妊婦の腰痛は、骨盤ベルトやコルセットでよくなるのかを知りたい!

妊婦さんと切っても切れない悩みなのが腰痛。

今まで腰痛を経験したことがなくても、妊婦になるとその辛さに悩んでいるという方も多いはず。

そんな時、骨盤ベルトやコルセットといった方法で痛みを軽減させる方も多いです。

でも骨盤ベルトやコルセットは、本当に痛みを和らげてくれるのでしょうか?

今回は、そんな妊婦の腰痛と、骨盤ベルトとコルセットについてご紹介します。

一体なぜ妊婦の腰痛は起こり、なぜ骨盤ベルトやコルセットが効果があるのでしょうか?

【スポンサードリンク】

なぜ妊婦は腰痛になるの?

それでは、そもそもなぜ妊婦は腰痛になるのでしょうか?

妊娠初期の腰痛はホルモンが関係しています

ちょっと意外かもしれませんが、一般的に考えられる妊娠初期の腰痛の原因は、ホルモンが関係しています。

「リラキシン」という名前のホルモンをご存知でしょうか?

妊娠3カ月目くらいになると分泌される、卵巣ホルモンの一種です。

腰痛をもたらすので、嫌われ者ではあるのですが、実は出産をする時には欠かせないホルモンなんです。

とても簡単に言えば赤ちゃんが通る産道を、通りやすくしてくれるんです。

ただその時に、関節や靭帯を緩めてしまうんです。

仕方のない事なんですが、その結果骨盤が歪んでそれをお尻と腰の筋肉で支えようとするために腰痛が出ます。

本来はしっかりと支えてくれる筋肉がゆるむことで負担がかかってしまうんですね。

妊娠後期は姿勢の変化

先ほどは妊娠初期の腰痛の原因でしたが、後期はまた別の原因が考えられます。

妊娠後期となると、おなかも張って体重もかなり増えますよね。

その為に姿勢が変わってきます。

どうしてもお腹が前に出る分、骨盤や腰椎は前に傾いてしまいます。

そのままでは前へ倒れてしまいますが、そうならないために背中の筋肉が後方へバランスを取ろうと支えようとします。

その結果、背中の筋肉は常に負担がかかる状態になり、腰痛となるんです。

こればかりは仕方ないことですが、妊婦さんにとってはつらい状態ですよね。

坐骨神経痛

意外と多いのがこの坐骨神経痛。

一般的には椎間板ヘルニアをしている方が起こりやすいとされていますが、妊婦さんの場合はちょっと違います。

先ほどご紹介したように、リラキシンが関節や靭帯を緩めていますので、骨や骨盤が歪みやすい状態になっています。

この骨盤付近の骨が坐骨神経を圧迫することで坐骨神経痛が起きます。

腰はもちろん、お尻も痛いという方はこの坐骨神経痛の可能性が高いです。

特に妊娠後期から臨月にかけて起こりやすい痛みで、激痛だという方も多いです。

ただ、坐骨神経痛になる前に腰痛が出ていることも多いので、早めの腰痛対策が必要ですね。

【スポンサードリンク】

妊婦の腰痛にはなぜ骨盤ベルトやコルセットがいいの?

それでは、これらの症状に、なぜ骨盤ベルトやコルセットが良いとされているのでしょうか?

骨盤ベルト

そもそも骨盤ベルトは、骨盤を支えるために生まれたベルトです。

ですので先ほどご説明したように腰痛の原因である骨盤の緩みを補強し、痛みを軽減するように出来ているんです。

その為、妊婦さんの腰痛は骨盤ベルトをすることでかなり軽減するという方も多いです。

普段からベルトをしているという方もいるかもしれませんが、妊娠中は妊婦用の物を使うのがおすすめです。

ただし、妊婦用の骨盤ベルトでも痛みが緩和されない場合はベルトをしないようにしましょう。

骨盤を圧迫し、血流が悪くなります。

コルセット

コルセットも骨盤ベルトと同じような理由で効果があります。

ただ、気をつけなければいけないのはその締め付けです。

あまりに圧迫するのは、おなかの赤ちゃんに良いとはいえません。

妊娠前からコルセットを使っているという方もいらっしゃると思うのですが、そのまま使えない場合もあります。

妊娠が発覚したら、コルセットについては医師と確認するようにしましょう。

ただ、妊婦用のコルセットであれば問題ありません。

妊婦用骨盤ベルトと妊婦用コルセットは同じように考えられていますので、どちらで検索しても同じ商品が出てくることもあります。

その位効果に違いはありませんよ。

腰痛で悩んでいるなら、一度は使ってみては?

腰痛の原因である骨盤のゆがみや傾きに対して、補強してくれる骨盤ベルトやコルセット。

腰痛でお悩みの方は、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ