余ったパスタは冷凍へ!美味しく保存できる冷凍方法をご紹介します!

女性に大人気の料理と言えば、なんといってもパスタ!

外で食べるのはもちろん、種類にもよりますがそんなに手間がかかる料理でもないので、自宅で作る方も多いはず。

でもそんな時、うっかり作りすぎてしまったことはありませんか?

折角のパスタなのに、食べきれずに捨てるのはもったいないですよね。

そんな時は冷凍保存しておきましょう!

パスタはきちんとした冷凍方法を知っていれば、美味しい状態で冷凍しておくことができるんです!

でも一体どんな方法なのでしょう?

そこで今回は、パスタのおいしい冷凍方法についてご紹介しましょう!

パスタがお好きな方は、ぜひ目を通してみてくださいね。

【スポンサードリンク】

パスタを冷凍保存する方法!

それでは早速、パスタを冷凍保存する方法をご紹介しましょう!

ポイントを押さえて、美味しく保存してくださいね!

若干食感は落ちるかも

冷凍する前に知っておいてほしいのが、若干食感が落ちるかもしれないという事です。

どうしてものびてしまうので、食感は作りたてに比べると落ちてしまうと思います。

ただ作りたて以外はどんな方法でもパスタがのびてしまうので、保存するなら安心して保存できる冷凍がおすすめですよ!

必要なもの

オリーブオイル 必要に応じて

ラップ

冷凍保存可能なアルミバット、またはアルミホイル

フリーザーバッグ

冷凍方法

1、まずパスタにソースが絡まっていない場合は、オリーブオイルを絡ませておきます。

まんべんなくたっぷりと絡ませるのコツです。

ソースが絡まっている場合は、パスタにまんべんなくソースを絡ませてください。

2、一食分ごとに小分けし、それぞれをラップで包みます。

できるだけ薄く、平べったくなるように包みましょう。

ラップを二重にしておくとよりいいですね。

3、アルミバット、もしくはアルミホイルにのせて冷凍させます。

もし急速冷凍機能があるのなら、バットやアルミホイルにのせず冷凍させましょう。

4、パスタが凍ったらバットごと一度取り出し、フリーザーバッグへ入れます。

5、空気をしっかりと抜き、封をして再び冷凍庫へ入れればOK!

冷凍のポイントは?

パスタを冷凍する際のポイントは、2つあります。

<オリーブオイルやソースをしっかり絡ませる>

冷凍庫の中は水分のないカラカラの状態です。

その為特に何もせずに入れてしまうと、水分を全部取られてしまいます。

パスタは、水分を取られると美味しくないので、それを防ぐためにオイルやソースで水分がでないよう蓋をします。

<急速冷凍させること>

1回目の冷凍時にアルミバットを使いましたが、これはパスタを急速冷凍させるために使います。

食材を美味しく、できるだけ食感を残すように保存しようと思うと、急速冷凍が必要となります。

家庭用の冷凍庫では、残念ながらじっくりとした冷凍になります。

アルミは冷気を伝えるのに適した金属で、これを敷いておくと急速冷凍に近い形で冷凍することができます。

アルミホイルでも代用可能ですよ。

ただし、冷蔵庫に急速冷凍機能があるなら、それを使いましょう。

冷凍する気で作る時は

もし元々冷凍する気でパスタを作った時に、気をつけてほしいことがあります。

それはパスタの固さです。

いつも通り茹でると、解凍して食べた時、いつもよりべチャッとする食感になります。

そうならないためにも、少し硬めに茹でておくことが大切です。

保存期間は?

パスタが保存できる期間は約一ヶ月です。

ただ、劣化はどんどんしていますので、できるだけ早い段階で食べることをお勧めします。

品質の限界が一ヶ月だと思ってください。

【スポンサードリンク】

解凍方法は?

ではパスタの解凍方法はどうすればいいのでしょう?

解凍方法も難しくありませんよ!

電子レンジ

基本的には電子レンジで解凍させます。

特にソースが絡まっているものは、この方法が手軽で良いですね!

パスタの種類、また電子レンジの種類などによって若干温め方は異なりますが、600Wで5分ほどをめどに温めてください。

中が冷たかったり、満足に解凍出来ていない場合は少しずつ温めてみましょう。

お湯に入れて

パスタにソースに絡んでいない場合は、この方法でも解凍可能です!

沸騰したお湯に30秒~1分ほど入れて解凍させます。

その後フライパンなどでソースと絡めるのもいいですね。

パスタは冷凍保存しておこう!

パスタは比較的簡単に冷凍でき、忙しい時も活躍してくれます。

是非一度ご紹介した方法で、パスタを冷凍してくださいね!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ