敬老の日を外国の方にどう説明すればいい?英語で話すヒントをご紹介!

長年頑張ってきたおじいちゃん、おばあちゃんを敬う日、それが敬老の日です。

同時に長生きを願う日でもありますよね!

でもそんな敬老に日、実は日本だけの行事って知っていましたか?

他の国では似たようなものはあるものの、敬老の日と全く同じ日はありません。

では外国の方に敬老の日を説明するとなると、どんな英語で話せばいいのでしょう?

また外国の敬老の日に当たる日はどんな日なのでしょう?

今回はそんな敬老の日を英語で説明するためのヒントと、日本と他の国の敬老の日についてご紹介します!

【スポンサードリンク】

敬老の日をどう教える?英語で説明するためのヒント!

それではまず、敬老の日を英語で説明するためのヒントをご紹介しましょう!

簡単な単語をご紹介しますので、参考にしてくださいね。

敬老の日

Respect for the Aged Day

英語で敬老の日というとこうなります。

単語一つではないのでちょっと難しいですよね。

ただ、これを覚えておかないと話になりませんので、ぜひ覚えておいてくださいね!

お年寄り

elderly citizens

お年寄りという単語も覚えておきたいですね。

こちらも単語一つではありませんのでちょっと覚えにくいかもしれません。

関連して「Grand father」や「Grand mother」、「Grand parents(祖父母)」という単語を覚えておくと、より分かりやすくなりますね。

また「old peaple(老人)」という単語もあります。

こちらを使っても良いですね。

敬う

Respect

尊敬するという意味でもありますが、敬うとも訳せます。

この後に「old people」等をつけると「老人を敬う」となりますので参考にしてください。

長生き

long life

敬老の日は長生きを願う日でもあります。

ですのでこの長生きという単語もぜひ覚えておきましょう。

第三月曜日

Third Monday

敬老の日は九月の第三月曜日にあります。

この単語も覚えておきましょう。

難しい単語ではないので覚えやすいかもしれませんね。

ちなみに九月は「September」です。

いかがでしょうか?

これらのことを覚えておけば、簡単ではありますが敬老の日について説明することができるはずです。

ぜひ参考にしてくださいね!

【スポンサードリンク】

日本と他の国では敬老の日はどう違う?

それでは具体的に説明するためにも、まずは日本の敬老の日について簡単に説明しましょう。

老人をいたわる為の日

日本で敬老の日の基となる「年よりの日」ができたのは1947年。

兵庫県の小さな村で、働きづめの老人たちをいたわる為の日として制定されたのが始まりです。

この年よりの日はこの後全国へ広がるのですが、「年より」という表現を嫌がる人が出てきたため「敬老の日」とされたと言われています。

このように小さな村から始まった日ですので、敬老の日というのは日本だけの祝日です。

お祝いの仕方

基本的に身近なお年寄りをいたわる日です。

肩をもんであげたり、マッサージしたり、プレゼントや手紙を渡したりといったことが多いようですね。

離れて暮らしている方は、この日に電話したり会いに行く等もお祝いの一つかもしれません。

小学校などではこの日に向けて、手紙や手作りのプレゼントを用意することも多いです。

ただ、お祝いの方法に正解はありません。

あなたが思う方法でお年寄りをいたわって、相手が喜んでくれればそれでいいのだと思います。

外国では?

先ほどもご説明したとおり、外国に敬老の日はありません。

ただ、アメリカに少し似通った日はあります。

アメリカには「ベテランズ・デー」と呼ばれる祝日があります。

これは退役軍人の為の日で、国のために戦った元軍人たちに感謝する日、とされています。

また戦争で亡くなった人を敬う日ともされています。

退役軍人の方はお年寄りの方が多いので、敬老の日と似ていますよね。

ただ「お年寄りみんなに感謝する日」ではないようです。

趣旨もかなり異なりますので、アメリカの敬老の日だ!とは言えないかもしれませんね。

また他の国では敬老の日にあたる祝日というのは、どうやらないようです。

こういった背景も頭に入れて説明すると、より理解してもらいやすいのではないでしょうか?

ヒントを基にして、敬老の日を説明しよう!

敬老の日に関連する単語や、日本と外国での敬老の日についてご紹介しました。

ぜひ今回のことを参考にして、わかりやすく説明してくださいね!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ