division?department ?一体どんな意味?違いについても知りたい!

会社における課や部と言った場所、英語ではなんというかご存知ですか?

divisionやdepartmentと言った単語がそれに該当するのですが、実はこれらの単語の違いはかなり難しいんです。

ただ、もしかしたらビジネスシーンでも使う事が来るかもしれませんので、divisionやdepartmentと言った単語の違いは覚えておきたい物。

でも一体どう使い分ければよいのでしょうか?

そこで今回は、そんなdivisionとdepartmentの違いについてご紹介します!

ぜひこれらの違いを覚えて、いざという時にも役立ててくださいね!

【スポンサードリンク】

divisionとdepartmentの違いって何?

それでは早速divisionとdepartmentの違いについてご紹介しましょう!

一体どう違いがあり、どう使い分ければよいのでしょう?

divisionってなに?

ではまずdivisionについてご紹介しましょう!

divisionとは「それが分けられたものであることを意味する」単語です。

つまりビジネスにおいては「会社という一つの塊の中で、仕事をしやすいようにいくつかに分けられたもの」という事ですね。

その為この単語だけを見て、これが「部」になるのか「課」になるのかと言った明確な答えは実はないんです。

ただ、ビジネスにおいてはこのdivisionという言葉が、使われていることも確かです。

departmentってなに?

ではdepartmentはどうでしょう?

こちらにはっきりとした意味があれば、divisionの使い方ももう少しはっきりとしますよね。

departmentは「会社や組織、学校、政府を構成する主な部分の一つ」という意味です。

divisionのビジネス的な使い方と、そんなに大きく差はありません。

その為こちらも「部」になるのか「課」になるのか明確な答えを出すのは難しいと言えるかもしれません。

ただ、少し注目したいのが「主な部分」という部分ですね。

もちろんどの部も課も主な部分と言えるのですが、基本的に「部があってその中に課がある」という考え方から「departmentは部である」と考えられるかもしれません。

実は日本の官公庁においても、departmentは「部」として扱われているようです。

とはいえ「divisionとdepartmentの使いわけは官公庁に合わせていることが多いのか」というと、どうもそうでもないようです。

英語圏ではどう使われているの?

それでは、英語圏での使われ方はどうなっているのでしょう?

法則のようなものがあるのでしょうか?

実は英語圏においてdivisionとdepartmentの具体的な使い分け、というのはされていないようです。

divisionとdepartmentの扱い方は、その会社によっても様々です。

divisionを「部」とする会社もあれば、「課」とする会社もあります。

反対にdepartmentを「部」とする会社もあれば、「課」とする会社もあるようです。

ちょっとイレギュラーとして、divisionかdepartmentのどちらかを使い、それより下は「section」を使うと言った会社もあるようです。

こういった場合に大切なのは「その会社がdivisionとdepartmentをどういった意味で使っているのかを理解すること」です。

どちらも同じような意味で区別されていない以上は、その会社に合わせた使い方を心がけるべきですね。

これをどちらでもいいからと言って使いわけないと、トラブルになる恐れもあります。

divisionとdepartmentの違い

では最後に、divisionとdepartmentについてまとめてみましょう。

divisionもdepartmentも、どちらも「組織などを構成する物の一部」という意味です。

ですので具体的な違いというのはありません。

ただ会社によってかなり使い分け方に差がありますので、相手の会社にあった使い方をすることが大切です。

【スポンサードリンク】

divisionもdepartment同じような意味でした

呼び分けられている以上、英語圏にも部や課と言ったものは存在するはずなのですが、具体的な区別はされていない、不思議な言葉がdivisionとdepartmentでした。

ぜひこういった事を覚えておいて、相手の会社に合わせた柔軟な対応を行うように心がけてくださいね!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ