ファーストピアス、どのくらいの期間で外せばいいか知りたい!

今や珍しくなくなったピアス。

イヤリングとは違い、ピアスならではのデザインのものが多く、人気を集めています。

そんなピアスを始める時につけるものと言えば、ファーストピアス!

ピアスの穴を作るとても大切なピアスで、つけておく期間もある程度決まっています。

でもそんなファーストピアスをつけておく期間について、あなたはご存知ですか?

適当でいいと自己判断で行うと、きちんと穴を作ることができず、大変な事に。

そこで今回は、とっても大切なファーストピアスをつけておく期間についてご紹介します!

これからピアスを開けようと考えている方は、参考にしてくださいね。

【スポンサードリンク】

あなたは知ってた?ファーストピアスをつけておく期間について!

それでは早速、ファーストピアスをつけておく期間についてご紹介しましょう!

これを守らないと、ピアスの穴がうまくできませんので、守ってくださいね。

一般的には三カ月程度

基本的に、ファーストピアスをつけておく期間は三カ月程度だと言われています。

ただし、全員が全員そうかというとそう言うわけではありません。

ピアスの穴をあけるというのは、耳に傷をつけるという事です。

傷が付くと自然治癒で治っていきますが、そこにピアスを通すことで、穴が開いた状態で皮膚が修復されていきます。

この修復している期間がファーストピアスを入れていなければいけない時間だという事です。

修復は人によってかかる日数はまちまちです。

三カ月より早く修復する人もいれば、三カ月よりも遅い人もいます。

その平均をとると大体三カ月ほどだ、という事ですね。

ですので、これほど長い間ピアスをつけることはできないという方は、ピアスをあけることはできません。

穴ができたかどうか、確認する方法は?

基本的には動かして確認するのが一番です。

動かすのは三カ月ほどたってから行ってみましょう。

この時確認したいポイントは3つです。

・スムーズに動くがどうか。

・痛みはないか。

・黄色い汁や血は出ていないか。

こういったことを確認しながら動かしてみてください。

もしすべてクリアすればピアスホールは完成していますよ!

逆に言うとひとつでも当てはまれば、まだピアスホールは完成していませんのでもう少し待ってください。

また、動かす前に

・血や黄色い汁が出ている

・化膿して腫れている

・痛みがある

という場合はピアスを動かさないでください。

あまり痛みが長引いているようなら、病院へ行くようにしてくださいね!

日々のお手入れも大切です

たま、もう一つ大切なのが日々のお手入れ。

そのままにしておくと垢が貯まり非常に不衛生です。

ホールは傷口ですので、清潔にするよう心がけましょう。

・石鹸で優しく洗うだけ!

お手入れは難しくありません。

石鹸で優しく洗うだけですので、顔を洗ったついでに耳も洗うようにしましょう。

洗ったらしっかりとシャワーで洗い流し、石鹸が残らないようにしてください!

これは穴が安定した後でも大切な事ですので、習慣にしてしまいましょう。

期間中にピアスが取れてしまったら?

万が一、ファーストピアスが取れてしまったらどうすればよいのでしょう?

その場合はすぐにファーストピアスをつけ直す必要があります。

とはいえピアスはつけはずしするとホールが傷つきます。

ファーストピアスは太いものが多いので、特に注意が必要です。

では一体どうすればよいのでしょう?

・つけ直す方法

まずは指を湿らせてホールを揉みほぐしましょう。

その後ホールを広げてピアスを入れます。

1人でやりにくい場合は、ピアスをしている方に入れてもらいましょう。

・医師に相談する

心配な場合は医師に相談するのもおすすめです。

まずは皮膚科やホールを開けてくれた病院へ問い合わせてみましょう。

もしピアスをなくしてしまったのなら、その旨も伝えてくださいね。

なんとかしてくれるようなら、ファーストピアスを持って皮膚科へ行ってみてください。

ピアスホールは、早い方は一日あると閉じるという方もいます。

外れたらすぐに対処することが大切です。

【スポンサードリンク】

ファーストピアスは期間を守ってつけるようにしましょう!

ファーストピアスはピアスをつけるための第一歩!

時間はかかりますがココをしっかりと待つことで安心してピアスをつけることができるようになります。

「待てない!」と早まらず、しっかりと期間を守ってファーストピアスをつけてくださいね!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ