あなたは聞いたことがある?JPEGとPDFの違いについて知りたい!

インターネットやパソコンを使っていると、JPEGやPDFといった名前を聞いたことはないでしょうか?

なんだかよくわからないけど、よく見かけるという方も多いのではないでしょうか?

でもこの2つって一体どんなもので、どんな違いがあるのかまでご存知ですか?

特に初心者の方は、ご存知ない方も多いかもしれませんね。

実はかなり大きな違いがあるんですよ!

そこで今回はJPEGとPDFの違いについてご紹介しましょう!

ぜひ覚えて、使い分けてみてくださいね。

【スポンサードリンク】

JPEGとPDFの違いって何?

それでは早速、JPEGとPDFの違いについてご紹介しましょう!

一体どんな違いがあるのでしょうか?

JPEGって何?

まずはJPEGについてご紹介しましょう!

一体どんなものの事なのでしょう?

JPEGとは簡単に言うと「画像を保存する形式」のことを差します。

ファイルにはそれぞれ名前がついていますよね。

例えば「siritai.jpeg」といった名前のファイルがあったとすると「.」以降の名前は自動的につきますよね。

これが「拡張子」というもので、「.jpeg」となっているファイルは「画像ファイルである」という事ができます。

実は画像を保存する形式はJPEG以外でも可能なのですが、とても基本的な画像を保存するための物です。

いろんな特性がある画像を保存する物の中でも、圧縮が得意な画像保存方法です。

写真やイラストなどのサイズを変更し、保存することにとても長けています。

最大の特徴は、「目では確認できない色は無視する」という点です。

色の種類は無限大とも言われていますが、人間の目ですべての色を確認することは残念ながらできません。

ただ、パソコンではそういった微妙な色も取りこんでしまいます。

そうなるとかなり大きなデータファイルになってしまいます。

そこを目に見える程度の色のみにし、データーのサイズを軽くしてくれるのがこのJPEGです。

この性質のおかげで、グラデーションのものや写真にぴったりです。

また特につぶれたりすることなく綺麗にサイズ変更できることから、よく使われています。

ただ、拡大すると荒くなったり、ノイズが入ることもあります。

また、一度保存してしまうと画質の変更をすることができず、しかもそのたびに色の情報を失っていきます。

そのため何もしなくても保存を繰り返すだけで画質が劣化していきます。

ですので特に手を加えない写真の保存などには、JPEGが一番すぐれているとされています。

PDFってなに?

それではPDFとは何なのでしょうか?

PDFはAdobeという会社が作りました。

簡単に言うと「文章を保存する形式」のことを差します。

JPEGは完全に画像だけの保存形式の事でしたが、PDFは書類を保存するものですので、画像だけでなく、文章を書類として保存することができます。

基本的には書類を拡大しても綺麗に見れるように、という為に開発されたものです。

パソコンだけではなく、スマートフォンなどでもみるためのソフトを持っていれば(大抵のパソコンなどですでにインストールされているはずです)綺麗にみることができます。

オフラインでも使う事ができますが、基本的にはインターネットなどでの公開用書類に使われています。

一枚だけの書類も対応できますし、何枚にもわたる書類でも対応することができます。

また、加工がとてもしにくいため、勝手に変更されたくない重要な書類公開等で使われています。

拡張子は「.pdf」となり、Word等の文章をPDFに変えることも可能です。

JPEGとPDFには大きな違いがある

JPEGとPDFには、かなり大きな差があることを分かっていただけたでしょうか?

最後に二つの簡単な違いをまとめてみましょう。

JPEGは画像を保存するための形式です。

特に写真やグラデーションのあるイラスト向きだと言われています。

PDFは書類を保存するための形式です。

特にインターネットに公開する時に便利です。

二つの違いをしっかり覚えておいて、会社などでも役立ててくださいね!

【スポンサードリンク】

JPEGとPDFは身近なソフト

JPEGとPDFなんて覚えてなくてもいいと思うかもしれませんが、パソコンをしているなら意外と身近にあります。

ですのでそれぞれの違いをしっかりと覚けば、より快適に楽しむことができますよ!

ぜひ覚えておいてくださいね!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ