虫よけスプレーを手作りしよう!ハッカ油とアロマで自分好みにアレンジ♪赤ちゃんや子供にも安心♪

夏も近づき、アウトドアの計画を立て始めている方もいるのではないでしょうか?

そんなアウトドアでの心配事の1つは、虫刺され

蚊だけでなく、普段身の回りに生息していないような虫がいる場合もあり、特に子供の肌は過敏に反応する可能性があります。

また、アウトドアでなくてもこれからの時期は虫刺されに気を付けなくてはなりません。

ですが、市販されている虫よけスプレーの注意書きには、“口に付いたらすぐに洗い流すように”や、“目に入らないように”など…なんだか危険そうですよね?

出来れば赤ちゃんや子供に使用するのは避けたいところです。

虫よけスプレーには、「ディート」という虫を寄せ付けないための成分が含まれています。

これが赤ちゃんにとって良くない、というデータがあり使用量や頻度の制限があります。

そんな時におすすめなのが、虫よけスプレーを自分で手作りする方法です!

これには、ハッカ油というものを使用します。

また、ハッカ油に虫よけ効果のあるアロマをプラスすることで、自分好みの虫よけスプレーを手作り出来てしまうのです!

赤ちゃんや子供にも安心な上、大人も好きな香りのアロマで作れるなんて、一石二鳥ですよね♪

【スポンサードリンク】

虫よけスプレーの作り方

【必要な物】
・ハッカ油 5~10滴
・無水エタノール 10ml
・水(水道水でOK)50ml~
・スプレー容器

【作り方】
① エタノールとハッカ油をスプレー容器に入れてよく振って混ぜ合わせる
② 水を加える(50mlで様子を見て、お好みで薄めても大丈夫です)
③ 全てがよく混ざるようにもう1度振る
④ 完成

※ハッカ油・無水エタノール共に、薬局やネットで購入することが出来ます。

ハッカ油とは
→ミントを乾燥させて作った油のことを言います。
この香りを虫が嫌うため、虫よけスプレーを手作りする際に最適とされています。
また、自然から作られた天然のものなので、肌に優しいことも赤ちゃんや子供に使用出来る理由です。

ハッカ油で対策出来る虫はこんなにも!
・蚊
・ゴキブリ
・コバエ
・カビ

エタノールとは
→アルコールに含まれている成分で、主な使用方法は消毒目的です。
エタノールには、消毒用と書かれた物と無水と書かれた物の2種類があります。
今回ご紹介した虫よけは、どちらでも作ることが出来ます。
ですが、無水の物の方がより肌に優しいので、可能であればそちらの購入をおすすめします。

【スポンサードリンク】

おすすめのアロマ

上記で作った虫よけスプレーに、虫よけ効果のあるアロマをプラスすることで更に効果もアップします。

38426-03

また、お好きな香りを使用すれば気分もリフレッシュ出来、市販の物を使うよりも何倍も便利な虫よけスプレーを作ることが出来ます♪

さっぱりとした香りが好きな方や、男性・男の子におすすめ!
→レモングラス・レモン・シトロネア

リラックス効果をプラスしたい方、女性・女の子におすすめ!
→ラベンダー・ローズウッド・ゼラニウム

【作り方】
虫よけスプレーの作り方の②で水を加える前に、アロマを数滴加えます。
※5滴~様子を見て、入れすぎには気をつけましょう。

活用方法

ハッカ油+エタノールのスプレーは様々な場面で活用することが出来ます!

いくつか見てみましょう。

・虫よけとして肌にスプレーする
洋服や帽子等にスプレーする
・ダニ対策に、ベッドやベビーカーにスプレーする
・コバエの出やすいゴミ箱周辺にスプレーする

注意点

6か月未満の赤ちゃんに使用する場合は、洋服にスプレーする方が安心です。
→肌にスプレーする場合はパッチテストを行ってからにしましょう。

※妊娠されている方は、 子宮に影響を与えるとされているレモングラス等のアロマは使わないようにしましょう。

※ハッカ油は思っている以上に香りが強いので、アロマと同様に 入れすぎないよう気を付けましょう。

最後に

手作りスプレーの良さを知ってしまったら…もう市販の物には戻れませんよね♪?

自分好みに作れて、肌にも優しい虫よけスプレー、ぜひ試してみてくださいね!

これで、アウトドアの虫対策はバッチリです!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ