プレゼンをする時のコツについて知りたい!話し方のポイントをご紹介!

大学生程度になると、よく授業などで出てくるのがプレゼン。

社会人になってもプレゼンはありますし、この頃から身につけておきたいスキルですよね。

特に重要なのは話し方です。

どれだけ良い内容の物でも、話し方が下手では良いプレゼンとは言えません。

では一体プレゼンの話し方のコツとは、一体どんな事なのでしょう?

そこで今回は、プレゼンが苦手という方に見ていただきたい、話し方のコツについてご紹介しましょう!

是非素晴らしいプレゼンをするために、今回ご紹介するコツを使ってみてくださいね!

【スポンサードリンク】

プレゼンのコツって?~話し方のコツについて~

それでは早速、プレゼンをする際に必要な話し方のコツについてご紹介しましょう!

一体どんなコツなのでしょうか?

構成をしっかり考えよう!

プレゼンは資料にそって説明すればいいと考えていませんか?

実はこれでは分かりずらいプレゼンの内容となります。

プレゼンをする時は、以下の順番を意識します

結論→理由→例→結論

この順番を守って構成を組み立てることで、大切な事が頭に入ってきやすい内容となります。

説得力もプラスされますので、参考にしてください。

声の大きさ

次は、声の大きさに注目してみましょう。

プレゼンと言うのは、そこにいる人が自分の方を見るので、どうしても緊張してしまいがちですよね。

その為声が小さくなる方が多いのですが、これはNGです。

「元気がなく、内容に自信がないのか?」ととらえられると、マイナスですよね。

やる気満々で、自信たっぷりのプレゼンの方が人は好印象を持ちます。

叫ぶように話す必要はありませんが、声が小さいかなと感じているのなら、大きな声を出す意識をつけましょう。

意識するだけで、少しは違いますよ!

・強弱をつけよう!

大きな声で話すのは素晴らしいのですが、同じ調子で読まれると何が重要なのかが入ってきません。

ですので、声の強弱をつけることはとても大切です。

大切な事は声をより大きめに出しましょう。

また強弱をつけることで、聞き取りやすい話し方になりますよ!

話すスピード

緊張している時というのは、どうしても早口で話してしまいがちです。

それが許容範囲ならいいのですが、特に気をつけてほしいのが普段から早口の方。

より早口になり、言いたいことが伝わらない、聞き取れないという事が起こりやすいです。

ゆっくり過ぎるのもよくありませんが、基本的にはゆっくり話すイメージでプレゼンを行ってみましょう。

特に早口の方は、しっかりと意識してゆっくり話すといいですね!

・間を意識しよう!

スピードと関連するのが「間」です。

聞き取りやすいスピードでも、だらだらと話されると内容が頭に入りません。

この時に大切なのが間です。

大切な事の少し前は、少し沈黙を入れて間を作ります。

こうすることで大切な事が分かりやすくなりますよ!

アイコンタクト

家族や友達と話す時も、目を見て話すことは大切な事ですよね。

プレゼンでも同じです。

目が合わないと声の大きさ同様「自信がないのかな?」と思われてしまいます。

アイコンタクトを、一人ひとりとキッチリ目を合わせて行いましょう!

人数が多いので慣れないと難しいかもしれませんが、こうすることで「しっかり訴えかけている」と相手は感じることができます。

また、相手にも緊張感が出て集中しやすくなります。

姿勢

猫背気味という方は多いと思いますが、プレゼンの際は姿勢よくプレゼンを行いましょう!

姿勢が悪いとやる気がないように見えますし、自信がなくマイナスの印象を与えてしまいます。

胸を張ってあごを引き、良い姿勢でプレゼンをしましょう!

・ボディランゲージも重要

姿勢と関連するのが、ボディランゲージです。

全く身ぶり手ぶりがないと、あまり情熱を感じることができません。

プレゼンでは一生懸命伝えようとする姿勢を見せることが重要です。

大げさなものは必要ありませんが、ある程度ボディランゲージをつけながらプレゼンをしてみましょう!

テレビなどでは、意外とこのボディランゲージを使って皆さんお話しされています。

こういった方々を参考にして見てください。

【スポンサードリンク】

プレゼンはコツをつかんで成功させよう!

プレゼンでは自信がなさそうだったり、やる気がなさそうに見えるのは大きなマイナスです。

ご紹介したコツを使って元気よく、自信を持ってプレゼンを行いましょう!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ