ココアパウダーがないなら代用しよう!生チョコを作る時に使える代用品!

最近流行りのチョコと言えば、なんといっても生チョコ!

口の中でとろけるような生チョコは、大好きという方も多いはず。

そんな生チョコに欠かせないのが上に降りかかっているココアパウダー!

でも手作りした際折角生チョコを作ったのに、ココアパウダーが切れているなんてことはありませんか?

そのままにしておくとくっついてしまいますし、代用できる物があれば振りかけておきたいですよね。

とはいえココアパウダーの代用となる物ってあるのでしょうか?

そこで今回は、そんな生チョコで使える、ココアパウダーの代用品をご紹介しましょう!

ぜひ参考にしてくださいね。

【スポンサードリンク】

おすすめ!ココアパウダーの代用品!~生チョコの場合~

それでは早速、生チョコに振りかけるココアパウダーの代用品についてご紹介しましょう!

いろんな物がありますので、参考にしてくださいね。

ミルクココア

一番ココアパウダーに近いのはこのミルクココアです。

とはいっても、ミルクココアはココアパウダーと同じような気がしますよね。

生チョコに振りかけるのは「純正ココア」と言われていて、砂糖や乳成分が入っていないものになります。

ですのでそのままだとかなりビターな味わいになります。

反対に、特に甘味の調節をしないで飲んでいるココアは「ミルクココア」です。

このミルクココアは、砂糖などが入っていますので純正ココアよりも甘い味になります。

少しの違いなのですが、ミルクココアを使うと食べた時にいつもと違うと感じるかもしれませんね。

砂糖たっぷりの生チョコに振りかけるとかなり甘くなるので、味の調節は必要です。

ビターなチョコレートに振りかけると、ちょうどよくなりそうですね!

粉糖

ココア系以外で一番無難なのは粉糖ではないでしょうか?

粉糖とは一見すると白い粉状のグラニュー糖の事です。

通常のグラニュー糖よりもかなり細かい粒になっていて、仕上げに振りかけることが多いです。

多少の甘さはありますが粒が細かい分、多少ふりかける程度ならそんなに甘くなり過ぎるという事はありません。

見た目的にも綺麗ですし、ココアパウダーがないのならこれを振りかけておくのが一番無難だと思います。

通常の砂糖ではないので、間違って砂糖をふるようなことはしないでくださいね。

抹茶

チョコレートと合うものの一つに抹茶があります。

抹茶そのものがチョコレートに練り込まれている物も多いですが、上にパウダーとして振りかけるのもおすすめです。

ココアパウダーのようにある意味ビターなので、甘いものが苦手な方でも取り入れやすいと思います。

またチョコレートとの相性もいいので、ちょっと変わった生チョコをプレゼントしたい時にもお勧めですよ!

ただし、甘い抹茶のパウダーなら、ミルクココア同様気をつける必要があります。

きなこ

和菓子風味が続きますが、きなこを取り入れるのもおすすめです!

香ばしい香りがするので、ココアや抹茶とはまた違った風味を楽しむことができますよ。

今チョコレートにきなこが練り込まれている物も多いのですが、上にかけてももちろんおいしいですよ!

自分で食べる用はもちろん、和スイーツとして渡すのもおすすめです。

ナッツ系の粉

またいろんなナッツを砕いて粉状にし、それを振りかけるのもおすすめです。

チョコレートとナッツの相性がいいのは、ご存知の方も多いと思います。

アーモンドはもちろん、あなたが好きなナッツを砕いて粉状にすれば、ココアパウダーの代わりとして使う事が可能です。

もしアーモンドプードルがあれば、アーモンドを砕いた粉なので、振りかけてみるのも面白いかもしれませんね!

ココナッツ

ここ何年かでブームとなったココナッツを使うのもおすすめです!

ココナッツを砕いて粉状にした物を振りかければ、おしゃれな手作り生チョコの完成です。

ココナッツ自体に甘さがないものでも、チョコレートの甘味で美味しく食べることができるはずです。

ぜひ試してみてください!

自分の好きな粉を

ココアパウダーの代わりとなるものは、あなたがチョコレートと合うと思えば何でも代わりになります!

もちろん風味は変わってきますが、それを楽しんで代用品を探してみてはいかがでしょう?

【スポンサードリンク】

あなただけの生チョコを!

生チョコに振りかけるココアパウダーの代用品は、かなりたくさんあります。

ご紹介したものはほんの一部です。

ココアパウダーがないなら、あなたが合うと思った物を、一度生チョコに振りかけてみてください!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ