ココナッツオイルの使い方はどうすればいいの?料理に使う方法を知りたい!

今何かと話題になっているココナッツオイル。

ダイエットや健康の為にもいいと、老若男女問わず注目されています。

料理に入れると言った使い方もできるのですが、そうなると何か使い方にポイントはないのでしょうか?

またいいレシピがあればそれについても知りたいですよね。

そこで今回は、ココナッツオイルを料理に使う時のポイントと、レシピについてご紹介します!

ぜひ今回ご紹介する料理への使い方を参考に、美味しく健康にココナッツオイルを摂取してくださいね!

【スポンサードリンク】

ココナッツオイルの使い方~料理に入れる時のポイント~

それではまず最初に、ココナッツオイルを料理へ入れる時のポイントについてご紹介しましょう!

体にいいものではありますが、いくつか注意しておきたいポイントがあります。

ココナッツの香りがします

ココナッツオイルはその名のとおり、ココナッツから抽出された物です。

今流行りでもあるココナッツですが、かなり匂いがしますよね。

オイルになってもあの香りは健在で、料理に入れるとあの香りがすることもあります。

特に栄養がより高い「エキストラバージンココナッツオイル」は香りが強いです。

エキゾチック料理には良く合いますが、あまりあの香りが苦手という方は注意してください。

ただ、醤油にも意外とよく合うので、お好きな方は問題なくどの料理にも使えると思います!

通常のココナッツオイルにはご用心

ココナッツオイルはその栄養や酵素をしっかりと取りたいのであれば、よりナチュラルな物を選ぶ必要があります。

特に安価なココナッツオイルは脱臭剤や脱食材を使っている可能性があり、これらを選ぶのはココナッツオイルの効果を得たいのならNGです。

その分香りは少ないのですが、栄養もないという感じですね。

エキストラバージンオイルでなくてもかまいませんが、オーガニックや有機認証されているものがおすすめです。

摂り過ぎに注意

また、良いものだからと摂りすぎるのはNGです。

ココナッツオイルの摂取量は大さじ2~4ほどです。

これ以上はいくらダイエットに効くと言っても、カロリー過多になります。

毎日の食事に入れるのはいいのですが、毎食使うというよりも、大さじ1~2を入れた料理を一日で2品ほど作る、といったイメージです。

特に初心者の方は大さじ2から始めましょう!

これら3つの事を守るだけで、より効果的にココナッツオイルを摂り入れることができます。

特に香りに関しては、料理に影響しますので少しづつ摂り入れるようにしましょう!

【スポンサードリンク】

ココナッツオイルを使ったレシピ

それではココナッツオイルを使ったおすすめのレシピをご紹介しましょう!

取り入れたいけどと二の足を踏んでいる方は、ぜひ参考にしてくださいね。

ココナツオイルで鶏と野菜のオーブン焼き

まずはシンプルなオーブン焼きに使ったレシピです。

ココナッツの香りを生かしたレシピなので、香りがお好きな方にお勧めです。

クミンも入っていますので、ちょっとおしゃれな料理が完成します!

また作り方もとても簡単なので、疲れているけどしっかり食べたい時にもおすすめです。

★激ウマ★鶏肉のココナッツオイル炒め★

次にご紹介するのは、カレー風味で作り置きにも最適なココナッツオイル炒めです。

メキシカンな雰囲気で、ご飯にもよく合いますが、トルティーヤ等ともぴったり!

ココナッツの風味とカレーの風味は相性抜群で、タイトル通り激ウマです。

作り方もとても簡単なので、ぜひ一度作ってみてください!

牛肉とごぼうのココナッツオイル炒め

最後にご紹介するのは、和食とココナッツオイルを合わせたレシピです!

先ほどもご紹介しましたが、醤油との相性もよくご飯との相性も抜群。

とはいえ味の濃い醤油と合わせますので、ココナッツオイルの香りも比較的少なめではないでしょうか?

食欲がない時でも食べやすいレシピですよ!

3品とも、とても簡単で美味しいレシピです。

簡単美味しくココナッツオイルを取り入れることができますので、ぜひ一度作ってみてくださいね!

ポイントを守ってココナッツオイルを楽しもう!

ココナッツオイルは健康の為にもとても良いオイルです。

ただそのまま食べるには少し勇気がいりますよね。

どうせなら美味しくココナッツオイルを食べるために、今回の記事を参考にしてくださいね!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ