コードの覚え方を知りたい!ギターで使うコードの覚え方!

ギターを弾く時に、絶対に覚えなければいけないのがコード。

これが分からないと楽譜を見ても弾くことができません。

初心者の方は、まずギターを手にしてコードを覚えることから始めるのですが、このコードを覚えるのはなかなか大変!

しかも意外と量があるので、それだけでギターを諦めてしまう人も多いかもしれません。

なんとかうまく、ギターコードを覚える方法はないものでしょうか?

そこで今回は、意外と大変なギターコードの覚え方についてご紹介しましょう!

是非ご紹介する覚え方を使って、ギターを弾けるようになってくださいね!

【スポンサードリンク】

コードを覚えよう!ギターコードの覚え方!

それでは早速、ギターコードを覚える方法についてご紹介しましょう!

一体どんな方法なのでしょう?

基本のコードから押さえる方法

まず最初にご紹介するのは、基本のコードを覚える方法です。

ギターのコードというのは、思っている以上にたくさんありますよね。

このコード、特に初心者の場合は全部覚えようとする必要はありません。

実はプロの方でも、全部のコードは覚えていないとまで言われているんです。

一般的に言われているよく登場するコードを覚えたり、あなたが弾きたい曲に登場するコードを覚えたりといったコードを絞って覚えることが大切です。

この項では特によくつかわれる7つのコードをご紹介しましょう。

C、G、Em、D、F、Am、Bmの7つです

あなたが弾きたい曲のコードでも大丈夫ですが、特にない方はこの7つをまずは覚えましょう。

これだけ覚えれば大丈夫!ギター初心者向け7つのコード

こちらのページで実際のコードを紹介しています。

この7つを実際のギターを使いながら、体になじむまで音を出しながら押さえて行きましょう。

上記のサイトでは、押さえ方のポイントも紹介してくれています。

この7つを覚えると、いろんな曲を弾くことができるようになりますよ!

コードネームを基準にしよう!

次にご紹介するのは、コードネームを基準とする覚え方です。

どういう事か具体的にご説明しましょう。

ギターコードの中では、アルファベット一文字で表されるコードがいくつかあります。

有名なのはCですよね。

このCという文字は、実は他のコードの名前にも入っていることがあります。

例えばC7やCadd9、CM7と言ったコード達です。

この覚え方はCのコードを基準として、C7等がCと一体どう違うのかを見ながら覚えて行く方法です。

手順をご紹介しましょう。

・手順

1、Cのコードを覚えましょう。

基準となりますのでしっかりと覚えてください。

2、名前にCが付くコードを探します。

3、CのコードとCが付く他のコードを比べて、どこが違うのかをみましょう。

4、実際にギターでおさえてみて、指の抑え方、音の違いなどを確認しましょう。

こうすることで、コードごとの音の違いを理解することができるようになります。

その為、他のコードもグッと覚えやすくなるんですよ!

C、Dと言ったコードはとても出てきやすいので、まずはこのコードをしっかり覚えてみてください。

形で覚えよう!

もし上記のやり方も難しいと感じたら、こちらの方法を試してみましょう!

これは似た形のコードを探して、楽にコードを覚える方法です。

コードを探すのは大変ですが、まずはよく使うコードを基準として、それに似ている物を探してみるのもいいですね。

では手順を紹介しましょう。

・手順

1、コードを見て、似たコードがないかどうかを確認します。

例えば指の位置が一本分だけ違う事や、指のおき方は同じだけど縦に移動しているコード、横にスライドさせているものなど意外と似通った物も多くあります。

そういった物を探してみましょう。

ここでは例としてCとAmのコードについてご紹介します。

2、二つのコードを見て違う部分を、実際にコードを抑えながら確認しましょう。

CとAmの場合、指の位置が一本違うだけのコードとなります。

実際にコードをギターで抑え、音を出して違いと確認しましょう。

3、繰り返し何度も押さえましょう。

違いが分かったら何度も押さえて、その違いを覚えましょう。

コードを見たら、自然と正しくコードが押さえられるようになるまで、繰り返します。

【スポンサードリンク】

あなたに合った方法で覚えよう!

ギターの覚え方はたくさんあるのですが、初心者の方にはご紹介したような方法で覚えるのがおすすめです。

是非参考にして、ギターを弾けるように頑張ってくださいね!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ