肌に良い飲み物、悪い飲み物について知りたい!

毎日しっかりとスキンケアをしているのに、なんだかお肌の調子が悪い、そんな方はいらっしゃいませんか?

そんな方はもしかしたら、お肌に悪い飲み物を飲んでいるのかもしれません!

食べ物はわかるけれど、飲み物でも肌に良い飲み物、悪い飲み物があるのかと不思議な方も多いかもしれませんね。

良い飲み物はサッと手軽に飲むことができて手軽ですし、肌に悪い飲み物はスキンケアをしても体の中から肌をぼろぼろにしているかもしれません。

そこで今回は、そんな肌に良い飲み物と、悪い飲み物についてご紹介しましょう!

ぜひお肌に悩んでいる方は、目を通してみてくださいね。

【スポンサードリンク】

肌に良い飲み物って?

それではまず、肌に良いとされる飲み物からご紹介しましょう!

一体どんなものがおすすめなのでしょう?

白湯

一番手軽なのが白湯ですね。

ミネラルウォーターなどでもいいのですが、白湯の方が効果が高くなります。

白湯は50度程度のお湯になりますので、体を温め代謝を上げる手助けをしてくれます。

血行も良くなり、特に乾燥肌の方の対策として高い効果を発揮してくれるはずです!

作り方は、お湯を沸騰させて50度程度になるまで冷ますだけです。

外で飲むのはなかなか難しいかもしれませんが、水筒等で持ち歩いてみてはいかがでしょう?

もしそれが難しいようなら、常温のミネラルウォーターを飲みましょう!

水を飲むことは乾燥肌対策において、新陳代謝を上げてくれるとても基本的な美肌対策の一つなんです。

はと麦茶

お茶の中でもおすすめなのが、はと麦茶です。

はと麦茶には「ビタミンB群」や「ナイアシン」と言った肌の栄養となる成分が含まれています!

ミネラルもとても豊富で、お肌の水分量も増やしてくれますよ。

美肌効果が期待できるタンパク質、むくみにも効くカリウムも含まれています!

また、利尿作用があるので、悪いものを外へ出してくれる効果もあります。

ダイエット中にも飲みたい飲み物ですよね!

ルイボスティー

こちらはしみやしわと言ったお肌の悩みにお困りの方に最適です!

体は酸化していくことで老化していくのですが、このルイボスティーにはそれを防ぐ役割があります。

酸化するのは「活性酵素」と呼ばれる物質のせいなのですが、これを除去するSOD酵素と呼ばれる物質がルイボスティーには含まれます。

ですので老化防止にかなり高い効果がある飲み物だと言えますよね!

また利尿作用もあり、体の余分なものを外へ出すデトックス効果も期待できます。

ビタミンやミネラルもとても豊富で、お肌に良い飲み物だと言えますよね。

【スポンサードリンク】

肌に悪い飲み物って?

それでは、肌に悪い飲み物ってどんなものなんでしょう?

冷たい飲み物

なんといっても冷たい飲み物は肌によくありません。

先ほどご紹介した飲み物も、冷やしてしまう事で効果は半減してしまいます。

夏などに熱中症対策として、冷たい飲み物を飲むのが大切なこともありますが、飲み過ぎは例え夏でもNG。

体を冷やし代謝や血行が悪くなると、肌によくありません。

また内臓が冷えることで、内臓が弱ってしまいますので冷たい飲み物はほどほどにしておきましょう。

アルコール

アルコールは飲み物なのですが、体の水分を奪ってしまう飲み物です。

お酒を飲んでいるのに喉が渇いていることがありますよね、あれはアルコールが水分を奪うからです。

このことによって肌が乾燥し、毛穴が開いたりしわやたるみの原因に。

そして体の酸化を防いでくれるビタミンC等の活動を妨げ、酸化が進んでしまいます。

お酒はほどほどにしておきましょう。

カフェイン

カフェインは先ほどもご紹介した、体の酸化を防ぐビタミンCを破壊してしまう働きがあります。

そうなると毛穴やしわやたるみの原因になりますよ。

またカフェインには利尿作用もあるのですが、こちらは肌に大切なミネラルも一緒に排出してしまいます。

先ほどご紹介したはと麦茶やルイボスティーは、お茶ではありますがカフェインが含まれません。

こういった物を飲むようにしてください。

どうしてもコーヒーが飲みたい場合は、デカフェなどカフェインが入っていないものを選ぶといいですね!

お肌のために、飲み物には気をつけよう!

肌に良い飲み物、悪い飲み物についてわかっていただけたでしょうか?

ただ悪い飲み物でも好きなものは、ずっと我慢するというのは難しいかもしれません。

量を減らすなどして、うまく付き合っていくように頑張ってみてくださいね!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ