DVDとブルーレイって同じじゃないの?2つの違いについて知りたい!

映像作品を買う時に悩んでしまうのが「DVDにすべきなのかブルーレイにすべきなのか」という事ですよね。

なんとなくブルーレイの方が画質が高くて、DVDはブルーレイよりも手ごろな値段で手に入れられる印象ですよね。

でも具体的にこの二つの違いって何なのでしょうか?

どう使い分ければよいのでしょう?

そこで今回は、そんなDVDとブルーレイの違いについてご紹介します!

ぜひこの2つの違いを知って、映像作品を買う時の参考にしてくださいね。

【スポンサードリンク】

DVDとブルーレイの違いって何?

それでは早速、DVDとブルーレイの違いについてご紹介します!

分かりやすく比較していきましょう。

画質

まずは一番の違いといってもいい、画質です。

実際DVDとブルーレイには大きな違いがあります。

地上デジタル放送の画質を思い浮かべてください。

あの画質を基にして比較してみましょう。

DVDの場合はあの画質の半分程度だと言われています。

反対にブルーレイはあの画質よりもきれいな画質、と言われています。

具体的に言うと「フルハイビジョン」という画質です。

地上デジタル放送もかなり綺麗な画質ですが、それよりも綺麗とはどれほどなのか分かっていただけると思います。

保存容量

でもDVDとブルーレイはどうしてそんなに画質の差があるのでしょう?

それには二つの保存容量の違いが大きく関係しています。

DVDの保存容量は片面タイプの物で5GB、両面タイプの物で8.5GBの容量があります。

ブルーレイは片面タイプの物で25GB、両面タイプだと50GB以上だと言われています。

綺麗な画像を保存しておこうと思ったら、当然大きな容量が必要になります。

DVDも大きな容量ではありますが、映画やライブ一本分などの時間となると、かなり大きな容量となり、DVDでは対処できません。

その為画質を落とさざるをえません。

しかしブルーレイは容量が大きいので、画質を落とすことなく映画やライブを収録することができます。

また上記の理由から、音声に関してもブルーレイの方が優れていると言われています。

対応機器

ではそれぞれの対応機器はどうでしょう?

DVDはとても古い機種でなければパソコンなどでも再生可能です。

もちろんDVDプレーヤーでも再生可能です。

ブルーレイはブルーレイ対応の機器でないとNGです。

また対応の機器はDVDプレーヤーよりも高額なので、設備投資には費用がかかります。

ただ、現在ブルーレイもプレーヤーだけであればかなり安価なので、再生だけなら1万程度の物もあります。

価格

ではDVDとブルーレイの価格はどうでしょう?

やはりブルーレイの方が保存容量が大きく、綺麗な映像を見ることができることから、金額は高くなっています。

同じ内容のものなら1000円程度の違いはあると言われています。

ただ、映像特典などにも違いがあることがあるので、あなたにとってどちらの方がいいのかはよく調べる必要があります。

取り扱い

最後にご紹介するのは、DVDとブルーレイの取り扱い方法です。

DVDもブルーレイもどちらも丁寧に扱う必要がありますが、特に気をつけなければいけないのがブルーレイです。

どちらにも記録した情報を保護する膜があるのですが、DVDはその膜の厚さが0.6mmあります。

これでも十分薄いのですが、ブルーレイはなんと0.1mmという薄さです。

その為ブルーレイはとても傷に弱いんです。

DVDは不織布の薄いケースで保管する方も多いと思うのですが、ブルーレイは基本的に傷が付きやすい不織布では保管できません。

もちろん傷が付くと内容を見ることができませんので、不織布に入れている方は入れ替えることをお勧めします。

ただブルーレイ対応の物もありますので、そういった物を使うようにしてください。

どっちの方がおすすめ?

それではDVDとブルーレイ、どちらの方がおすすめなのでしょう?

・大きなテレビがある

・音や画質にはこだわりたい

・クリアな音や映像美が売りの映像

これら3点の内一つでもに当てはまるなら、ブルーレイを買う方がおすすめです。

反対にそうでないのなら、DVDでも十分だと言えますね。

【スポンサードリンク】

あなたにあった方を選んでください!

DVDもブルーレイも、素晴らしい映像作品を見る手段の一つです。

あなたが映像作品をどう楽しみたいのかによって、ぜひ二つをうまく使いわけてみてくださいね!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ