ふきのとうを使ったレシピが知りたい!美味しい食べ方とその栄養についてご紹介!

春の味覚でもあるふきのとう。

ほろ苦い味で、どんなレシピにしてもどちらかというと大人の味だと言えるかもしれませんね!

そんなふきのとう、せっかく春の味覚ですから、美味しい食べ方でいただきたいですよね。

でもどんな食べ方がふきのとうの美味しさを十分に引き出す食べ方なのでしょうか?

また、ふきのとうの栄養もしっかりと知っておきたいですよね。

そこで今回は、ふきのとうを使った美味しいレシピと栄養についてご紹介しましょう。

ぜひご紹介するレシピで、美味しく栄養たっぷりなふきのとうを楽しんでくださいね!

【スポンサードリンク】

ふきのとうのレシピ!美味しい食べ方で楽しもう!

それではまず、春の味覚であるふきのとうの美味しいレシピについてご紹介しましょう。

ふきのとうの天ぷら♡甘味噌添え

まずはシンプルな天ぷらレシピです!

この食べ方が一番好きだという方も多いですよね。

ふきのとうはお味噌との相性も抜群で、天ぷらも特製の甘味噌で食べればよりそのおいしさを楽しめるはず!

ふきのとうと鮭の冷製パスタ

こちらもふきのとうの苦みを活かした、絶品パスタレシピです!

鮭の塩味とふきのとうの苦みは、パスタとの相性も抜群。

材料もシンプルなので、ふきのとうが手に入ったら一度作ってみてはいかが?

作り方もとっても簡単ですよ!

ふきのとう味噌(ふき味噌)☆春の味を満喫

ふきのとうは味噌にしてしまっても絶品!

ほろ苦い苦みと甘味のバランスは抜群で、ご飯にかけたり、他の料理にかけるのもおすすめですよ。

お弁当などに調味料代わりに掛けておけば、栄養もたっぷりのお弁当に。

一度食べたら病みつき間違いなしのレシピです!

旬のタケノコとふきのとう簡単炒め

旬の物をたっぷりと食べたいのなら、たけのこと炒めてみるのはいかがでしょう?

味付けはシンプルに醤油のみで、素材の味もしっかりと楽しむ事ができます。

作り方もとっても簡単で、お弁当やサッと食べたいお昼にも最適ですよ!

フキノトウのチーズグラタン

お子さんのいるご家庭や、ふきのとうが苦手な方がいるご家庭ならこんなレシピはいかがでしょう?

チーズやホワイトソースの中に入れることで、苦みもマイルドになり食べやすいですよ!

苦みが良いという方も、チーズの塩分とふきのとうの苦みの相性は抜群。

お好きな方も苦手な方も、一度は食べてほしいレシピです!

【スポンサードリンク】

ふきのとうの栄養って?

それでは次に、ふきのとうの栄養についてご紹介しましょう!

実は思った以上に栄養満点な野菜なんですよ。

ポリフェノールが豊富!

ふきのとうは苦みが特徴ですが、これはふきのとうに含まれる「フキノール酸」「ケンフェノール」「アルカノイド」といったポリフェノール類が原因です。

ポリフェノールは新陳代謝を活発にし、お肌の調子を整えたり、痩せやすい体にしてくれます。

また花粉症を抑える効果もあるんだとか!

腸の調子も整える

ふきのとうの匂いの成分の一つである「フキノリド」という成分には消化液の分泌を促進させる働きがあります。

これが腸の働きを整えて、胃も丈夫にしてくれるんだとか!

抗酸化効果も!

体の老化の原因の一つでもある、体の酸化。

それを抑えるのが抗酸化効果のある「ビタミンE」。

更年期障害や肌の衰えにも効果的だと言われています。

ふきのとうにはたっぷり含まれていますよ!

デトックス効果も

「カリウム」が豊富なふきのとうは、デトックス効果もあると言われています。

なんとカリウムは余分なものを体外に排出する効果があるんですよ!

手足や顔のむくみには、カリウムを摂ることで減少することがあります。

また高血圧などの生活習慣病にも効くとされ、女性ならずともぜひ取り入れたいですよね!

食物繊維も豊富!

便秘予防にも効果的だと言われている食物繊維。

ふきのとうにはそんな食物繊維も豊富で、便秘気味の方にもとってもおすすめ。

まさに栄養が豊富な野菜なんですね!

ただし、一日350gまで

ふきのとうは摂りすぎると下痢を起こす可能性があります。

また「フキノドトキシン」という発がん性物質があるとされる成分もあります。

フキノドトキシンは揚げるか茹でることで解消しますが、大量に食べ過ぎないようにし、一日350g以下にしましょう。

美味しくふきのとうを楽しもう!

春ならではの味ふきのとう。

栄養も豊富なので、今回の記事を参考にして、ふきのとうを楽しんでくださいね!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ