ひらがなの覚え方ってどうすればいい?3歳児におすすめの覚え方!

3歳になると、そろそろお子さんにひらがなを覚えさせようか考えているご両親も多いのではないでしょうか?

周りのお子さんはどんどんとひらがなを覚えていて、焦っているという方もいるかもしれません。

でも、なかなかひらがなを覚えられないというお子さんも多いと思います。

そんな時、どんな覚え方なら3歳児でも身に付くのでしょうか?

そこで今回は、3歳児のお子さんにおすすめの、ひらがなの覚え方をご紹介しましょう!

一体どんな覚え方がいいのでしょうか?

お悩みの方は、ぜひ参考にしてください!

【スポンサードリンク】

ひらがなの覚え方、3歳児におすすめの方法!

それでは早速、3歳児におすすめのひらがなの覚え方をご紹介しましょう!

一体どんな方法がいいのでしょうか?

文字に興味を持ってもらいましょう!

3歳と言えば、まだまだ小さいです。

いきなりお母さんと一緒にお勉強というのは、少し早いかと思います。

まずは「文字」というものに興味を持ってもらいましょう!

・ポスターやひらがな表を活用しよう!

例えば、お風呂にひらがなの表を貼ってみたり、好きなアニメなどのポスターをお部屋に貼ったりしましょう!

ポスターを選ぶコツは、ひらがなが書いてある物を選ぶことです。

お子さんが興味を持ったら「○○って書いてあるね!」とさりげなく教えてあげましょう。

そこで興味を持ったら、文字を指さして教えてあげます。

とはいっても根気強く教える必要はありません。

簡単に教えるだけで十分です。

興味を持ったら、本人が何度も聞いてくるはずですよ。

・絵本なども活用しよう!

文字を理解できない小さなお子さんは、文字も「絵」として認識していることが多いようです。

ですので、本を一緒に見ながら読んでいると文字を指さして「これは何?」と聞いてくることがあるかもしれません。

そういった時は文字という物を教えてあげましょう!

特に本を読むのが好きなお子さんは、積極的聞いてくるかもしれませんので、しっかり教えてあげましょう。

文字に興味を持ったら、更に興味を引こう!

文字に興味を持ったら、好きな番組のセリフなどを書いてはってあげると、興味を持つかもしれませんね!

キャラクターの名前でもいいですよ!

お子さんは、興味を持つと楽しみながらそれを学ぶことができます!

是非そういった面を活かしてあげてください。

音節を覚えよう!

お子さんによっては「りんご」という単語を見た時「り」という文字を見ただけでりんごと言ってしまうお子さんがいます。

これは「り」という文字を「りんご」と読むと勘違いしているお子さんです。

もしそういったことになったら、手を叩きながら音を教えてあげましょう!

手を叩きながら、リズムに合わせて「りんご」を教えると、覚えやすくなるそうですよ。

ひらがなを知らないと、文字一つで音が一つという事を理解できません。

手を叩きながら教えることでそれが理解できるようになるんだそうです!

勘違いしていないお子さんでも、初めて文字を教える時はぜひ取り入れてみてください。

怒らず褒めること

大切な事は怒らないこと。

何度同じことを聞いてきても、優しく教えてあげる事です。

もしそこで怒ってしまうと、勉強そのものが嫌いになることもあります。

一生懸命文字を覚えようとしている時は、優しく教えてあげてください。

そして上手に読めたらたくさん褒めてあげてください!

【スポンサードリンク】

お子さんにはペースがあります

ひらがなの覚え方をご紹介しましたが、そもそも文字に興味を持つかどうかはお子さんによってまちまちです。

例えば、読書が好きなお子さんなら、早い段階で文字に興味を持ち、あっという間に覚えてしまうと思います。

ただ3歳程度のお子さんなら、文字に興味がないことも多いですし、読めなくても全く問題ありません。

強制が一番ダメ

一番ダメなのは、ご両親が焦ってひらがなの勉強を強制することです。

これをしてしまうと、勉強が一気に嫌いになってしまいます。

まだ3歳なので、興味を持ったら教えるというレベルで問題ありません。

逆に言えば3歳でひらがなが読めなくても、心配することはありませんよ!

周りからなんと言われようと、問題ありませんので焦らずやっていきましょう!

楽しくひらがなを教えてあげよう!

最初の勉強とも言えるひらがなの勉強。

でも3歳時には楽しんでもらう事が一番です!

興味があることを活かして、ぜひ楽しくひらがなを教えてあげてくださいね!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ