子供の足の臭いが気になる!何が原因なのか知りたい!

子供の足の臭いが気になる、そんな経験はありませんか。

一体何が原因なのでしょう。

実は、子供に足の臭いがするのはいくつかの原因があったんです。

そのままにしておくと、子供も気にしてしまうかもしれません…

どうすれば良いのでしょうか?

今回は、子供から足の臭いがする原因と対策についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

子供の足の臭いがしてしまう原因とは?!

子供の足の臭い気になる原因は、新陳代謝の良さにあります。

新陳代謝が活発なため、大人よりも汗をかきやすく雑菌が繁殖しやすいのです。

さらに、子供は靴下を嫌がり素足のまま靴を履いて出かけたり、同じ靴を毎日履き続けたがる場合もあります。

そのような場合、より雑菌が繁殖し、大人に比べて子供は足の臭いが気になりやすくなります。

また、子供がお風呂に入ったときに足をしっかり洗わずに出てしまうことで、足に残った汚れや垢が雑菌と繁殖し、足が臭ってしまうこともあります。

意外かもしれませんが、子供は大人に比べて足が臭くなる状況がたくさん潜んでいるのです。

【スポンサードリンク】

子供の足の臭いを対処する5つのポイント

子供の足の臭いが気になる原因は、大人よりも新陳代謝がよく汗をかきやすく菌が繁殖しやすいことにありました。

それでは、足の臭いを防ぐためにどのような対処をすれば良いのでしょうか。

簡単にできる対処法をまとめてみました。

■その1:週に一度は靴を洗う

少し面倒に思うかもしれませんが、子供の足を清潔に保つ上でとても大切なことです。

靴を綺麗に保ち、臭いの原因となる菌の繁殖を防ぎましょう。

■その2:靴下を履くようにする

靴下を履かせることで、汗や垢、汚れなどが直接的に靴に移るのを防ぐことができます。

素足で靴を履く時に比べて、臭いが出にくくなるのでおすすめです。

■その3:爪を切る

爪を切ることで足の臭いを防ぐことができるのかと不思議に思う方もいるかもしれません。

しかし、爪は足の臭いの原因となる垢が溜まりやすい箇所なんです。

そのため、爪を伸ばしたままにしておくと垢や汚れが溜ってしまう危険性が高いです。

深爪に気をつけて、スクエア型に切ると良いでしょう。

■その4:ミョウバンを入れた水を吹きかける

料理などで使用するミョウバン1gと水50mlをスプレーボトルに入れてよく振ります。

あとは、中身が混ざったものを子供の足に吹きかけるだけでOKです。

ミョウバンには雑菌の繁殖を抑える効果があるため、吹きかけるだけで子供の足の臭いを防いでくれます。

■その5:足をこまめに洗う習慣をつける

家に帰ったら手を洗うだけでなく、足も一緒に洗う習慣をつけると良いでしょう。

暑い日は、石鹸などでよく洗った後に冷たいシャワーをかけて洗い、寒い日は温かいお湯に殺菌効果のあるお酢を混ぜたものに足をつけて洗うのがおすすめです。

足そのものを綺麗に保つことが、一番効果を発揮してくれるのではないでしょうか。

日頃から足を清潔に保つよう心がけよう

日頃から子供の足を清潔に保つことで、臭いの原因となる菌の繁殖を防ぐことができます。

お母さんが足を清潔に保つようにしてあげることで、子供も自発的にケアしてくれるかもしれません。

足の臭いを極力防ぐための対処法、ぜひ、お子さんと一緒に実践してみてくださいね。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ