コードの覚え方を知っておきたい!ピアノコードの覚え方をご紹介!

ピアノにもコードと呼ばれるものがあることをご存知ですか?

経験者の方ならご存知の方も多いと思うのですが、ピアノで言われるコードとは和音の事です。

和音には様々なものがあり、それぞれに名前がついていて、それがコードと言われています。

丸暗記でやってみようと思うと、かなりの方が途中であきらめてしまうのではないでしょうか。

ではピアノコードの覚え方はあるのでしょうか?

そこで今回は、そんなピアノコードの覚え方についてご紹介しましょう!

一体どんな覚え方なのか、ぜひ目を通してみてくださいね!

【スポンサードリンク】

コードの覚え方ってどうするの?ピアノコードの覚え方!

それでは早速、ピアノコードの覚え方についてご紹介しましょう!

まずは、和音というものについてご紹介しましょう。

和音とは?

3つ以上の音を同時に鳴らすことです。

例えば「ド」「ミ」「ソ」という音を一緒に鳴らしたとします。

これが和音となります。

ピアノコードはこの和音のいろんなパターンを、それぞれに名前をつけています。

この名前を聞いただけで、どの音を鳴らすのかを覚える必要があります。

単音のコードを覚えよう!

まずは単音のコードについてご紹介します。

ド C

レ D

ミ E

ファ F

ソ G

ラ A

シ B

このコードは、コードを覚える上でかなり重要となりますので必ず覚えてください。

ルートについて覚えよう!

ピアノコードは、3つ以上の音で構成されますが、その中でも「一番低い音」でかなめとなる「ルート」という音があります。

ド・ミ・ソという和音があったとすれば、ドがルートです。

・ルートの単音コードが名前の最初につく

例えばCmと言ったコードがあります。

この名前の最初にCが付いていますよね。

先ほどご紹介した単音のコードを思い出してください。

Cはドのコードでしたよね。

つまりこのCmというコードは、ドを一番低い音に持つコードという事になります。

この下にはコードの種類が続きます。

では一体どんな種類があるのでしょう?

コードの種類

それではコードの種類ごご紹介しましょう!

()の中は、実際に書かれているコードの表記です。

メジャーコード(なにもつきません)

マイナーコード(m)

サスフォーコード(sus4)

ディミニッシュコード(dim)

シックスコード(6)

オーギュメントコード(aug)

アドナインコード(add9)

マイナスファイブコード(-5)

セブンスコード(7)

メジャーセブンスコード(M7)

マイナーセブンスコード(m7)

マイナーメジャーセブンスコード(mM7)

以上12種類です。

ではそれぞれをどう覚えるのでしょう?

メジャーコード

ルートから見てどれくらい離れているかを表す単位を「度」と言います。

Cの場合、ドがルートなのでドが1度、レが2度、ミが3度…と続きます。

メジャーコードの場合は「1.3.5」の度数となる物を差します。

・ミとファ、シとドにご注意

この2つのペアの間には、黒板がありません。

その為この二つの音は「半音」と呼ばれています。

ピアノコードを独学で覚えよう – メジャーコード その2

この時の数え方がややこしいので、こちらを参考にしてみてください。

マイナーコード

こちらは「1・3♭・5」度の音となります。

フラットは、3度の音から半音下げた音となります。

サスフォーコード

「1・4・5」度の音となります。

ディミニッシュコード

「1・3♭・5♭」の音となります。

オーギュメントコード

「1・3・5#」の音となります。

#は半音あげるという記号です。

シックスコード

「1・3・5・6」の4つの和音となります。

アドナインスコード

「1・3・5・9」の音となります。

マイナスファイブコード

「1・3・5♭」の音となります。

メジャーセブンスコード

「1・3・5・7」の音となります。

セブンスコード

「1・3・5・7♭」の音です。

マイナーセブンスコード

「1・3♭・5・7♭」の音となります。

マイナーメジャーセブンスコード

「1・3♭・5・7」の音となります。

それぞれの度数について覚えておきましょう。

度の数え方と12種類の度数を覚えればコードはマスターできます!

実際に鍵盤で弾きながら覚えて行くといいですね。

是非実際に覚えてみてくださいね!

【スポンサードリンク】

ポイントを絞って覚えよう!

数があるピアノコードもポイントさえつかめば、覚えることはぐっと減りますよね!

ぜひ今回の記事を参考にして、ピアノコードを覚えてください!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ