蒸し器の使い方ってどうすればいいの?鍋でも代用できるのかどうか知りたい!

料理がお好きな方は、持っている方もいらっしゃる蒸し器。

一つあるだけで料理のレパートリーも増え、家で本格的な味が楽しめます。

ただ使い方が分からないので、蒸し器までは手が出ないという方も多いかもしれませんね。

でも蒸し器の使い方はコツさえつかめば簡単で、気になるならぜひ一つ持っておいてほしいアイテムなんです!

また蒸し器まではという方は、鍋で代用できることをご存知ですか?

蒸し器の良さを知るためにも、まずは自宅の鍋で試してみるのもお勧めですよ!

そこで今回は蒸し器の使い方と、鍋での代用法についてご紹介します。

ぜひ参考にして、料理のレパートリーを増やしてくださいね!

【スポンサードリンク】

蒸し器の使い方ってどうするの?

それではまず、蒸し器の使い方についてご紹介しましょう!

コツさえつかめば、10分程度の調理時間となりますよ。

必要な物

蒸し器 1つ

水 たっぷり

てぬぐい、またはふきん  1枚

今回ご紹介するのは、一般的なステンレス製蒸し器の使い方です。

せいろの使い方とはまた違いますのでご注意ください。

準備

それでは実際に使い始める前に、蒸し器を使う準備を行いましょう。

・手ぬぐい、ふきんを使います

てぬぐいとふきんは蓋を覆う為に必要です。

これをしておくことで、蓋についた水分を吸いとってくれます。

蓋の水分は水滴となり、どうしても垂れて食材にかかってしまいます。

こうなることで水っぽくなるので、それを防ぐために行います。

・蓋を覆えるものがない場合

手ぬぐいやふきんで蓋が覆えない場合は、食材に直接布をかぶせておくのもおすすめです。

ただ、洗剤の香りが移ることもありますので、気をつけてください。

蒸し方

それでは実際に蒸していきましょう!

1、お湯を沸騰させましょう!

蒸し器に必要なお湯は蒸し器の5~7割程度です。

これより多くても少なくてもうまくできません。

特に少ない時は空焚きとなり、火災の原因となりますので気をつけてください。

2、食材を蒸しましょう!

内鍋に食材を入れて蒸していきましょう。

等間隔で並べるのがうまく蒸しあげるコツです!

2段内鍋がある場合は、途中で上下をひっくり返しましょう。

3、蒸している間は中強火で!

蒸している間も、お湯は熱い状態にしておく必要があるので中強火にしておきましょう。

4、蓋をあけて蒸しあがりを確認しましょう!

レシピの時間通り蒸したら、一度蓋をあけて食材の火通りを確認しましょう。

この時、蓋は真上に持ち上げたり、手前に開いてしまうと火傷の危険性もあります。

必ず奥側をあけて蒸気を逃がしましょう。

5、火通りがいまいちの時はもう少し蒸しましょう!

蒸し器によって大きく火通りが変わりますので、必ず確認しながら蒸しましょう。

うまく火が通ったら完成です!

卵が入った物の場合

卵が入るといわゆる「す」ができやすいです。

すを出さない為にはポイントがあります。

・火は弱火で

熱すぎると「す」ができますので、蒸しはじめたら火は弱火にしましょう。

・蒸す時は箸を一本挟みましょう

蓋と本体の間に箸などを挟み、蒸気を適度に逃がしましょう!

【スポンサードリンク】

鍋の代用方法は?

それでは鍋で代用する時はどうすればよいのでしょう?

必要な物

・深めの鍋(蓋とセットの物) 1つ

・背の高いお茶碗 1つ

・手ぬぐい、またはふきん 1枚

・水 鍋に合わせて

・平らな皿 1枚

やり方

1、まずお鍋にお茶碗を上下ひっくり返しておきます。

2、お鍋にお茶碗を入れたまま、3cmほどの水を入れて沸騰させます。

沸騰させる間に、お皿に材料を乗せておきましょう!

3、沸騰したら、ひっくり返ったお茶碗の上に食材の乗ったお皿を乗せましょう。

4、蓋を手ぬぐいやふきんで覆って、鍋にかぶせましょう。

これで蒸し器のように使う事ができます!

蒸しあがりの確認をし、ちょうどよい火通りになったら完成。

フライパンでもできる!

フライパンも蒸し器の代わりができます。

特にプリンや茶わん蒸しなど容器に入った物を蒸す時におすすめです。

1、深めのフライパンに容器が浸るくらいの水を入れて沸騰させます。

(容器はまだフライパンに入れないでください)

2、容器に蒸したい物を入れアルミホイルで蓋をします。

3、沸騰したフライパンの中に容器を並べて火通りを見ながら蒸しましょう!

料理の幅が広がる蒸し器!

蒸し器は一つあると本当に料理の幅が広がります!

今回ご紹介したポイントを守って一度やってみてください。

まずは鍋で手軽に魅力を知るのもおすすめです!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ