JINSとZOFF、どっちでメガネを作る?違いについて知りたい!

あなたはメガネを持っていますか?

メガネはお洒落でないという時代もありましたが、今はメガネも立派なお洒落アイテムの一つとして取り入れられていますよね。

その中でも特によく見かけるのが、JINSとZOFFという2ブランド。

ショッピングセンターなどでもよく見かけるので、実際にメガネを作ったことがある方も多いかもしれませんね。

その際JINSとZOFFのどっちで買おうか迷ったことのある方も多いはず。

でもこの2ブランドは価格帯も似たイメージで、違いって一体どこにあるのでしょう?

そこで今回は、そんなJINSとZOFFの違いについてご紹介しましょう!

ぜひ今回ご紹介する違いを知って、あなたにあった方を選んでみてくださいね。

【スポンサードリンク】

JINSとZOFFの違いについて!

それでは早速、JINSとZOFFの違いについてご紹介しましょう!

一体どんな点が異なるのでしょうか?

JINS

まずはJINSからご紹介しましょう!

一体どんなメガネを扱っているのでしょう?

基本的には「安いメガネを買うならJINS」というほど、価格が安いのがポイントです。

・基本情報

運営会社:株式会社 ジンズ

創立:1988年 7月(創業当時は有限会社 ジェイアイエヌ)

メガネ業界参入:2001年

会社自体は1988年からあったそうですが、メガネ業界に参入したのは2001年だそうです。

「メガネを通して人々の人生を豊かにする”Magnify Life”」というビジョンを掲げて、新しいメガネを作り続けています。

・価格帯

では価格帯についてご紹介しましょう。

¥5,000(税抜)

¥8,000(税抜)

¥12,000(税抜)

基本的にはこの3つの価格帯から選ぶことになります。

セール中はもっと安い値段で提供していることもあります。

カラーレンズやブルーライトカットなど、特殊なレンズでないのなら、度数がどれほど高くなっても、レンズによる追加料金はありません。

逆に特殊なレンズの種類も豊富で、先ほどの価格にプラス¥3,000(税抜)~¥5,000(税抜)の間で対応してくれます。

また「遠近・中近・近々メガネ」を店頭で作ることもでき、この価格は3つの価格にプラス¥5,000(税抜)で作ることもできます!

・JINSが安い理由

では、一体なぜこんなに低価格でメガネを提供できるのでしょう?

実はJINSの場合、企画から販売まで全て自社で行う「SPA方式」というものを取り入れています。

この方式を取り入れることで、中間マージンやブランド料といったコストを、最大限カットすることができます。

使用者からの声も取り入れやすく、低価格だけではない満足度もアップさせることができます。

ZOFF

ではZOFFの場合はどうなのでしょう?

ZOFFの場合は「おしゃれなフレームが多いメガネブランド」というイメージを持っている方が多いようです。

・基本情報

運営会社:株式会社 ゾフ

創立:1993年 10月3日

1号店開店:2001年

ZOFFの場合も古くからある会社ではあるのですが、ZOFFの店舗をオープンさせたのは2001年でした。

「真心を持ってお客様に接し、メガネを通して社会に貢献する」と言った経営理念のもと、毎日メガネを作っています。

・価格

¥5,000(税抜)~

という価格帯です。

基本的には、¥5,000(税抜)¥7,000(税抜)¥9,000(税抜)と言った価格帯なのですが、それ以上の商品もあります。

こちらも標準レンズであれば追加料金は0!

特殊レンズの場合は、フレーム代にプラスして¥2,000(税抜)~¥9,000(税抜)の間で対応してくれますよ!

お洒落でちょっと高いイメージもあったと思いますが、現在はZOFFもお手頃価格でメガネを手に入れることができます。

JINSとZOFFの違い

では2つのブランドの違いをまとめてみましょう!

大きな違いは、価格です。

とはいっても価格の差自体はそんなにありません。

ただZOFFの方は、物によっては比較的高価な物も販売しています。

また、ZOFFの方がおしゃれだとも言われていますが、JINSも使用者の声を取り入れやすいので、使いやすくおしゃれな物も多いです。

【スポンサードリンク】

あなたに似合うデザインがある方を!

JINSもZOFFも価格等を比べても、そこまで大きな差はありません。

二つのブランドでよりあなたに似合うデザインがあった方を、選ぶようにしてくださいね!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ