バレッタってどうすればいい?お洒落な使い方をご紹介!~ロングヘア編~

最近じわじわと流行っているのが、バレッタ。

ワンポイントとなるようなシンプルものはもちろん、華やかなデザインやちょっと変わったデザインの物もありますよね。

場所によっては100円ショップでも見かけるので、一つ持っているという方も多いと思います。

でもこのバレッタ、いつも使い方がワンパターンで飽きてしまったという事はありませんか?

特にロングの方は、バレッタを使う以外にも様々な髪型ができるので、そっちの方に行ってしまいがちかもしれませんね。

でもバレッタはロングの方でも毎日使いたくなるような、いろんな使い方ができるんですよ!

そこで今回は、そんなロングヘアの方におすすめのバレッタの使い方についてご紹介します。

ぜひ目を通して、毎日のヘアスタイルの参考にしてくださいね!

【スポンサードリンク】

バレッタの使い方~ロングヘア編~

それでは早速、バレッタの使い方案をご紹介しましょう!

気になるものがあれば、一度試してみてくださいね!

シンプルにサイドへ

まずはシンプルにサイドでバレッタを使う使い方です。

このサイドに使う方法は、髪型問わず楽しむことができます。

デザイン性のあるバレッタであれば、これをつけるだけでヘアスタイルが完成してしまいますよ!

特におすすめなのが、耳の後ろを起点として少し斜め上に留める方法。

大きめのバレッタは存在感抜群ですし、細いシンプルなものにすると、大人の女性らしい雰囲気になります。

この位置で止める方法は、同じバレッタでもデザインによって雰囲気が変わりますので、いろんな種類を持っておくのもおススメです。

バックサイドに

次にご紹介するのは、バックサイドにバレッタをつける方法です。

ハーフアップをした時に、ポイントとしてバレッタを根元に留めるだけでもお洒落になりますよ!

またアップスタイルの時に、バレッタを付け加えると、華やかさがアップしておススメです。

デザインによっては結婚式などでも使えそうですね!

また、ルーズな三つ編みやポニーテールの横や少し下あたりに取り入れるのもおススメです。

下の方で作ったお団子の根元などにつけると、綺麗に見える上におしゃれ度がグッとアップします。

ヘアゴムに

ロングの方はポニーテールにする方も多いと思うのですが、ヘアゴムがシンプルならバレッタをつけてみてください。

いつものようにポニーテールしたら、ゴムを隠すように根元にバレッタをつければ完成!

これだけなのに、全体的なおしゃれ度がアップします。

小ぶりで細い物を選ぶのも可愛いですが、大きめのバレッタでも可愛いですよ!

同じポニーテールでもいつもとは違う雰囲気にしたい方に。

複数個使い

ロングヘアの方は長さがありますので、複数のバレッタを使っても似たようなデザインであれば違和感なく取り入れられます。

とはいってもあまりたくさん使うのではなく、2個程度が一番取り入れやすいですね。

例えば一つは三つ編みの根元に取りつけて、もう一つは三つ編みの途中に付けたり、ゴムを隠すように取りつけると言った方法があります。

ほかにも根元の斜め少し上あたりに一つと、ゴムを隠すようにもう一つと言った方法もあります。

あまりにバラバラのデザインだと合わせるのは難しいと思いますが、そうでないのなら取り入れやすいですよ!

例えばマリンと青系など、季節感でまとめてみるのが合わせやすいかもしれませんね!

ゴム代わりに

急いでいるのにヘアゴムが見つからない!そんな時はバレッタで留めてしまいましょう。

ポニーテールのようなものはゴムがないと難しいかもしれませんが、留める髪の毛が少量のハーフアップ程度ならなんとかなりますよ!

また、サイドの髪の毛をねじってそれをバレッタで留めるのもおすすめです。

ヘアゴムでまとめているわけではないので、いつもよりは少しルーズな雰囲気になるかもしれません。

今はルーズな髪型が流行りなので、そういった雰囲気を楽しんでみましょう!

バレッタは思っている以上に色々と使う事ができます。

普段の髪型に少し手を加えるだけで出来ますので、あなたもご紹介した方法をぜひ試してみてくださいね。

【スポンサードリンク】

バレッタで、いつもと違うスタイルを

「今日はちょっと雰囲気を変えたい」そんな時にもバレッタは大活躍。

例え後ろにつけたとしても、全体的なおしゃれ度をアップしてくれますよ。

ぜひあなたもバレッタを使って、手軽にヘアスタイルにアクセントを加えてみてくださいね!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ