NHKの受信料の金額って?年払いで得をする!

見なくてもNHKの受信料は支払わないといけないの?

放送法第64条に、協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。

と、あります。

“受信できる設備”とは、インターネットに接続されたパソコンや、ワンセグ機能付きスマートフォン、ガラパゴスケータイ、テレビなどです。

多くの方がいずれかを所有している昨今において、ほとんどの方が支払い義務があると言えます。

法律上、支払わなかったらどういう罰則があるのかと言う決まりはありませんが、NHKの下請け業者によってしつこく訪問され、契約を迫られるケースも多いようです。

実は我が家も、子供が出来るまでの数年支払っていなかったのですが、ある日下請け業者が現れて契約を迫られました。

結果、0歳からの子供向け番組も多く、見せていて家事が出来る有難さがあったので契約しました。

【スポンサードリンク】

NHK受信料は安く出来る!

26年4月現在、一般的な地上放送だと、一ヶ月1,310円。

衛星放送の契約で、一ヶ月2,280円。

NHKの受信電波が弱い地域や、電車などにおいて衛星放送のみを視聴できる特別契約は、一ヶ月1,035円。

支払い方法は口座引き落とし、もしくはクレジットカード払いとなります。

【スポンサードリンク】

● NHK受信料が年払いで安くなる!

押し迫られて契約してしまった人や、心の底から納得はしていないけど、支払い義務があるので仕方なく支払っている方も多いNHK受信料を、出来るだけ安く済ませたいと思っている方も多いと思います。

実は、支払い方法の選択次第で安くNHK受信料を支払うことが出来るんです!

● 支払いは口座振込みかクレジットカード払いがオススメ!

NHK受信料の支払いには月払いの他に、2ヶ月払い、6ヶ月払い、12ヶ月払いの4つの支払い方法があります。

紙の振込み票だと1ヶ月あたり100円の手数料がかかります。

口座引き落としや、クレジットカードでの支払いだと、手数料がかからないのでオススメです。

● 年払いで割引される!

地上契約だと、年間13,990円かかるNHK受信料を、1年分まとめて一度に支払うことで、7,61%の割引が適応され、1,990円安く支払うことが出来ます。

衛星契約だと、年間24,770円のところ2,040円安く支払えることになります。

1年で2,000円前後安く支払えますので、5年で10,000円、10年で20,000円と長期で考えるとかなりお得になりますね!

NHKの受信料は年払いで手軽に節約しよう!

お住まいの地域によって、地上放送契約なのか、衛星放送契約なのか異なります。

見る見ないではなく、見れる環境なのか、見れない環境なのかで勝手に判断されてしまうのです。

それだけで、年間の支払額が大きく変わってきてしまうのですから、出来るだけ安く支払いたいですよね。

もしまだお試しでないのなら、今回ご紹介した方法を是非試してみてくださいね!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ