生クリームの代用にホイップって使えるの?どう違いがあるのかについてご紹介!

お菓子作りに欠かせないものと言えば生クリーム!

ケーキや今流行りのパンケーキにも欠かせないアイテムだと言えますよね。

でもスーパーで生クリームそっくりな「ホイップ」というものを見たことはありませんか?

値段も生クリームより安いので、間違えて買ってしまったという方もいるかもしれません。

このホイップとは一体何なのでしょう?

生クリームがない時は代用することができるのでしょうか?

そこで今回は、生クリームの代用としてホイップが使えるのか、そもそもどんな違いがあるのかについて、ご紹介します!

代用できるかどうか知っておけば、かなり便利になるはず!

ぜひ参考にしてくださいね。

【スポンサードリンク】

生クリームの代用にホイップは使えるの?

それでは早速、生クリームの代用品として、ホイップが使えるのかどうかについてご紹介しましょう!

そっくりですが、代用品としてはどうなのでしょう?

ホイップとはホイップクリームではない

まず前提として、こちらでご紹介する「ホイップ」とは生クリームから作るホイップクリームの事ではありません。

生クリームと同じように液体状の商品の事を差します。

お間違えのないように。

基本的には可能

ではそのホイップが生クリームの代用品となるかというと「可能」です。

生クリームとホイップは、見た目もかなり似ていますが、使い方は基本的に同じです。

ですので代用品として使う事ができます。

生クリームがない時、牛乳で代用する方法もありますが、あくまでも料理のコクを出すための物です。

ホイップクリームにすることはできませんし、生クリームがメイン料理では味が大きく変わります。

対してホイップはホイップクリームにすることも可能ですし、生クリームメインの料理でも対応可能です!

注意事項

基本的には問題なく代用品として使う事ができるホイップですが、注意事項もあります。

あまり生クリームを食べない方には問題ないと思うのですが、若干味に違いがあります。

大きな違いではないのですが「ホイップの方があっさりしている」と言われています。

ジュワっとした口当たりで、生クリームのような乳臭さがありません。

逆に言えば、あの乳臭さが苦手な方にはホイップの方がおすすめですよ!

ただ、生クリームの味にこだわりがない方にとっては、ほとんど問題のない差です。

【スポンサードリンク】

生クリームとホイップって何が違うの?

では生クリームとホイップは一体どんな違いがあるのでしょう?

使い方は同じなのですが、実は成分的には全く違うものなんです!

成分

まずはその成分から見て行きましょう。

・生クリーム

生クリームは乳脂肪、または天然の脂肪から作られる物です。

添加物などは一切入っていません。

実は生クリームには「乳脂肪10%以上、添加物や植物性油脂を使わない」という決まりがあります。

これをクリアできないと、生クリームとは呼べません。

・ホイップ

対してホイップは植物性油脂と添加物から作られています。

動物性の油脂は基本的に使われていません。

見た目や使われ方はそっくりですが、全然違う物ですよね。

こういった物は他にもあり、バターとマーガリンにも同じ違いがあるんですよ。

値段

初めに少しふれましたが、値段にも違いがあります。

生クリームの方が基本的にホイップよりも高いです。

やはりそれなりの物が入っていますので、高くなるのは仕方がないのですが、手軽に済ませたいならホイップを取ってしまいそうですね。

保存

保存期限に関しても違いがあります。

・生クリーム

開封後 1~2日

・ホイップ

開封後 3~4日

どちらも短いですが、生クリームの方がより短いですよね。

生クリームには添加物が入っていないので仕方がないのですが、使い勝手が良いのはホイップと言えるかもしれません。

ただ、生クリームはホイップクリームにして冷凍しておけば1カ月はもちます。

ホイップクリームとして使わないのなら、そのままでも冷凍できますよ。

どうしても生クリームが良いというのなら、こういった使い方もあることをぜひ覚えておいてください!

生クリームとホイップは違うものだけど使い方は同じ!

生クリームとホイップは全く違うものだけど、使い方は同じという不思議な関係にありました。

若干味にも違いはありますが、基本的には問題のない程度だと思います。

あなたの使いやすい方を選んで、お菓子や料理に取り入れてみてくださいね!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ