書初めには四字熟語!中学で習うお手本を一覧にまとめてみよう!

お正月に行うことと言えば書初め。

お手本を見ながら新年の抱負を書いたり、その年らしい文字を書くこともありますよね。

中学生くらいになると、四文字熟語を書初めにして書くようにと宿題を出されることも多いと思います。

でも意外とお正月にあった四文字熟語って思いつかない物。

どうせなら中学生らしい四文字熟語一覧から選びたいですよね。

今回は、そんな書初めを四文字熟語で書きたい中学生の為に、おすすめの四文字熟語を一覧にしてご紹介しましょう!

お手本探しの参考にもなりますので、是非ご紹介する一覧を参考にしてくださいね!

実際にお手本を見ることができるサイトもご紹介しますよ!

【スポンサードリンク】

書初めにおすすめの四文字熟語

それでは早速、中学生におすすめの四文字熟語をご紹介しましょう!

意味も一緒に一覧でご紹介しますので、気に入った文字があれば是非書いてみてくださいね!

初志貫徹

「しょしかんてつ」

決めたことを最後まで曲げずに、やりきることを差します。

これはとても大切なこと。

ぜひ取り入れたいですね。

有言実行

「ゆうげんじっこう」

言葉にしたことは実際にやる、という事です。

口だけにならないように、こういった四文字熟語もいいですね!

受験生の方は特におすすめです。

文武両道

「ぶんぶりょうどう」

勉強もスポーツもどちらも頑張るという意味です。

学生さんにはとても大切な事ですよね。

特に勉強に部活にと頑張っているあなたにぴったりです!

威風堂々

「いふうどうどう」

少しのことでは動揺せず、いつも自信に充ち溢れていることを差します。

小学校とは全く違う中学校では、勉強面などで自信をなくしがち。

そんな方はこの四文字熟語を取り入れてみてはいかがでしょう?

一生懸命

「いっしょうけんめい」

とてもシンプルで誰もが知っている四文字熟語です。

どんなことにも力を抜かず、全力で取り組むことですね。

頑張っているあなたにおすすめです。

大器晩成

「たいきばんせい」

大物というのは、その頭角をあらわすのに時間がかかるという事です。

何か出来なくて悩んでいても、それはあなたが大物になるからかもしれません。

自信を持ちたいあなたにおすすめです。

十人十色

「じゅうにんといろ」

人によって好みや考え方、性質というのは違うのですよという事です。

人と違うからと言って悩む必要はありません。

こちらも自信のないあなたにおすすめです。

日進月歩

「にっしんげっぽ」

毎日何かを積み重ねて努力することを差します。

そうすることできっとその結果はついてくるはず。

毎日頑張っているあなたにおすすめです。

公明正大

「こうめいせいだい」

正しくて立派、隠し事をしないことです。

誠実に生きるというと分かりやすいかもしれませんね。

正しく生きたいあなたにおすすめです。

真実一路

「しんじついちろ」

真実だけを信じ、それを貫くことを差します。

あなたが何か信じていることがあるのなら、それを信じて貫きましょう。

努力はきっと報われるはずです。

勇猛果敢

「ゆうもうかかん」

勇敢で勇ましく、大胆なさまを差します。

何かに立ち向かう時、この言葉が勇気をくれるかもしれません。

勇気がほしいあなたに。

七転八起

「しちてんはっき」

ようは「七転び八起き」という意味ですね。

何度転んでも起き上がることを差します。

這い上がる根性がほしいあなたにおすすめです。

心機一転

「しんきいってん」

何かを気に、気持ちを入れ替えて良い方向へ向かうために頑張るという意味です。

お正月というのは、こういった気持ちの切り替えがしやすい時期です。

ぜひ取り入れてみてください。

【スポンサードリンク】

おすすめのお手本一覧!

では最後に、おすすめのお手本一覧をご紹介しましょう!

あなたにあった方で、お手本を探してみてください。

お手本.com

こちらでは四文字熟語のお手本を、有料ですがダウンロードできます。

希望があれば郵送もしてくれるようです。

様々な四文字熟語がありますよ!

是非参考にしてください。

習字のお手本変換サイト

こちらからは無料で打ち込んだ文字を変換することができます。

大きさや半紙の形式によってレイアウトも組み替えられますので便利です。

上記でご紹介した物の中から探したいという方は、こちらも参考にしてみてください!

今年の抱負を書初めで書こう!

四文字熟語はその年の抱負もしっかり盛り込んで書くことができます。

まさに書き初めにはぴったり!

是非ご紹介したことを参考に、素敵な書初めを書いてくださいね!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ