クッキングシートの代用は、アルミホイルでもOKか知りたい!

いざ焼き菓子を作ろうと思ったら、クッキングシートを切らしてしまっていたことはありませんか?

それでも、アルミホイルがあったら代用できそうですよね。

でもクッキングシートの代わりに本当にアルミホイルで代用しても大丈夫でしょうか?

その場合は、どのようなことに注意をすれば良いか、押さえておきたいですね。

アルミホイルで代用が向かないこともあるかもしれません。

クッキングシートの代用にアルミホイルが使えるかどうか、使う場合の注意点をまとめてみました。

【スポンサードリンク】

クッキングシートとは

クッキングシートは焼き菓子を作る時に天板や型に敷く紙のことです。

クッキングシートを使うと、天板や型から取り出しやすくなります。

油脂や水にも強いので、オーブン料理以外にも使うことができます。

例えば、落とし蓋や電子レンジを使った料理、蒸し物にも使うことが可能です。

熱には強いのですが、250度を超える高音や直火に当たる場合は燃えてしまうことがあるので注意が必要です。

加熱に気をつければ、クッキングシートは幅広い調理法に利用できとても便利ですね。

【スポンサードリンク】

アルミホイルで代用できる場合

クッキングシートを切らしてしまった時に、アルミホイルでも代用ができる場合があります。

例えばオーブン料理で、天板に敷いたりするのは問題なくできます。

アルミホイルそのままですとくっ付きやすいのが難点です。

くっ付かないようにするのであれば、表面にサラダオイルなどを塗っておくと良いでしょう。

クッキーを焼く場合は、この方法で問題なく作れます。

使い終わったら捨てるだけなので、後片付けが楽ですね。

型に敷きこむ場合も同様に、油を塗ってから使いましょう。

しかし、それでも焼き上がりに生地が少しくっ付くのが気になるかもしれません。

それからアルミホイルの方が熱が伝わりやすいので、温度と焼き時間には少し気をつけた方が良いようです。

オーブン料理以外では、アルミホイルで落とし蓋をすることも可能です。

アルミホイルの良いところは、簡単に折り曲げて形を変えることができることです。

アルミホイルが使えない場合とは

アルミホイルを使ってはいけないのは、電子レンジを使う場合です。

火が出て大変危険なので、電子レンジに入れる時にはアルミホイルを外す必要があります。

それから、代用はできるけれどもアルミホイル以外の方が仕上がりが良いのは、ロールケーキの敷き紙です。

アルミホイルに油を塗ってもくっ付く場合があり、コピー用を敷き紙にした方がこの場合はきれいに作れます。

ケーキの型の敷き紙も同様に、コピー用紙の方がおすすめです。

アルミホイルで代用をする時の注意

アルミホイルは何かと便利ですし、常備している方も多いのではと思います。

しかしクッキングシートのように、様々な調理方法には対応していません。

先ほども触れましたが電子レンジを使うのは厳禁ですので、調理法方で電子レンジの加熱がある場合は必ず外してください。

便利なクッキングシートを切らしてしまっても、アルミホイルである程度は代用が可能です。

焼き菓子などは、加熱温度と時間に気をつけましょうね。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ