外反母趾の専門病院はある?何科を受診すれば良いか知りたい!

外反母趾とは、足の親指(母趾)が足の小指側に曲がり変形していくものです。

足の親指の付け根がくの字に曲がり、関節部分に痛みを伴うこともあります。

もしも外反母趾になってしまった場合は、できるだけ初期の段階で対処をしたいものです。

早い段階で病院にかかり、まずは症状の進行を食い止めなければなりません。

でも、いざ病院へ行くとなると、何科を受診するのか迷いますね。

最近は頭痛外来のように、特定の症状に対しての専門外来がある病院も見られるようになってきましたが、外反母趾の専門病院や専門外来はあるのでしょうか。

もしそのような専門病院にかかれない場合は、病院の何科を受診するのが適切でしょうか。

外反母趾の場合の専門病院や、何科を受診するべきかを見ていきましょう。

【スポンサードリンク】

外反母趾の専門病院はある?

病院によっては、外反母趾の専門の外来があるところもあるようです。

このような専門の外来は、外反母趾の治療の経験が豊富な医師が担当しています。

日本ではまだ欧米に比べて外反母趾の手術は少ないようですが、この外反母趾外来では手術の件数も多くされています。

そして、手術後のリハビリなどは理学療法士の指導のもと、その手順に従って行われます。

外反母趾がかなり進んでいて手術を検討している場合は、このような医療機関を受診することも一つの方法です。

【スポンサードリンク】

外反母趾は整形外科で

外反母趾の専門病院は、残念ながらどこにでもあるわけではありません。

では、専門の外来がない場合は何科を受診すれば良いのでしょうか。

外反母趾の疑いがある場合は、基本的には整形外科を受診します。

整形外科ならどの地域でもありますね。

整形外科では触診及びレントゲン撮影での検査を行います。

そこで骨の状態を見て、外反母趾の程度がどのくらいであるかを診断します。

外反母趾には原因によって関節の変形の仕方が様々ですので、原因により治療法を決めていきます。

中にはサポーターによる矯正とマッサージにより改善するものもありますし、程度によっては手術を行うことになります。

病院ではテーピングの方法やマッサージ、ストレッチの指導が受けられます。

また、靴の相談や歩き方の矯正も行われます。

整骨院での治療は?

整骨院では問題がある足の箇所を触診し、主にマッサージやサポーターを使用した処置を行います。

テーピングの巻き方やサポーターの使い方などを指導してもらい、手術に頼らない治療をしていきます。

整骨院では足の問題がある箇所だけではなく、体全体の歪みや凝りの治療が可能です。

体全体のバランスを整えることで、足にかかる負担を軽減し、症状を緩和させることができます。

このような治療ですので一度で改善は難しいのですが、複数回通い徐々に身体を整えることで効果が期待できるでしょう。

ただし、整骨院の場合は病院とは違い、レントゲン撮影や医師による診断を受けるということはありません。

骨の異常があるかどうかを正確に判断してもらうには、整形外科にかかる必要があります。

気になる場合は病院へ

外反母趾では足の骨に変形が見られることがあります。

自己判断はしないで、まずは整形外科、可能であれば外反母趾の専門外来がある病院にかかりましょう。

そして、外反母趾の原因になっていることを見つけ出し、それを取り除くように普段の生活を見直していきましょう。

原因をそのままにしておくと、たとえ治療や施術をしても再発することもあります。

早くに治療を始めれば、外反母趾の進行を食い止めることができます。

気になる場合は、まずは病院で相談してみましょう。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ