妊婦が腰痛になったらどうすればいい?湿布を使っていいのかどうか知りたい!

妊婦さんといえば、いろんな薬が制限される時期。

辛くても赤ちゃんの事を思うとなかなか薬を飲んだりできないですよね。

でも、腰痛になったときの湿布はどうでしょう?

お腹には赤ちゃんがいる分、妊婦さんは腰痛が出やすい状態です。

そんな時、湿布くらいは貼っても問題ないのでしょうか?

今回は、妊婦さんが湿布を使ってもいいかどうかについてご紹介します。

腰痛で悩んでいる妊婦さん、ぜひ参考にしてくださいね!

【スポンサードリンク】

妊婦さんが腰痛になったら、湿布を使っても大丈夫?

それでは早速、妊婦さんが湿布を使えるかどうかについてご紹介しましょう!

駄目ではありません

妊婦さんで腰痛に悩んでいる方は、湿布を貼っても問題ありません。

ただし、妊娠時期や湿布薬の成分によっては駄目という場合もあります。

妊婦さんが避けたい成分

それでは、どんな成分の入っているものは駄目なのでしょうか?

・ボルタレン

ジクロフェナクナトリウムとも呼ばれるこの成分は、胎児へのリスクがとても高い成分です。

炎症や腫れ、痛みを緩和してくれますが、妊婦さんに投与すると血管の問題や羊水過少といった症状が出ます。

新生児が死亡する例も報告されている成分です。

・インドメタシン

聞いたことのある成分ですが、これは強力な成分で炎症や腫れなどを素早く静めてくれます。

妊娠後期のに投与すると、赤ちゃんに重大な症状が出たり、早産の新生児に壊死性腸炎の症状が高確率で出たりすることも。

頭蓋骨内出血といった症状になることもあるので、避けましょう。

・ケプトロフェン

解熱作用のある成分で、テープ剤などに多く用いられています。

妊娠中期や後期の投与で胎児に重大な症状が出ることもあり、特に妊娠後期の妊婦さんへの使用は禁止となっています。

第3類医薬品が比較的安心です

現在薬は第1類医薬品から第3類医薬品までありますが、湿布薬も成分によってこの3つにジャンル分けされます。

妊婦さんにおすすめなのは第3類医薬品の湿布。

基本的には使用しても良いとされています。

後の二つに関しては、第1類は妊婦さんには使えず、第2類は医師や薬剤師と要相談、といった分類です。

第1類はほとんど店頭で売られていることはありませんが、もし見かけても妊娠中の使用は禁止です。

また第2類は医師や薬剤師と要相談とありますが、第3類でも相談することをおすすめします。

第3類の湿布薬も100%妊婦さんに安全、というわけではありません。

貼り過ぎはNGです

どうしても我慢できない時に、時々貼る分にはいいのですが、あまり頻繁に湿布を張るのはお勧めしません。

医師と相談しながらいざという時にだけ貼るようにしたいですね!

妊婦の腰痛予防で出来ること!

それでは、妊婦さんの腰痛予防として出来ることはないのでしょうか?

湿布を頻繁に貼らなくてもいいように、根本的な対策法を少しご紹介しましょう!

ストレッチ

体を動かす余裕があるのなら、ストレッチを行う事がおすすめです。

難しいストレッチではないので、気分転換に行うのもいいですね!

とは言え無理は禁物。

辛い時や疲れている時は無理にしないようにしましょう。

あなたのできる範囲で、あくまでも自分のペースで行うようにしてくださいね!

・猫のポーズ

猫のポーズ|妊婦体操・産後の体操(産褥体操)

・椅子を使ったストレッチ

妊婦さん必見!イスに座りながら出来る♪腰痛ストレッチをご紹介

・腰ツイストストレッチ

腰のツイスト|妊婦体操・産後の体操(産褥体操)

骨盤ベルト

動くことも辛いという方は、骨盤ベルトを使ってみてはいかがでしょうか?

しっかりと骨盤を支えてくれますので、楽になるはずですよ。

ただしつける時はコツがいりますので、医師に相談しながらつけるようにしましょう。

普段と同じようにつけると適正な位置になりませんので、胎児に影響が出ることもあります。

マッサージ

今整骨院などでもマタニティマッサージを行ってくれる院が増えています。

そう行ったところでマッサージを受けるのもおすすめです。

もちろん家でも可能ですよ!

肌スピコントロール パパにも出来る!妊娠中の腰痛改善マッサージ

是非参考にしてくださいね。

【スポンサードリンク】

妊婦さんは湿布もほどほどに

妊婦さんでも湿布を使ってはいけないという事はありませんでした。

ただ、気をつけなければいけないことも多いので、使う時は医師と相談しながら行いたいですね。

また、湿布に頼りすぎないためにも、対策もしっかり行う事が大切です!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ