ダイエットに良い食べ物、悪い食べ物について知りたい!

ダイエット中、食事制限をするという方は多いはず。

単純に量を減らす方も多いと思いますが、そのやり方ではストレスがたまることも多いですよね。

そんな方におすすめなのは、ダイエットに良い食べ物を食べること。

そうなると悪い食べ物も一緒に知っておきたいところですよね。

ダイエットに良い食べ物、悪い食べ物を知っておくことで、無理なく食事をとることができますよ!

そこで今回は、ダイエットに良い食べ物、悪い食べ物についてご紹介しましょう。

ぜひ目を通してくださいね!

【スポンサードリンク】

ダイエットに良い食べ物って?

それではまず、ダイエットに良い食べ物についてご紹介しましょう!

定番のものたちですが、ダイエットにはぜひ取り入れたい食品です。

ブロッコリー

まずご紹介するのはブロッコリー!

食物繊維が豊富で腸の働きが活発になり、代謝が上がることになります。

代謝が上がることで、体脂肪が燃えやすい体になります。

またカルシウムも豊富なので、それが不足することでおこる肥満を予防し、改善することもできます。

一番ダイエットをするうえで嬉しいのが、ブロッコリーがマイナスカロリー食材という事です。

マイナスカロリー食材とは、それを食べることで得るカロリーよりも、それを吸収し消化するカロリーの方が上回る食べ物のことです。

つまり、食べれば食べるほど痩せる食品という事です。

嬉しいですよね!

セロリ

苦手という方も多いと思いますが、セロリは栄養も豊富でダイエットにぴったりの食品です!

セロリにはカリウムが含まれていて、余分な水分を外に出してくれる効果があります。

むくみ対策に最適な食べ物ですよね。

また食物繊維も含まれるので、代謝も上がります。

そしてなにより、このセロリもマイナスカロリー食品で、食べれば食べるほど痩せていきます!

ぜひうまく取り入れてみてくださいね!

豆腐

ダイエットに良くても、あまり高いものは使いたくない、という方には豆腐がおすすめです!

低カロリーかつ低価格なので、ダイエットに最も取り入れやすい食材と言えるかもしれませんね。

豆腐には脂肪燃焼効果や、代謝を上げる効果があり、痩せやすい体にしてくれる食べ物だと言えます。

大豆を使った物にはこういった効果が含まれていることが多く

・納豆

・おから

といった食べ物も同様の効果があるとされています。

ただ、上記は豆腐よりもカロリーが高くなりますので、食べすぎにはご注意ください。

トマト

栄養的にもぜひ取り入れてもらいたいのがトマト。

いろんな栄養を含んでいますが、特筆すべきはなんといってもリコピン!

リコピンは血糖値を下げる効果もあり、代謝もアップしてくれます。

しかも血中コレステロールも抑えてくれるんですよ!

トマトが苦手な方は、ジュースやケチャップでもかまいません。

ただ、ケチャップは砂糖なども入っていますので、使い過ぎには要注意です。

【スポンサードリンク】

ダイエットに悪い食べ物って?

それでは逆に、ダイエット中食べてはいけない悪い食べ物は何でしょう?

炭水化物

やはり、白米やパンなど主食を含む炭水化物はダイエット向きの食品ではありません。

ただ極端に制限すると、今度は栄養面での問題が発生します。

ですので適度に摂ることを心がけましょう。

油もの

ご存知の方も多いと思いますが、高カロリーの揚げ物はダイエット中には向かない食べ物です。

思っている以上にカロリーは高く、糖質もたっぷりと含まれています。

特に集中してしっかりとダイエットをしたい時は、避けたい食べ物ですね。

どうしても食べたい時は、揚げないレシピなどもありますので、そう言った物を参考にしてみてください!

お菓子

スナック菓子を含むお菓子は、美味しいけれどダイエット向きの食べ物ではありません。

糖質もたっぷりで脂肪になりやすいと言えますね。

カロリーも量の割には結構高いので、ダイエット中は避けたい食べ物です。

ただ、どうしても甘いものが食べたい時や、頭を回転させるためにも糖分が必要な時もあります。

そんな時はチョコレートを一粒だけ食べたり、ダイエット用のクッキーを食べたりしてうまく対応してみてください。

適度な運動も取り入れて、健康的にストレスなく食事をしよう!

ダイエットに良い食事、悪い食事というのもわかっていただけたと思います。

ただ食事制限だけで痩せるのではなく、大切なのは適度な運動を取り入れてダイエットをすること。

そうすることで、心も体も健康的にダイエットすることができますよ!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ