クッキングシートがない時、何か代用品ってある?クッキーで使えるものが知りたい!

オーブンを使う時に欠かせないものと言えば、クッキングシート。

天板に敷いて使うだけですが、クッキーなどを焼く時は欠かせないアイテムと言えますよね。

クッキングシートを買いに行くのは面倒くさい、でも天板にクッキーをくっつけないためにもなんとかしたい。

そんな時は代用品を使いましょう!

意外とちょっとしたものを代用品として使う事ができるんですよ。

でも一体どんなものなんでしょう?

そこで今回は、クッキーを焼く時に必要なクッキングシートの代用品についてご紹介しましょう!

いざという時の為に、ぜひ目を通してみてくださいね。

【スポンサードリンク】

とっても手軽!クッキングシートの代用方法~クッキー編~

それでは早速、クッキーを焼く時にクッキングシートの代わりとして使えるものについてご紹介しましょう!

身近な物を利用することが多いので、とても便利ですよ。

アルミホイル

多くのご家庭にあるアルミホイル。

実はクッキングシートの代わりになるんです!

天板の上に敷き、上に薄く油を塗ってからクッキーを置くようにしましょう。

油は何でも構いませんが、臭いが付く可能性があるので使う物には注意してください。

ただ、この油を使う事で、クッキーが取れやすくなり、かけたり割れたりといった形が崩れることも少ないですよ!

もし、油分の多いクッキーを作っているのなら、油は必要ありません。

注意したいのはあまりに高温では燃えてしまう事があることです。

250度以上のオーブン機能では、かなり危険ですので使用を避けましょう。

コピー用紙

もしアルミホイルがないのなら、コピー用紙という手もあります!

燃えるのではないかと心配ですが、実は家庭用のオーブンで出せる温度程度では、紙が燃えることはほぼありません。

ポイントはつるつるとした方にクッキーを乗せること。

こうすることで食材が取りやすくなります!

特に油分の多いクッキーで使う方がよさそうですね。

また、四つ角は焦げてしまう可能性があるので折って使うようにしましょう。

クッキーの代用としてももちろん使えますが、なんとケーキの型紙としても利用できるんです!

とても便利ですね!

ただ食用に作られたものではありませんので、あまり積極的に使うのはお勧めしません。

あくまで代用品ですので、毎回コピー用紙で焼くのは避けた方がよさそうです。

また、必ずなにも印刷されていない物を使うようにしましょう。

インクには有害物質が含まれていることもあります。

チラシの裏を使うと言ったアイデアもあるようですが、こういった人体への影響が怖いので、表も裏も真っ白の物を使ってください。

天板に直接

クッキングシートを敷いて焼くととても便利なのですが、元々は敷かずに焼いていました。

実はクッキングシート自体が最近のアイテムなんです。

ですので、天板にそのまま載せるというやり方もあります!

この時に大切なのは、天板に薄く油を敷くこと。

バターやマーガリンがお勧めですが、風味をつけたくない場合は他の油でもかまいません。

バターやマーガリンが余っているなら、これが一番めんどくさくなくていいかもしれませんね。

ちょっとだけ電子レンジで溶かしてから塗るとかなり塗りやすくなりますよ!

【スポンサードリンク】

オーブンレンジ使用の際の注意事項

クッキングシートの代用品についてご紹介しましたが、ちょっとした注意事項もあります。

天板に直接クッキーを敷くのならいいのですが、アルミホイルとコピー用紙には守ってほしいことが一つあります。

電子レンジ機能では使えません!

アルミホイルとコピー用紙が使えるのは「オーブン機能」のみです。

オーブン専用の物なら良いのですが、オーブンレンジの場合、レンジ機能で使うと故障や事故につながる恐れがあります。

最悪の場合、命にかかわりますので絶対に使わないようにしてください。

オーブン機能なら大丈夫ですので、オーブン機能のみで使ってください。

もし心配なら、天板に直接油を塗ってクッキーを焼くのがおすすめです!

安心安全に美味しいクッキーを焼くようにしてくださいね。

意外な物も代用品として使えます!

アルミホイルはもちろん、コピー用紙でもクッキングシートの代わりができました。

一番簡単なのは天板に油を敷くことですが、それが嫌というのなら2つの代用品を使ってみてください。

ただ注意したいこともありますので、使い方のポイントをしっかり覚えておいてくださいね!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ