落花生とピーナッツって同じじゃないの?2つの違いについてご紹介!

お菓子やお洒落なご飯などによく使う、落花生やピーナッツ。

そのまま食べても美味しいですし、アクセントとしても良い味を出してくれますよね!

この落花生とピーナッツって、一般的には同じもので違いがないと思われています。

実は微妙に違いがあるんですよ!

でも、落花生とピーナッツってどう違うんでしょう?

そこで今回は、微妙に違う落花生とピーナッツの違いについてご紹介しましょう!

今回の記事を呼んで、ぜひ使い分けてみてくださいね!

【スポンサードリンク】

落花生とピーナッツってどう違いがあるの?

それでは早速、落花生とピーナッツの違いについてご紹介しましょう!

実はちょっとややこしい違いなんです。

できるだけ分かりやすくご説明しますので、目を通してみてくださいね!

落花生

ではまず落花生についてご紹介しましょう。

落花生とは「その植物を差す」名前です。

落花生と聞くとよくイメージするベージュ色の殻付きの物。

あれが落花生です。

実は日本語ではなく、漢語なんですよ!

ピーナッツ

ではピーナッツはどうでしょう?

ピーナッツは「落花生の殻を割って出てくる実のこと」です。

つまりは落花生の一部ではあるんですが、その中の実だけは別名で呼ばれているんですね。

なんとなく、殻付きのままでもピーナッツと呼んでしまいがちですが、本来は食べる身の部分を差す言葉だそうです。

英語で落花生はなんて言うの?

上記では落花生とピーナッツは少し違う物の事を差すとご紹介しました。

しかし実際みなさんが考えていたのは「ピーナッツは落花生を英語にした物」というものではないでしょうか?

実はその考え方も間違っていないんです。

英語で落花生の事を言うと「Peanut」つまりピーナッツと言います。

かなりややこしいですよね。

この区別の方法なのですが、実は日本独特の考え方のようで、英語にすると同じ単語になってしまうようです。

明確に呼び分けた方がいいの?

落花生とピーナッツは、微妙な違いがあるのですが、実は明確に呼び分けなければいけない定義はありません

実際、日本人でも正しく呼び分けているという方は少なく、落花生を差してピーナッツという方もいらっしゃいますし、ピーナッツを落花生という場合もあると思います。

あいまいなものなので、意味も通じると思いますし、どちらで呼んでも間違いという事はありません。

ただ、日本でちょっとした使い分けをされているとすれば、落花生やピーナッツの使われ方です。

例えば、ピーナッツバターやピーナッツオイルと言った加工品に関しては「ピーナッツ」を使う事が多いようです。

また、洋風のお菓子に使う時もピーナッツと言われていますよね。

反対に和菓子に使う時は、殻から剥かれた実の事でも「落花生」と呼ぶことがあります。

【スポンサードリンク】

どうして落花生という名前なの?

落花生とピーナッツは、植物の事を差すものと、実の事を差すものという違いがありましたが、明確に使い分けをされているわけではありませんでした。

でもそもそも、どうして落花生なんて名前なのでしょうか?

ちょっと不思議な名前ですよね。

実はそれは落花生の育ち方にありました。

最後に落花生の生態について、少しご紹介しましょう。

属性

マメ科ラッカセイ属に属する植物です。

殻は食べられず、実を食べる植物です。

落花生やピーナッツ以外にも名前がある!

実は落花生にはいろんな名前があることをご存知ですか?

「南京豆」「地豆」「唐人豆」「異人豆」と言った名前もあります。

南京は昔の中国の事ですよね。

その名のとおり、落花生は中国からやってきました。

落花生という名前が漢名というのも納得ですよね。

また違った角度で、沖縄ではピーナッツを「ジーマーミ」と呼んでいるそうで、沖縄料理にも使われているんですよ!

性質

改めて落花生というと、なんだかちょっと不思議な名前ですが、それはこの植物の育ち方にあります。

落花生は花が散ってしまうと、子房の下の部分が伸びます。

子房はなんと土の中にまでもぐりこみ、地中で実をつけるんです。

なんとも変わった実のつけ方ですね!

こういった性質から落花生と言われています。

落花生とピーナッツには、微妙な違いがあった!

大きな枠で見ると同じなのですが、落花生とピーナッツは細かく見ると微妙に違う物の事を差しました。

明確な定義こそありませんが、今度からは呼び分けてみてもいいかもしれませんね!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ