お盆の休みを英語で説明するとしたら?どうすればいいのかを知りたい!

日本独特の行為とも言えるお盆休み。

日本人なら知っていますが、外国の方に英語でお盆休みのことを説明するとすると、ちょっと難しいかもしれませんね。

そこで今回は、英語でお盆休みについて紹介するヒントをご紹介します!

外国の友人がいるという場合は、ぜひ今回の記事を参考にして教えてあげてくださいね!

【スポンサードリンク】

お盆休みを英語で説明しよう!使える単語をご紹介!

それでは早速、お盆休みを英語で説明するためのヒントをご紹介しましょう!

お盆ってなんていうの?

そのそのお盆とは英語でなんというのでしょうか?

日本ならではの言葉は、少しわかりにくいかもしれませんね。

O-bonもしくはBon

これがお盆です。

そのままローマ字読みとなりますが、基本的にはこれで通じます。

休みはholidayを

お盆は先ほどのローマ字書きで良いのですが、「休み」を入れるとなると少し変わります。

the O-bon holiday

これが「お盆休み」です。

theと付くのが不思議ですが、欧米にない文化となりますので外来語として扱われるようです。

ですので単語の組み合わせではなく、theがつくのですね。

ただ、holidayとつくとかなり楽しい休日と言った雰囲気ですよね。

しかし実際はお盆というのはそもそも故人をお迎えし送り出す行為ですので、その意味もしっかりと教える必要があります。

お役立ち単語

それでは、お盆について説明する時に、役に立ちそうな単語もご紹介しましょう。

・宗教行事

religious rite

お盆は宗教行事ですので、覚えておくと分かりやすいですね。

・お墓参り

visiting grave

お盆にはお墓参りをしますので、これも覚えておきましょう。

お墓参りを「する」としたい場合はvisitingではなくvisitとなりますので注意してください。

・故人

the deceased

故人が帰ってくるといった表現にしたい時は、これを使ってください。

・霊

the spirit

故人ではなく、霊を使いたいのならこちらです。

ghostも使えなくはありませんが、こちらの方がおすすめです。

・先祖

a foretather

先祖という表現を使いたい時は、こちらを使いましょう。

・仏壇

family Buddhist altar

ちょっと意外かもしれませんが、仏壇はローマ字表記ではありません。

このように単語がありますので、この機会に覚えてみてはいかがでしょう?

・迎え火

welcome fire

こちらもちょっと意外な迎え火です。

意味を考えるとそのままなのですが、ローマ字ではありませんのご注意ください。

・送り火

ceremonial bonfire

こちらの送り火も、ローマ字表記ではありません。

また、迎え火よりも複雑な単語となっていますので、覚えておいてください。

・精霊送り

sending off the spirits of the dead

これで精霊送りという意味です。

ちょっと難しいかもしれませんね。

・帰省

come home

お盆には帰省する方も多いので、こういった単語も覚え置くと便利です。

【スポンサードリンク】

お盆休みを教える時のヒント

それでは最後に、外国の方へ英語で分かりやすくお盆休みについて教える時のヒントをご紹介しましょう。

お盆について

まずはお盆がどのようなものかを紹介しましょう。

上記の単語を使ってあまりはしゃぐような行事ではないことを説明してあげてください。

お休みの期間について

お盆休みの期間や、時期について説明しましょう。

カレンダー上の休みになっていることは少ないので、その点も教えてあげると親切です。

もし日本にいる外国の方であるなら渋滞や、交通機関の混雑などについても教えてあげると良いですね。

お盆期間中はどうしている期間なのか

お盆は帰省して家族や親せきと顔を合わせる大切な期間でもあります。

そのことも伝えておきたいですね。

ただ、そうしない人もいることも付け加えると親切です。

外国の行事と重ね合わせて

海外でお盆に似ていると言った行事にハロウィンがありますが、そう行ったことも交えて教えてあげると分かりやすいかもしれません。

ただ仮装はしませんので、その部分は説明しておきましょう。

正しい知識でお盆休みを説明しましょう!

自分の国にはない文化は、なかなか知らない物。

ですので外国の方には1から100まで説明する気持ちで、ぜひお盆休みについて英語で教えてあげてください!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ