一人暮らしの不安と言えばお金。おすすめの節約術とは?光熱費はどう節約すればいいのか知りたい!

今まで実家にいた方ほど一人暮らしをして不安なのが、お金の事ですよね。

そんな方に重要なのは賢い節約術です!

無理をする必要はなく、ちょっとした事で出来る節約術は、一人暮らしのあなたにもきっと役立つはず。

特に、どうしても0にはできない光熱費で節約出来れば最高ですよね。

そこで今回は、一人暮らしの方向けに光熱費の賢い節約術についてご紹介します。

光熱費が高くて困っている、そんな方はぜひ参考にしてください!

【スポンサードリンク】

一人暮らしで使える節約術!光熱費はどう節約すればいい?

毎月必ず発生する物と言えば、なんと言っても光熱費。

光熱費が毎月高くて困っている、なんて方も多いのではないでしょうか?

そんな光熱費を賢く節約する方法とはどんなものなのでしょうか?

電気代

・外出は積極的に

特に夏や冬などクーラーをつけたい時期は、できるだけ外で過ごして部屋でクーラーをつける時間を短くしましょう。

学校や会社、公共のスペースなどで時間を過ごして節約しましょう。

・コンセントはこまめに抜きましょう

コンセントは、その機器が動いていなくても電気代が発生しています。

ですので、不必要なコンセントはこまめに抜く事がとても大切です。

ただし、冷蔵庫は抜かないように気をつけてくださいね。

・長期外出時はブレーカーを下げて

旅行や帰省などで長期にわたって家を開ける時はブレーカーを下げることをお忘れなく。

・アンペアを調べましょう

電気代は、自宅に必要なアンペアによって電機会社と契約しています。

このアンペアによって基本料金が決まります。

クーラーやテレビ等も込みで必要最低限の家具を使用した場合でも、一人暮らしだと20A程で大丈夫という方も多いようです。

20Aだと¥1,000しない基本料金になりますので、アンペア数の見直しはかなり有効な節約術です。

ただし、電子レンジは使用するアンペア数が大きいので、電子レンジを使う時は使っている電気機器数を気にして使うようにしましょう。

ブレーカーが落ちてしまいます。

ガス

・給湯器はこまめなON,OFFを

ガス給湯器はこまめにON,OFFをすることを心がけましょう。

ガス給湯器はONにしているだけでガスの代金はどんどん上がっていきます。

・設定温度はこまめに変更して

お風呂とキッチンのお湯の温度は、必ずしも同じ温度にする必要はありませんよね。

それぞれ変更できるのであれば変更をした方がガス代の節約です。

・湯船には温度を保つ工夫を!

特に冬場の浴室はすぐに温度が下がります。

ですので、湯船のお湯は冷めないような工夫が必要です。

浴槽のふたはもちろん、保温シート等も売っていますので活用してください。

・料理は一度にたくさん作って!

もちろん毎日こまめに自炊することは大切ですが、ガス代の事を考えると節約とはいえません。

ですので一度に少し多めに作って、お弁当や冷凍しておいておく事がおすすめです。

・濡れた鍋はNG!

濡れた鍋はガスのムダ使いにつながります、キチンと拭いて使うだけで数%のガス代節約になるそうです。

水道

・お風呂の水の有効活用

湯船の湯は洗濯に使うのは当然と言えるかもしれませんね。

基本的にお風呂に入る時はシャワーを使わずに、湯船のお湯を使ってください。

今は湯船のお湯を綺麗にしてくれる薬剤などもありますので、そういった物を使って同じ湯に2日入るというのもおすすめです。

・台所はたらいを使って

汚れたお皿を水をためた、たらいにいれてから洗うようにしましょう。

そうすることでお皿を濡らすお水を節約でき、汚れも取れやすくなります!

・洗面所ではこまめに水をとめましょう。

例えば歯磨き中等はこまめに水をとめることが大切です。

また、ここでもたらいを使えば顔を洗っている最中も水道を流しっぱなしにしなくてもいいのでおすすめです。

・トイレもちょっとした工夫を

トイレには、水を入れたペットボトルをタンクの中に入れておきましょう。

必要以上の水が使われるトイレでは、こうして水を節約するのがおすすめです。

【スポンサードリンク】

ちょっとした工夫でうまく節約しましょう!

節約術と言っても、その基本はとても簡単な事ばかり!

誰にでも心がけひとつで出来る事ですので、ぜひあなたも今日から節約してみてください!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ