コンタクトの洗浄液、飛行機に乗るときにはどうすればいいのか、ご紹介します!

今や多くの方が利用しているコンタクト。

普段使っていなくても、旅行のときにはコンタクトを使うという方も多いかもしれませんね!

でもそんな時に困るのがコンタクトの洗浄液。

特に飛行機乗る時は洗浄液をどうすればいいのか迷ってしまいますよね。

もし飛行機に乗る前に止められたりして持ちこめなかったら大変です。

そこで今回は、飛行機に乗る時はコンタクトの洗浄液をどうすればいいのか、ご紹介します。

ぜひ旅行に行く前は参考にしてくださいね!

【スポンサードリンク】

コンタクトの洗浄液は、飛行機に持ちこめるの?

それでは早速、コンタクトの洗浄液が飛行機に持ちこめるかどうか、ご紹介しましょう。

乗る前に止められないためにも、ぜひ覚えていてくださいね!

国内線では問題ありません

国内の移動であれば、コンタクトの洗浄液は問題なく持ちこむことができます。

コンタクトの洗浄液に限らず、国内線は基本的に液体の持ち込み制限がありません。

ですので飲み物や目薬なども、特に制限なく持ち込むことができます。

ただし、コンタクトの洗浄液は、大きめの容器に入っている場合もありますよね。

そういった物は検査官に見せるようにしてください。

これら大きな容器の液体は開封済みの場合、危険物や毒物でないかチェックすることもあります。

飲みの物場合は、その場で飲んで見せてほしいと頼まれることもあります。

基本的には問題なく通れると思いますが、あまりに大きいと没収されることもあります

大きめの容器の方は、旅行用に洗浄液を買っておくのもおすすめです。

国際線では制限あり

国際線は現在液体の持ち込みに関してとても厳しくなっています。

持ち込みができないことはないのですが。国内線よりは厳しいルールとなっています。

100ml以下の容器で、重さは100g以下、そして持ち込む際に検査官に申告する必要があります。

コンタクトの洗浄液は「医薬品」となりますので、コンタクトの洗浄液だと検査官に伝えてください。

大きな容器の洗浄液を使っている方は移し替えるのは不衛生なので、100ml以下の洗浄液を購入しましょう。

国際線での医薬品以外の液体の持ち込み

コンタクトレンズの洗浄液等、医薬品はその対象外にはなるのですが、医薬品以外を持ちこむ時はより制限が厳しくなっています。

量は同じく100mlまでで、1リットル以下のプラスチック袋に入れる必要があります。

ジップロック等で構わないのですが、この袋を持ちこめるのは1枚のみです。

ですので100mlの容器に液体を入れ替えても、このジップロック等の袋に入りらない量は持ち込みができません。

500mlペットボトルの飲み物も持ち込めませんので、必要であれば検査場を過ぎてから購入、もしくは機内で頼むようにしてください。

また、行く国によって持ち込み制限が異なりますので、あなたの行く国はどんな制限があるのか、確認しておきましょう。

コンタクトは何の問題もありません

例えば、検査の前にコンタクトをはずさなければいけないと思う方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

コンタクトは特に何の問題もなく装着したままで検査場を通りぬけることができます。

もちろん申告も必要ありませんよ。

【スポンサードリンク】

預かり荷物の場合はどうなるの?

機内持ち込みに関しては、それなりの制限があることはわかっていただけたと思います。

それでは、預かり荷物の場合はどうでしょうか?

基本的に制限はありません

国内、国際線ともにコンタクトの洗浄液ですと問題なく預けることができます。

ただし、検査官によっては目視によって確認される場合もあります。

特になにかなければ問題になることはありませんのでご安心ください。

トラブル防止の為にも、こういった液体はスーツケースの中でも取りだしやすいようにしておくとスムーズです。

また、長期旅行や出張で新しいコンタクトを持っていく場合は、預かり荷物に入れておきましょう。

液体の管理が面倒くさい、という方は飛行機ではメガネにして、コンタクト関連は全て預けてしまう、というのもありですね。

飛行機への液体の持ち込みは、ルールを守って

国内線ではそんなに厳しいルールではありませんが、国際線に関してはとても厳しく制限されています。

コンタクトの洗浄液という問題のない液体ですので、きちんとルールを守って問題なく検査場を通り抜けましょう!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ