入浴には驚くべき効果があった?高齢者におすすめの入り方!

体の疲れを取ってくれる入浴。

特に高齢者の方の入浴は、あなたが思っている以上に驚くべき効果があるんです。

でもその為にはきちんとした、高齢者の方の入り方があるんですよ。

今回は高齢者の方の入浴で得られる効果と、おすすめの入り方をご紹介します!

きちんとした入り方で、より入浴効果を高めてくださいね!

【スポンサードリンク】

入浴の効果についてご紹介!

まずは高齢者の入浴における効果についてご紹介しましょう。

特に高齢者の入浴は思っている以上にいろんな効果があるんです。

清潔

もちろんお風呂に入りますので、皮膚を清潔にするという効果があります。

老廃物を洗い流し、雑菌の繁殖も防ぎます。

寝たきりの方の床ずれを防ぐ効果もあります。

血行促進

温かいお風呂の中では、血行促進効果があります。

冷え症の方や、関節がこわばっている方にも手軽な解決法としておすすめです。

運動不足の方にも効果的ですよ!

血行促進により、新陳代謝も活発になりますのでぜひ入浴してくださいね。

安眠効果

若い方でもそうだと思うのですが、入浴すると疲れますよね。

高齢者の方だと、より体力を使う事になります。

これは適度に運動をしたことと同等になり、汗をかきます。

体が温まり、汗をかくと体をオフの状態にする、副交感神経というスイッチが働きます。

その為、自然と眠る事ができます。

リラックス効果

副交感神経とは、体を休めるためのスイッチ。

その副交感神経が働くので、体はゆったりとしたリラックスモードに切り替わります。

神経が高ぶっている時等は、入浴することでリラックスすることができますよ!

気分転換に

高齢者にとって入浴は大きな気分転換です。

ですので体が不自由な方でも毎日入る方が、気持ちもリフレッシュできますよ!

いかがでしょうか?

体はもちろん、精神的にもリフレッシュさせてくれる入浴。

高齢者にとっては欠かせない毎日の習慣です。

でもより効果的にするには入り方もとても重要なんですよ。

入浴をするなら効果的に!高齢者におすすめの入り方!

それでは早速、高齢者の方におすすめな入浴法をご紹介しましょう!

ぜひご紹介する入り方を使って、より効果が高い入浴法を楽しみましょう。

お湯の温度が大切

お湯の温度が高いと体に負担がかかり、お風呂での事故につながることも。

熱いお湯が好きだという方も多いですが、体のことを考えるといいとはいえません。

38~39度のお湯がベストだと言われています。

ぬるめのお湯で楽しむようにしましょう。

半身浴にしましょう

高齢者にとって、肩までお湯につかるのは心臓に負担がかかります。

ですので、高齢者の方は半身浴がおすすめです。

湯船に入る時間は長めに

熱いお湯に短く浸かるのではなく、長く入るのがおすすめです。

15~20分ほど入るのが理想的です!

逆に20分以上はかなり体力を必要としますのでおすすめしません。

これら3つのポイントを守って入れば、より入浴の効果を高めることができますよ!

【スポンサードリンク】

高齢者の入浴で気をつけなければいけないこと

高齢者にとって入浴はとても素晴らしい効果をもたらしてくれる習慣です。

ただ、入浴中の事故が多いことも確かです。

その為、注意しなければいけないことも多いんです。

転倒防止策をしっかりと

お風呂で多いのが転倒による事故です。

どうしてもお風呂場は滑りやすいので手すりをつける等、転倒防止策をしっかりとすることが大切です。

ヒートショック

つまり冷たい所からいきなり温かい所に行くとおこる現象です。

高齢者はこのヒートショックによって亡くなることもありますので、あらかじめ浴室はもちろん脱衣所もあたためておく必要があります。

一番風呂

基本的に高齢者は一番風呂をおすすめしません。

これはヒートショックにつながるのですが、一番風呂が一番浴室が冷えており、温度差がある状態ですのでおすすめできません。

もし本人がどうしても一番風呂が良いという場合は、浴室をしっかり温めておきましょう。

入ってはいけない症状がある時

血圧異常、風邪をひいている時、そして捻挫をしている時は症状を悪化させることがありますので、入浴は避けましょう。

また、お酒を飲んで酔っている時もNGです。

正しい入り方で心も体もリフレッシュ!

入浴は正しい方法で入れば心身ともにリフレッシュしてくれるもの。

注意事項を守り、安全で効果の高い方法で、入浴を楽しんでくださいね!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ