営業をするコツってある?話し方のコツを知れば内気な人でも大丈夫!

営業という仕事は、コミュニケーションがとても大切な仕事ですよね。

ただ頑張るだけではなく、話し方等人との接し方が重要なポイントとなります。

そういう事が得意な方ならいいのですが、内気な方でも営業をしているという方も多いはず。

頑張っているのになかなか結果が出ないという方は、話し方などの重要なコツを知らないからかもしれません。

でも内気な方が営業で使える話し方のコツとは一体どんなものなのでしょうか?

そこで今回は、内気な方にお勧めする、営業の仕事で使える話し方のコツについてご紹介しましょう!

是非なかなか成果が上がらないという方は参考にしてくださいね!

【スポンサードリンク】

営業のコツとは?話し方に注目しよう!~内気な方向け~

それでは早速、内気な方にお勧めする営業職での話し方についてご紹介しましょう!

一体どんなポイントを押さえて話せばいいのでしょうか?

相手の気持ちを察して話そう!

営業だという事を前面に押し出したトークは警戒されがちです。

もちろん営業なのである程度はそうなっても仕方がないのですが、警戒しているという気持ちを察したトークが必要です。

ポイントは一方的なトークになりすぎないことです。

まず話すことは必要最低限の情報で、その後は質問をしていくような形に変化していきましょう。

相手の求めているものが分かったら、それにどう答えることができるのかをしっかりと伝えましょう。

きちんと道筋が通っていて、本当に必要だと判断したら相手も「あなたから買おう」と思ってくれることも多いですよ!

・話し方も相手に合わせよう

営業をする時、相手に合わせた話のスピードやテンションを心がけましょう。

ここが余りに食い違うと、なかなか距離が埋まりません。

聞く営業を心がけましょう

営業は相手のニーズにどれだけ自社の商品やサービスが適しているのかを、知ってもらう事が重要です。

その為内気な方にお勧めするのが「聞く営業」です。

相手が求めていることや問題が一体どんなものなのか、知るための方法は話してもらうしかありません。

きちんと話すためにも、まずは聞くことがとても大切です。

・聞く姿勢はしっかりと

とはいってもただボーっと聞けばいいというわけではありません。

適度な相槌やリアクションを交えて聞きましょう。

表情などもうまく変えながら、話をしてください。

回数をこなそう!

上記のコツを知ったら、後は回数をこなすだけです。

いくらコツを知っていても、話すのが苦手な方は最初のうち、失敗することもあると思います。

ただ何度もやって行くうちに、うまくこのコツが生きてくるようになると思います。

それまで大変なこともあると思いますが、どこかでそれを発散できる場所を作っておくことも大切だと思います。

内気な性格を逆手にとって武器にしよう!

実は内気な方は営業成績が良いと言われています。

一体なぜなのでしょう?

内気な人は空気が読める人

内気な性格の方というのは、周りの状況をよく見ている方が多いです。

そしてそれは、「迷惑をかけない、怒られないようにする方法」を見つけるのがとても上手ということなんです。

更に相手の事を深く考えることができ、「相手の懐に入ることもうまい」という事にもつながります。

営業においてこのスキルというのはとても重要です。

警戒心を持たれやすいというデメリットをクリアすることができるからです。

・ご紹介したコツを取り入れやすい

上記でご紹介したコツは、どれも内気な方に向いている話し方です。

外交的な方はいかにこの商品が素晴らしいかという事をアピールしたいがために、一方的な説明になることがあります。

しかし内気な方は相手の気持ちを察するのが上手なので、相手の意見をこまめに聞きながら決して押しつけることのない営業をすることができます。

こういったことができる営業の方は、相手のニーズを聞き出すことにも長けているので、相手と深い関係を気づくことができるんです。

浅く広くと言った付き合いは苦手ですが、顧客を持つとかなりいい関係を築ける方が多いんです。

こういった内気な方の強みを生かして営業をしてみてください!

内気な方には内気な方にあった話し方がある

今回ご紹介したのは、内気な方の特徴を使った話し方のコツです。

外交的な方のコツとは違う事もあると思います。

ぜひ内気だという方は、ご紹介したコツを使って営業のお仕事をしてみてください!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ