間違えたら恥をかく?礼服とスーツの違いについて知りたい!

普段使うスーツと、冠婚葬祭などで使う礼服。

あなたはきちんと違いを理解して、使いわけていますか?

意外とこの違いをご存知ない方は多く、思わぬ恥をかいてしまったという方も多いようです。

でもビジネススーツと礼服というのは、見た目には同じスーツで違いはよくわからないという方も多いと思います。

しかしこの二つは、見る人が見ればかなり違うものなんですよ!

そこで今回は、そんな礼服とスーツの違いについてご紹介しましょう!

いまいちよくわかっていないという方は、ぜひ目を通してみてくださいね。

【スポンサードリンク】

礼服とスーツの違いって?

では早速礼服とスーツの違いについてご紹介しましょう!

一体どんなところに違いがあるのでしょう?

最大の違いは色だと言われています。

礼服にもネイビーなどの暗い色はありますが、一番気をつけなければいけないのが黒です。

ビジネススーツでも黒があるので、それでもいいと思ってしまいますが、厳密に言うと同じ黒でも少し違います。

礼服で使われるような黒は、ビジネスなどで使う物よりも濃い黒です。

特に注意したいのがお葬式です。

室内だと分かりにくくても、外へ出ると意外と分かってしまう物。

こういったマナーに厳しい方が見ると、室内でも分かります。

とがめられることもありますよ。

礼服ではなくビジネススーツの黒で行くことは、それほどマナー違反だという事なので、覚えておきましょう。

逆の場合はマナー違反ではありませんが「この後お葬式に行くのかな?」と思われますのでおすすめはしません。

ただし、結婚式の場合は黒の礼服ではなく、ネイビーやグレーなどのビジネススーツでもマナー違反ではありません。

お洒落な方はそうしている方も多いかもしれませんね。

もちろん黒の礼服でも問題はありません!

生地

また、生地についても違いがあります。

礼服の場合は基本的にウールで出来ているので、光沢がありません。

ビジネススーツの場合は、ポリエステルなどが含まれていて少し光沢があります。

こちらもお葬式の場合、光沢があるのはふさわしくないためビジネススーツは向きません。

また、礼服でも結婚式用などは光沢がある場合があります。

そういった物は礼服でも、お葬式には着て行かないようにしてください。

お葬式などに行ったことがある方は見たことがあると思いますが、礼服は少しだぼっとした感じではありませんか?

礼服というのはなかなか着るものではないので、長く着ることを想定して作られています。

ですので体型の変化があっても、対応できるようにそう行った作りになっています。

反対にビジネススーツは流行りなどの関係で、ぴったりとしたスーツですよね。

こういった着た時の雰囲気にも、差が出てきます。

その他の違い

礼服とビジネススーツには他にも細かい違いがあります。

・襟

まずはジャケットの衿です。

ビジネススーツなどカジュアルな場でも着るスーツは、襟にそってステッチが入っています。

このステッチが入ることでカジュアルな印象になりますので、礼服には入っていません。

また襟の形にも違いがあります。

礼服の下衿は鋭角になっていて、しかも上を向いています。

・切れ込み

もう一つはジャケットの切れ込みです。

ビジネス用のスーツのジャケットは、下の方に切れ込みが入っていますよね。

これは動きやすくするための切れ込みです。

礼服はそういったことを想定して作っていないので、切れ込みが入っていません。

違いを知っている方が見たらすぐにわかる違いですよね。

礼服のスーツの違い

では最後に、礼服とスーツの違いをご紹介しましょう。

・礼服

色は黒の場合、濃い黒。

ウール素材の物が多く、だぼっとしたシルエット。

ジャケットの襟にステッチや、ジャケット自体に切れ込みはありません。

・スーツ

黒の場合は礼服よりも薄い黒。

ポリエステル混合の物が多く光沢があり、ぴったりとしたシルエット。

ジャケットの襟にステッチや、ジャケット自体に切れ込みもあります。

いかがでしょうか?

思っているよりも、礼服とスーツでは細かい違いがたくさんあります。

特にお葬式の場では、この違いが失礼にあたることも多いので注意したいですね。

【スポンサードリンク】

礼服とスーツはうまく使い分けよう!

礼服とスーツは、着る場所をうまく選ぶことがとても大切。

あなたもこの二つをうまく使い分けて、恥をかかないようにしてくださいね!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ