ひらがなの覚え方ってどんなものがある?外国人におすすめの覚え方!

外国人の方が日本語を学ぶとき、まず最初に覚えるのがひらがなだと思います。

50音ではありますが外国人の方にとって、ひらがなというのはとても難しいそうです。

そのまま丸暗記しようと思うと、かなり難しいです。

ではそんなひらがなの覚え方というのは、一体どうすればよいのでしょう?

実は今、ひらがなの覚え方に悩んでいる方に、どんどんと覚えやすい方法が発表されています!

そこで今回は、そんな外国人の方向けの、ひらがなの覚え方についてご紹介しましょう!

是非ご紹介する覚え方で、ひらがなを覚えてみてくださいね!

【スポンサードリンク】

ひらがなの覚え方~外国の方向けの覚え方~

それでは早速、外国人向けのひらがなの覚え方についてご紹介しましょう!

まずは外国人のお子さんにもおすすめな、ひらがなの覚え方をご紹介しましょう。

絵と発音から学ぼう

最初に覚えたいのは、絵とその単語の音からひらがなを学ぶ方法です!

一体どういう事なのか、実際に見ていただきましょう。

ひらがなの覚え方

こちらのサイトを見てください。

あ~んのひらがなを、それぞれのひらがなの形に似た絵を使い、絵の単語の発音からひらがなの音まで覚えられる方法です。

例えば、「あ」の場合。

絵ではアンテナが使われています。

「あと言う字は屋根の上のアンテナに似ている。

antennaの”あ”」

という事が「ん」という文字まで続いています。

かなり覚えやすいのではないでしょうか?

・ひらがなの成り立ちのような物を学べる

漢字には成り立ちがありますよね。

ひらがなにも厳密に言うとあるのですが、漢字が基となっているものが多いですよね。

外国人の方にはかなり難しい成りたちだと思います。

それをこのように、身近な物を成り立ちとして学ぶことができます。

しかも音も一緒に学べるので、かなり有効的な方法だと言えますね。

・成りたちはお話のようなもの

成り立ちというのは、ある意味で物語のようなものです。

記憶をする時に、物語を思い浮かべながら記憶すると、意外とうまく覚えてしまいます。

先ほどのページをそのまま覚えるのもいいですが、ちょっとストーリーを膨らませてみるのもおすすめです。

インパクトがある方が、実は覚えやすくなるんです。

まずひらがなの最初のとっかかりとして、このページを使ってひらがなを覚えてみるといいと思います。

ドリルなども活用しよう!

ひらがなにある程度なじんできたら、子供向けのドリルなども活用しましょう!

外国人の子供用に、ひらがなドリルというものがあります。

読み方もひらがなで書かれていることが多く、読む練習としてもひらがな勉強中の方にはかなり有効的な勉強法です!

単語なども一緒に教えてくれる物もありますが、そういった物は今まで練習した文字を使って単語を作っているのでかなり優しいと思います。

もちろん小さな子供むけなので、社会人の大人の方には適さないこともあるようなのですが、練習をするにはぴったりです。

・日本の子供向け教材を使う手もあります

一番適しているのは、外国人の子供向けひらがなドリルですが、日本人の子供用ひらがなドリルでも問題はありません。

少し文字が大きめで、社会人の方には適さない部分も多いと思うのですが、あなたが一度見て使えそうだと思ったら使ってみましょう。

好きなキャラクターの物などを使うのもおすすめです。

あなたに合った物を使うのが大切ですよ!

アプリを使おう!

もしドリルをやる時間がないという方には、スマホのアプリでひらがなを学ぶことができるものがあります。

隙間時間に、ゲーム感覚で学ぶことができますよ!

特に初心者の方は、こういった方法の方が興味を持ちやすいかもしれませんね。

いくつかありますので、そのうちの一部を掲載しているページをご紹介しましょう。

外国人向けひらがな・カタカナ学習 アプリランキング

ひらがなと一緒に、カタカナや数字を覚えることができる物も多いようです。

あなたがどんなものを学びたいのかによって、うまく使い分けてみてくださいね。

【スポンサードリンク】

ひらがなを覚えるのは怖くない!

今いろんな方法でひらがなを覚える方法があります。

暗記が得意な方は丸暗記するのもいいですが、そうでない方は是非ご紹介した方法で覚えてみてください。

楽しく日本語を学んでくださいね!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ