フライパンでパスタを茹でる方法が知りたい!

パスタを茹でる時と言えば、たっぷりの水を沸騰させて茹でるイメージですよね。

作り方にもそう書いてありますし、実際そうやって茹でている方も多いはず。

でもお鍋で茹でて、その後フライパンに移して味付けをすると、洗い物も増えるしなんだか手間。

最近はそんな手間を解消してくれる、フライパンを使ったパスタの茹で方が話題になっていることを知っていましたか?

しかも普通に茹でるよりも、美味しく茹でることができるんです!

今回はそんなフライパンでパスタを茹でる方法についてご紹介しましょう。

とっても簡単なので、ぜひあなたもチャレンジしてみてくださいね!

【スポンサードリンク】

簡単美味しい!パスタをフライパンで茹でる方法

それでは早速パスタをフライパンで茹でる方法をご紹介しましょう!

必要な物

・パスタ 100g

・水 400ml

作り方

1、まずはフライパンで水を沸騰させましょう。

2、沸騰した状態のお湯にパスタを入れましょう。

この時、パスタは半分に折って入れてください。

入れたら強火にして蓋をしましょう。

3、泡が蓋の隙間から出たら、火を中火にします。

その後作り方に記載されたゆで時間を守って茹でましょう。

これで終了です!

この後お好きなソースに絡めて、仕上げてくださいね。

ポイント

この時、途中で水分がなくなったら少しずつ熱湯を足しましょう。

焦げやすい状態となっていますので、この点は注意してください。

逆に茹で時間がたっても水分が多い場合は、弱火、もしくは余熱で水分を飛ばしてください。

水分は捨てないようにするのが大きなポイントです。

めんどくさがりさんには

もし、蒸してから更にソースを作るのがめんどくさいという方はソースで茹でる方法もあります。

特にお勧めなのがトマトソースです

・やり方

1、先ほどの水の分量にトマトソースの分を計上して最初から加えて茹でましょう。

2、その他の具も、茹であがるタイミングから逆算して入れていけば、茹であがる時間にはパスタが完成します。

とっても簡単でしかも時短になりますので、ぜひこの方法で作ってみてくださいね!

フライパンで茹でると高級パスタの味に

作り方を見るとわかりますが、フライパンを使うと、茹でるというよりはパスタを蒸す感じですよね。

実はこれがとても大切なんです。

フライパンで蒸すと、かなりべたべたとしたパスタが出来上がります。

このべとべとがとても大切で、パスタのソースが絡みやすくなるそうですよ!

高級なパスタというのは、べたべたではないものの、ソースが絡みやすくなるために表面がざらざらしています。

しかし、普段目にする乾燥パスタはつるつるですよね。

でもべたべたとさせることで、安い乾燥パスタでも高級パスタの用にソースを絡めやすくする、というわけです。

普通に茹でてしまうと、水でこのべとべとの基であるでんぷんが流れてしまい、ソースが絡みにくくなります。

生パスタ好きな方にもお勧め!

今女性の間で大人気となっていることもあって、生パスタを使うお店も増えていますが、そんな方は乾燥パスタでは物足りないという方も多いですよね。

しかしこの作り方なら、かなり生パスタに近いパスタを、簡単に自宅で作ることができますよ!

また蒸すことで、安い乾燥パスタもプリっとした生パスタのような食感となり、パスタその物のうまみもアップするんです。

そのままで食べても美味しいそうですよ。

ぺペロンチーノ等のシンプルなパスタでは、パスタ自体の味もとても重要です。

この方法ならいつもよりも美味しさがアップしたパスタが出来上がりそうですよね!

ただし、大量に作ることはできません

フライパンの容量の問題もあり、この蒸してパスタを使う方法は大人数分用意することはできません。

あくまでも1~2人程度だと思ってください。

2人分の場合はパスタ200gに対して、お水は600mlでOKだそうです。

ただし一人前よりも失敗しやすくなることもありますので、鍋から目を離さず、水が足りなくなったら熱湯をすぐ入れるようにしてくださいね!

【スポンサードリンク】

フライパンを使って、簡単美味しいパスタを茹でよう!

意外な事に、普通に茹でるよ売りも、フライパンでパスタを茹でる方が美味しいという事がわかりました。

大量に作れないのがネックではありますが、1~2人前を作る時は、ぜひ今回の方法でパスタを茹でてみてくださいね!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ