グラタンが余ったら、どうしたらいい?冷凍保存する方法!

お子さんだけでなく、大人の方にも大人気の料理といえば、グラタン!

比較手軽にできますし、料理を作っている方にとってもうれしい料理ですよね。

でもつい多く作りすぎて、余ってしまうことはありませんか?

一日程度なら置いておけても、それ以上となると衛生的な面からみても心配ですよね。

そんな時におすすめなのは、グラタンを冷凍保存してしまうことです!

熱いグラタンを冷凍する方法は一見すると難しそうですが、意外と簡単に冷凍保存をすることができるんです。

では、その方法とは一体どんな方法なのでしょうか?

そこで今回は、余ったグラタンを冷凍保存する方法についてご紹介しましょう!

是非参考にして、グラタンが余った時は試してみてくださいね!

【スポンサードリンク】

グラタンを冷凍保存する方法は?

それでは早速、グラタンを冷凍保存する方法についてご紹介しましょう!

グラタンをオーブンなどで焼く前と後では、少し保存方法に違いがありますので、それぞれの方法についてご紹介しましょう!

必要なもの

方法こそ異なりますが、基本的に必要なものは同じです。

・耐熱容器(オーブンやトースター対応の物)

・ラップ

・フリーザーバッグ

グラタンを焼く前に保存する方法

ではまず最初に、グラタンを焼く前に保存する方法からです。

<冷凍方法>

1、グラタンが温かい場合は、粗熱をしっかりと取ります。

この時、ジャガイモが入っている場合はつぶしておきましょう。

2、耐熱容器にグラタンを入れ、必要に応じてチーズなどを入れておきます。

この時、できるだけ薄く平らになるように入れましょう。

3、容器ごとしっかりとグラタンをラップで包みましょう。

できるだけ空気を抜いて包むのがコツです。

4、さらにフリーザーバッグへ入れ、空気をしっかりと抜いて封をします。

5、そのまま冷凍庫へ入れればOKです!

とても簡単だと思います。

実は耐熱容器に入れなくても冷凍することはできるのですが、解凍するときに面倒なので容器へ入れて冷凍することをお勧めします。

<ポイント>

この時のポイントは主に3つあります。

・触感が変わることがあります

グラタンに入っているマカロニや、入れている方も多いジャガイモは、冷凍することで触感が変わります。

マカロニはどうしようもないのですが、ジャガイモはつぶしてしまうことで対応できます。

それでも触感が変わってしまうことは覚えておきたいですね。

・耐熱容器に薄く平らに入れる

食材はできるだけ早く冷凍することがおいしく冷凍保存するコツです。

そのためできるだけ薄く、平らに入れて冷凍しやすくしておきましょう。

・空気に触れさせない

グラタンに多く使われるホワイトクリームは、においを吸収しやすい性質があります。

特に冷凍庫は、食材ににおいが移りやすい場所でもあります。

せっかくのグラタンに冷凍庫のにおいが移っていると嫌ですよね。

フリーザーバッグへ空気を抜きながら入れることで、においがつきやすいホワイトクリームのにおい移りを防ぐことができます。

ラップに包むときも、空気を入れないようにして包むとより安心です。

焼いた後のグラタンの保存法

焼いてしまった後のグラタンは、より簡単に保存することができます。

<冷凍方法>

1、グラタンの粗熱を取りましょう。

2、グラタンは耐熱容器に入っていると思いますので、そのままラップで包みましょう。

この時も空気に触れさせないように気を付けてくださいね。

3、さらに空気を抜きながらフリーザーバッグへ入れておきましょう。

この後冷凍庫へ入れれば冷凍完了です!

保存期間

冷凍グラタンの保存できる期間は長くて1か月ほどです。

入っているものによっては2週間ほどとなりますので、できるだけ2週間で食べてしまうのが理想ですね。

【スポンサードリンク】

解凍方法は?

グラタンは解凍方法も簡単です!

解凍方法

フリーザーバッグからだし、ラップを外したらそのまま焼くだけです。

もし耐熱容器に入れていない場合は、自然解凍させてから耐熱容器へ入れ、焦げないように焼きましょう。

うまく焼けない場合は

外は焦げているのに中まで火が通っていないということがあると思います。

そんな時はアルミホイルで蓋をしましょう。

もしくは、電子レンジで温めてから焼くのもおすすめです!

グラタンが余ったら、おいしく冷凍保存しよう!

グラタンは意外と簡単に冷凍保存することができます。

解凍方法も簡単なので、ぜひ取り入れてくださいね!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ