるかもしれません。

リースカーとレンタカーの違い

それでは最後に、リースカーとレンタカーの違いをまとめてみましょう!

リースカーは基本的に、3年以上車を借りたい時に使うシステムです。

名義上車の使用者は契約者の名前となり、一般車と同じナンバープレートになります。

好きな車両を取りよせることができ、オプションなどにも対応できます。

メンテナンスや保険などはリース料に含まれているので手間いらずと言えるかもしれません。

レンタカーは、旅行など短期で車を借りたい時に使うシステムです。

車種は限られた中からで、オプションなどは指定できません。

ただ、解約の方法もかなり融通が効き、数時間のレンタルから利用できます。

短時間だけ車を乗りたい方は、とても手軽に利用できる内容となっています。

【スポンサードリンク】

車の利用法によって使い分けよう!

リースとレンタカーには、意外と大きな差がありました。

長期期間使う方には、車をより快適に乗れる工夫を。

短期間の場合には、かなり手軽に車を借りることができる工夫がなされています。

ぜひあなたがどの程度車を借りたいのかによって、使い分けてくださいね!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ