意外と知らない?英語での名前の書き方をご紹介します!

今や常識となった英語での名前の書き方。

今や知らない方はいないのではないのでしょうか?

ただ、この英語の名前の書き方、実は意外と知られていないことがあるってご存知でしょうか。

もちろん、今までの書き方が間違っているわけではありません。

では一体どういう事なのでしょう?

そこで今回は、意外と知られていない英語での名前の書き方をご紹介します。

きっとこれを知っていればより英語に強くなること間違いなしですよ!

【スポンサードリンク】

あなたは知ってた?英語での名前の書き方

それでは早速英語での名前の書き方をご紹介しましょう。

まずは皆さんご存知の基本的な書き方からご紹介しましょう。

基本的な英語の名前の書き方

・苗字も名前も最初の文字は大文字

とても基本的な事ですが、基本的に苗字と名前の最初の文字は大文字で書きましょう。

これが名前の最初、名字の最初だという事が分かりやすくなります。

あまり気にしないという方もいるかもしれませんが、すでに友達であるならともかく、初対面の方へは最初は大文字表記をするようにしましょう。

場合によっては失礼だと思われることもあるかもしれませんよ。

・名前は基本的に名前が先

ご存知の方も多いと思いますが英語表記にした場合、名前は名前→名字の順で書きます。

英語の文章でもそうですが、大切なことを最初に持ってくるのが英語です。

「どこの家の人」という事を表す名字ではなく、「誰なのか」と言った個人を表す名前を最初に持ってくるのは英語らしいかもしれませんね。

特に公的な書類(パスポートやクレジットカード等)では、必ず名前を先に持ってくるようにしましょう。

日本人は違和感を感じるかもしれませんが、余計なトラブルを引き起こす場合もありますので間違えないようにしてくださいね。

以上がとても基本的な英語での名前の書き方です。

ただ、これ以外の例外も実はあるんです。

一体どういう事でしょう?

アジア圏以外でも場合によっては名字→名前になることも

ちょっと意外かもしれませんが、場合によっては欧米の方の場合でも名字→名前で書く場合があります。

一般的に見ることは少ないかもしれませんが、学術書等の文献表記では名字から書く場合もあるようです。

それどころか名字よりも大事なイメージの名前を、イニシャルだけで記入することもあるのだとか。

ちょっと意外かもしれませんね。

最近は名字を先に書くのも認められつつあるようです

英語表記では名前→名字の順番が一般的です。

ただ最近では文化を尊重するといった観点から、母国の順番通り名字→名前の順で字書かれると言った場合もあるようです。

現在すでに、アジア各国の主席や大統領の名前は名字から始まる場合が多いようですよ。

また、もう一つ例外として歴史上の人物に関しては、名字から始まることも多いようです。

時々歴史上の人物は、英語でも日本と同じ名字から始まる紹介のされ方をしていることもあるかと思いますが、これは間違いではありません。

こういった文化を尊重する風習から、そのように紹介されていることが多いという事のようですね。

誤認には注意してください

ただし、名字から名前を描く場合は誤認に注意が必要です。

まだまだ日本人の名前は名前→名字で書く方が一般的ですので、名前と名字の区別がつかない方の為にも、誤認を防ぐ努力は必要です。

・カンマをつけましょう

誤認を防ぐ方法の一つに、カンマをつける方法があります。

Yamada,Tarou

といった風にカンマをつけることで、前後が逆であると示すことができます。

更に名字を全て大文字にするのもおすすめです。

・口頭では説明が必要かも

上記のカンマは学術論文等でも使われている方法で、書く分であれば上記でも問題ないかと思います。

ただ、相手がこういったカンマを使った書き方を知らない場合や、口頭で説明する場合はYamadaが名字であることを説明する必要がありそうです。

もしこういったことがめんどくさいと思うようであれば、名前→名字で名乗っておくのが良いかと思います。

また先ほどもご紹介したように、公的な書類にはトラブル防止のため、名前から書くようにしましょう。

【スポンサードリンク】

あなたが好きなように名前を書いてみてください!

段々とアジアでも変わってきた英語での名前の書き方。

とはいえまだまだ名字→名前で書くのは、日本では一般的と言えません。

場面をうまく見極めながら、名前を書き分けてみるのも良いかもしれませんね!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ