ホットカーラーの使い方を知ってる?ボブヘアさん向けの使い方!

髪の毛をカールさせるヘアアイテムと言えば、ヘアアイロンですよね。

あっという間に、しかも簡単にできてしまうので、使っている方も多いと思います。

でもヘアアイロンをする時間がない!という方や、なんだか怖いという方もいるかもしれませんね。

そんな方におすすめなのはホットカーラー!

ホットカーラーは朝の時間も効率的な使い方ができるおすすめのアイテムです。

ロングヘアの方はもちろん、ボブヘアの方でも使えますよ。

でもボブヘアでホットカーラーとは、一体どう使えば良いのでしょうか?

そこで今回は、ボブヘアさん向けのホットカーラーの使い方をご紹介します!

ぜひ今回の使い方を参考にして、朝の時間も効率的に使うようにしましょう!

【スポンサードリンク】

ホットカーラーの使い方~守ってほしいポイント~

ではまず最初に、ホットカーラーを使う時のポイントをご紹介しましょう!

実際に巻いて行く前の注意事項なので、ぜひ目を通してくださいね。

髪の毛はよく乾かしておく

なんとなく、水に濡れた状態で行う方が良い気もしますが、実際は濡れた髪に行うのはNG。

ホットカーラーはアイロンほどではありませんが、温かいヘアアイテムです。

これを濡れた状態の髪に当てると、必要以上に髪の水分を奪ってしまい、ヘアダメージが強くなります。

またちょっと意外かもしれませんが、意外とカールもうまく出なくなるんです。

髪の毛はよく乾かしてから行いましょう。

ケアアイテムはドライヤー前に!

髪の毛が痛むのが気になる方は、ホットカーラーを巻く前にヘアミストなどのケアアイテムを使う事をお勧めします。

こうすることで、髪のパサつきを防いだり、痛みを軽減したりしてくれます。

ただ、ヘアアイテムで髪の毛が湿ったままの状態でホットカーラーを行うのはNG。

ケアアイテムは使った後必ずドライヤーをかけてください。

髪の毛を梳かしましょう

髪の毛がぼさぼさのままホットカーラーを使うと、まとまりのないヘアスタイルとなります。

特にボブヘアの方は髪の毛がロングの方よりも跳ねやすいので、より注意が必要と言えるかもしれません。

必ずくしで綺麗に梳かしてから行いましょう。

ホットカーラーを行う前に、この3つの点に注意してくださいね!

【スポンサードリンク】

ホットカーラーをボブヘアで使おう!

それでは実際に、ボブヘアさんにおすすめの巻き方をご紹介しましょう!

分かりやすいように動画をご紹介しますので、目を通してみてください。

ホットカーラー 内巻きボブ編②

まずはきれいな内巻きボブができる方法をご紹介しましょう!

一番簡単とも言えるかもしれませんね。

大きめのカーラーで巻いていきますので、初心者さんでもやりやすいと思います。

難しい場合、最初のうちは家族や友達に手伝ってもらうのも手です。

UNIX セルフスタイリング「ボブ×カーラー」

こちらはもう少し無造作な雰囲気の巻き方です。

いつもの内巻きボブは飽きたという方にもおすすめですよ!

一見難しそうですが、しっかりと解説してくれているので、見ながらチャレンジしてみてください。

どうしてもうまくできない時は

髪の毛をヘアゴムで結んで巻いて行く方法があります。

こうすることで、後ろの髪にもうまくカーラーをつけることができますよ!

ホットカーラーの後でしておきたいこと

それでは最後に、ホットカーラーを行った後でしておきたいことをご紹介しましょう!

仕上げに冷たい風を

ホットカーラーを外す前に、冷たい風をドライヤーで当てましょう。

このほうがより強くカールを残すことができるので、おススメですよ!

カールが足りない場合は巻きなおしを

巻き方や髪質によっては、一部カールが出にくいこともあります。

そんな時はもう一度巻きなおしましょう。

どの部分がカールが出にくいのかが分かると、今後巻き方対策を考えることもできますよ!

スプレーもお忘れなく

しっかりとカールを長持ちさせるには、スプレーをふっておくことも大切です。

この時大切なのは、20cmほど離してスプレーすること。

近距離だと髪の毛が重くなり、逆にカールが取れやすくなりますよ。

ボブでもホットカーラーは使える!

ボブヘアでもホットカーラーは優秀なヘアアイテムの一つです。

髪を傷めたくない方、ヘアアイロンが怖いという方は特におススメですよ。

ぜひボブヘアのあなたも、ホットカーラーを試してみてくださいね!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ