香水の種類、コロン・トワレ・パルファム の違いとつけ方

香水を普段から使っている人は多いと思います。

気分やシーンによって香水の種類を使い分けている人もいらっしゃいますね。

ところで、日本語では”香水”とひとくくりにされていますが、同じ香水でもコロン・トワレ・パルファム、というように、種類が別れていたりします。

同じ名前の香水でも、コロン・トワレ・パルファムというような種類の違いによって、使い分けが必要なようです。

では、このコロン・トワレ・パルファムの違いとは、どのようなものでしょうか?

また、その違いによる使い分けも見ていきましょう。

【スポンサードリンク】

香水とは

そもそも香水とは、どのようなものなのでしょうか。

香水とは香料をアルコールなどの液体に溶かしたもののことで、体や衣服に付けて香りを楽しむためのものです。

ワックスなどに練り込んだ、固形の練り香水もあります。

古くは宗教的なものに使われたり、薬品として用いられていました。

薬効のあるハーブを酒精と一緒に蒸留させたラベンダー水やローズマリー水(ハンガリーウォーター)などの薬用酒が、アルコールに溶かした香水の起源とも言われています。

それが後に外用薬となり、香りを嗜むための香水となったようです。

ルネサンス期にはヨーロッパの貴族は入浴をあまりしなかったそうで、臭い消しとして香水が発展したそうです。

入浴が避けられていたのは、入浴により病気になると信じられていたからなのだそうです。

今でも香水は身だしなみとして、化粧品の一部として取り入れられていますね。

香水は有名なブランドの定番のものから、新しい種類のものまでたくさんあります。

シーズン毎の限定商品や、タレントやデザイナーが新しいブランドを出したりしています。

【スポンサードリンク】

香水の種類とはーコロン・トワレ・パルファムの違い

さて、臭い消しとして発展した香水には、コロン・トワレ・パルファムといったように種類に違いがあります。

これは香料の濃度によって区別されています。

一番濃度が低く軽いのがコロンで、順にトワレ、パルファムと濃度が高くなります。

種類を順にあげますと、以下の4つに分けられます。

●コロン

オーデコロンと言われます。

濃度5%以下で、香りの持続時間は1〜2時間と短いです。

とても軽いので、ボディーミストのように軽くまとう感じで付けます。

オーデコロンは軽くて持続時間も短いので、リフレッシュしたいときなどにシュッと一吹きも。

お風呂上りに付けるとリラックスできますね。

オーデというのはフランス語のeau de、つまり、”水の”という意味です。

この表記があるものはやや薄いので、香りが軽くなります。

●トワレ

オードトワレと言われます。

濃度5%〜10%で、香りの持続時間は3〜4時間です。

軽くつけやすいタイプの香水で、価格的にも手頃で種類も豊富です。

持続時間が短いので、日中と夜とで使い分けをしたい場合にも適しています。

普段使いや、香水を付け慣れていない人には取り入れやすいでしょう。

香りは柔らかではありますが付けすぎると結構強く感じますので、やや控えめに付けるのがオススメです。

スプレータイプが多く、2〜4プッシュ程度を線をなぞるように付けるのが良いでしょう。

●オードパルファム

パルファムよりも一段階軽いものになります。

濃度10%〜15%で、香りの持続時間は5時間です。

パルファムと同じような香りの深さを楽しめますが、やや香りが軽く価格も抑え目です。

香りの持ちも長く、時間の経過による香りの変化が楽しめます。

こちらもスプレータイプが多いのですが、1、2プッシュ程度を付ける程度で十分香ります。

●パルファム

パルファムとはフランス語のparfum、いわゆる香水です。高級品のほとんどがこのパルファムです。

濃度15%〜20%で、香りの持続時間は5〜7時間です。

フォーマルな、華やかな場面にぴったりな香水です。

香りの持続時間がとても長く、香りの変化を楽しむことができます。

ただしお悔やみごとなどシーンによっては控えたほうが無難です。

香りがとても強いので、扱いには注意しましょう。

ほんの一滴だけで十分香りますので、付け過ぎには気をつけましょう。

香水の楽しみ方

香水は手首につける人が多いかもしれませんが、衣服に擦れてすぐに消えてしまいがちです。

体温の高いところに付けると香り立ちが良いので、肘の内側などに少量つけるのがおすすめです。

また、香りは下から上へと香り立つので、付ける部分はあまり高いところでないほうが良いかもしれません。

自分で香りが分かるほどだと付けすぎのことも。

香りの強いものはハンカチなどに一滴付けて、服のポケットやバッグに入れておくのも良いでしょう。

付けるのが適していない部位は、日が当たる部分。

香水の成分には、日光が当たるとシミの原因になるものがあるのだそうです。

香水の、コロン・トワレ・パルファムをTPOに合わせて使い分け、お気に入りの香水をより楽しんでくださいね。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ